町奉行日記 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (29)
  • (36)
  • (51)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 332
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間身分や階級をはなれ、男と男でぶっつかることはいいことだ。戦前から戦後にかけての周五郎作品には、柔らかな市井の香りと、力強い意思があった。

  • みだりに罰してはならぬ、体を斬ることは出来ても心中の逆意までは斬れない。我に向かって石を投げるのは、前の領主を追慕する心からで、これを善導し撫育すれば、やがては我のためにも、不惜身命の民となるであろう。刑罰を厳にしただけでは、決して国は治まるものではないぞ。

  • ・土佐の国柱
    ・晩秋
    ・金五十両
    ・落ち梅記
    ・寒橋
    ・わたくしです物語
    ・修行綺譚
    ・法師川八景
    ・町奉行日記
    ・霜柱

    土佐の国柱、晩秋、落ち梅記、寒橋は自分を犠牲にして誰かを助ける、組織を守るというような作品だ。ハメットのガラスの鍵を思い出すが、頭を使って危機を乗り越えることよりも、死んで散るという方向に向かっている。
    その中にあって町奉行日記はひょうひょうとした主人公が頭脳で藩の危機を救う。最後は切り合いがあるのかと思ったが静かに終り、逆に印象的だった。

  • 日本の良さがすごくわかる。昔の人って人情あるし、昔の日本に戻って欲しいと思う作品。

  • 1979年3月新潮文庫刊。10編の短編小説。映画どら平太よりずっとずっと面白かったです。金五十両が、心に残りました。晩秋も良かった。さすが山本さんのお話はどれも良いです。

  • どの話も読んでいる時は面白い。でも人物達にうまく感情が入らず、遠くから眺めるようになってしまうため、心に残らない。
    解説に”許せるはずのない人間だからこそ、一歩でも二歩でも許せるような人間に近づこうと努力してみようと呼びかけているのである” とあるけど、自分がそうなれないことを知っているからかなあ。許さないということではなく、おい、それでいいのか? とツッコミ入れたくなるって意味で。
    初めての山本周五郎さんの本でしたが、読み続けると違うんでしょうか。最初に読む本ではなかったように思います。

  • 2015/12/7ブックオフ購入
    2015/12/9読み始め
    2015/12/17読了

  • 間違いない。

  • どの短編も人の心の機微を巧みに表現してあって、心に響く物語だった。
    お奨めの一冊です。

  • 似た主題の江戸モノを集めた短編集。悪い言い方をすればどれも同工異曲なのだけど飽きさせない。流石。

全40件中 1 - 10件を表示

町奉行日記 (新潮文庫)のその他の作品

町奉行日記 Kindle版 町奉行日記 山本周五郎

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 周五郎
山本 周五郎
山本 周五郎
山本 周五郎
有効な右矢印 無効な右矢印

町奉行日記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする