ちいさこべ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.81
  • (24)
  • (46)
  • (41)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 338
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134253

作品紹介・あらすじ

江戸の大火ですべてを失いながら、みなしご達の面倒まで引き受けて再建に奮闘してゆく大工の若棟梁の心意気がさわやかな感動を呼ぶ表題作、藩政改革に奔走する夫のために藩からの弾圧を受けつつも、真実の人間性に目を見ひらいてゆく健気な女の生き方を描く『花筵』、人間はどこまで人間を宥しうるかの限界に真正面から挑んだ野心作『ちくしょう谷』など、中編の傑作4編を収録する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  子供との接し方について考えさせられた。この物語には、火事で親を失った子供たちが出てくる。彼ら彼女らは、いろいろと問題を起こすのだが、茂次は頭から叱りつけるようなことはしない。自分も子供のころ同じようなことをした、誰もが通る道だと考える。そして冷静に子供たちに話しかける。ぶっきらぼうで少し荒っぽいところがある彼だが、そうした子供とのやりとりから温かい人柄が伝わってくる。きっと彼の両親もそのような真の優しさを持った人だったのだろうな。お仏壇のくだりではうるっとくる。
     茂次のプロポーズがいきなりで、この流れでいうのか!と驚いたが、それが茂次らしくてほほえましかった。「女房にするのと好きだということはべつだ」と言っているが、照れ隠しのようにも思える。
     火事で大切な人を失いながらも、必死に前を見て生きていく人々の姿が印象に残った。

  • 4つの物語から成る短編集である。どの物語も歴史を設定に置いた時代小説とよばれるものである。
     一つ目の物語”花筵”は、藩の政治における不正やそれをめぐる武家同士の対立を、何も知らずに武家へ嫁いだ主人公•お市の視点から描いている。起承転結がはっきりしており、ラストへと向かう展開もまさに時代小説の王道として描ききっていると思う。
     二つの目の物語”ちいさこべ”は、火事により両親を失い、若棟梁となった大工の茂次が、お店の再建、火事により孤児となった子供たちの世話などに奔走する物語である。主人公は茂次なのだが、茂次の心の底にある本音の部分が始めは描かれない。それ故、茂次の頑固さに周囲の人々と同様に苛立ってしまうだろう。しかし、物語が進み、茂次の心情が明らかになると、底にあった誠実さに胸を打たれる。そういった物語の展開に沿った心情の描き方などの上手さに唸ってしまう。
     三つ目の物語”ちくしょう谷”は、はたしあいによって兄を亡くした朝田隼人が、志願し木戸という部落の番頭を勤めることとなる。しかし、木戸は兄とはたしあいを行った西沢半四郎が勤める所でもあったのだ。このような流れがありながらも、物語の中心となるのは復讐ではない。木戸の流人村、通称ちくしょう谷に存在する退廃、諦め、人の卑しさとの戦いである。村の現状を知り、改善していこうと孤軍奮闘する朝田隼人であるが、長年わたり疎外されてきた村に漂う暗澹とした雰囲気に迷い、誘惑に負けそうになる。そこに西沢半四郎が絡み、話は進む。まるで修行僧のごとくひたすら苦難に耐えていく朝田。この物語ではそれら全てが解決はしない。それら苦難と対峙しながら、朝田がある決心を固めるところまでなのだ。しかし、この記述に清々しい気持ちになるだろう。ちくしょう谷が象徴している負の部分、貧困と無教育、何の娯楽もなく性を貪る状態。それらは現代でも世界中に見受けられる光景だ。そういった現代との共通点にも考えさせられるものがある。
     四つ目の物語”へちまの木”は、千二百石の旗本の三男•房二郎は養子に出されるのを拒み、家出をする。居酒屋で知り合いとなった木内桜谷の勤め先、出版社•文華堂に自分も働かせてもらえることとなる。しかし、そこで目にしたのは市井の人々の暮らしぶり、虚実関係なく売れるネタなら何でも良いといった文華堂の姿勢に辟易し、自分の考えの甘さや将来の見えない暮らしの不安と対峙させられる。この”へちまの木”も”ちくしょう谷”で見られた市井の人々の暮らしの中にある醜さやずる賢さ、漂う悲しみを描いている。時代小説を読む時、その華やかさや人情に目を惹かれがちであるが、そういった時代にも貧困や嘲笑が町にあふれていたことを忘れるべきではないだろう。そういったことを改めて思い出させてくれる作品でもある。

  • 人間の悲哀を描いた、中短編四作を収録。

    どの作品も“生きる”」という、ある意味苦行のような事に耐えて乗り換える者、耐えらない者など、登場人物それぞれの生き方が独特の文体で綴られています。
    中でも、「ちくしょう谷」は、人間の尊厳について、考えさせられた作品でした。

  • 表題作の「ちいさこべ」。これがたまらなく良い。姿勢の暮らしを生き抜く職人の気風と粋、そして曲げられない意地が家事で親を失った孤児たちに、下手くそながらの愛情を降り注ぐ。これにより前後の短編が更にいきてくる。面白い。

  • 望月峯太郎の「ちいさこべ」を読もうと思って、その前に読んでおいた方が楽しめるかと思い、原作である本書を購入。

    江戸の風俗、昔の日本人の感覚みたいなものをとてもうまく書いている。表題作のちいさこべは落語の人情話を聞いているような心地よい、古の波に体ごとゆっくりと漂いながら流されるように山本周五郎が書き連ねた言葉に包まれていく。表題作以外の短編、特に花筵は三歩下がる昔の女性を表現しているのではなく、女性の真から人を愛する美しさを怒濤のような出来事のなかでよく書いている。災害の描写のうまさに引き込まれたが、巻末の解説を読むと、作者の実体験が色濃く反映されているのだなと納得。あれはそういう出来事を感じた人にしかわからないものたと思う。山本周五郎、全然興味がなかったが読み進めてみたいと思う。

  • 人間の一分を描いた傑作中編集。山本周五郎ならではの奥行き。

  • 「花簾」「ちいさこべ」「ちくしょう谷」はどれも良かった。
    「花簾」は少しだらける感もあるが、最後の畳み掛けるような展開が良い。
    「ちいさこべ」は続きを読みたい、もっと読んでいたいと思わせる作品。目頭が熱くなる箇所もあった。
    「ちくしょう谷」はきれい事のような部分が少しだけ鼻につくも、それが筆者の色とも言える。これも良い作品。
    最後の「へちまの木」は面白くないので残念でならない。

  • ちいさこべ目当てで買った、が、ちいさこべ以外の3作品がそれぞれ新鮮に楽しめた。初めは文体が読みにくいと思ったが慣れると苦にならない。あとの三作品は現代とほぼ変わらぬ文体、読みやすい。時代小説にはハッピーエンドがつきものと思っていたが、こういうのもあるんだ。

  • 表題作は望月ミネタロウの漫画「ちいさこべえ」の原作。大火で両親を失った大工の若棟梁の了見・心意気がすがすがしい。この短編集ではいずれも厳しい試練に見舞われた個人が主人公であり、自我と理想への目覚めが救いとなっている。

  •  図書館より
     中編四編収録の作品集。

     一番印象的だったのは『ちくしょう谷』。一人の武士が世間から隔絶された村落の人々に教育を施しつつ、兄の死の真相を知った彼がどう行動するのか、という点も描かれます。

     「ちくしょう谷」の人々に対し、しっかりと自分の責務を感じつつ彼らと向かい合う主人公の姿がよかったです。また彼が徐々に人間的に成長していく様子がしっかりと描かれ、それが見事に最後の決断につながっていることが分かります。なので、非常に後味の爽やかだったと思います。

    表題作の『ちいさこべ』は火事で親や家を失った大工の若棟梁銀次が、みなしごたちの世話をしつつ新たな生活を始めていく話。

     男気が感じられる主人公で親心も感じさせるところも場面もあってその描写もいいのですが、いきなり亡くなった親に対しての想いを感じさせる弱さの部分もあって、そういう点も非常に魅力的でした。みなしごたちの世話を一緒にすることになるおりつもいい味を出していました。

     自然描写の荒々しさ、美しさが印象的な短編もあって、そういう描写でも、山本周五郎の文章力を感じました。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1903年、山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビュー。その後、不遇の時代が続くが、時代小説作家として認められはじめる。戦中から戦後まで連載が続けられた『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるが辞退。主な代表作に『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)などがある。1967年、逝去。

「2020年 『雨あがる 映画化作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ちいさこべ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×