風雲海南記 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.32
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (581ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 埋もれていただけあって超駄作。

  • 昭和17年の長編作品。
    解説を読むと、復刻にあたり最後の2頁がどうしても見つからず苦労したようだ。
    「樺太日日新聞」に別タイトルで15年1月から1年間連載されていたものから辛くも補完できた一品。

    時代は江戸初期、寛文の頃のお家騒動。
    しかし、スケールは壮大で舞台は海外にまで広がる。
    連載という縛りのなか、いろんなところに山場があって、読み進めずにはいられなくなること請け合い。

  • 四国西条藩主の落胤が主人公。容姿端麗、剣術にも秀で女性にモテる。御家騒動を操る藤巻右京に挑み、舞台はマカオに及ぶ。現実味が乏しくいいたい事もはっきりせず、同じ周五郎が作者なのかと首を傾げたくなる。13.7.18

  • 再読了。

  • 2010.11.14(日)。

  • 若殿のカリスマで読ます! って感じだった。
    若殿がスーパーマンで魅力的。
    お家騒動なので、勢力と名前が覚えられなくて涙。メモしようと思ったけれども、時既に遅し;;

  • 骨太なアドベンチャー作品だと思います。登場人物の関連性に「偶然にもホドがある」と思ってしまう部分もありますが、大目にみてしまうくらい内容に厚みがあります。

全7件中 1 - 7件を表示

風雲海南記 (新潮文庫)のその他の作品

風雲海南記 Kindle版 風雲海南記 山本周五郎

山本周五郎の作品

ツイートする