樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)

著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (2003年2月1日発売)
3.92
  • (82)
  • (78)
  • (84)
  • (4)
  • (3)
  • 710人登録
  • 64レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134642

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秀作。
    長いけど、面白い作品は、苦にならない。
    少し読みにくいが、格式のある文章。綿密な人間描写。
    まだ、序章でこれから波乱を感じさせる。甲斐の人間性と関係する人との伏線。
    江戸時代初期は、まだ混乱の様相があったと言うことか。仙台藩にこのような出来事があったことは知らなかった。

  • 読み終わった第一声の感想は、静かな男性はかっこいい。
    主役の原田甲斐は、悪人として有名らしいが、私はそういった演目を知らずに読んだ。
    この本では、悪人どころか、どこまでも自分を耐え忍び伊達家に尽くす忠臣。

    伊達家の内部崩壊を狙う、幕府から延びる魔の手。
    盟友2人と約束をし、原田は敵の懐に入って、切り崩す役を演じ尽くす。
    そのあまりの飄々ぶりに、盟友からも疑念を抱かれることもあり、また仲良かった面々にも背かれ、その仲間が犠牲となって死ぬのを黙って見過ごしたり、盟友に先立たれたりとすごく辛い役柄である。

    感情はあまり表情に出ず、冷静でありすぎるため、彼に恋愛感情を持つと辛い男性だと思った。

    また、すごく人間関係が複雑。名前を覚えておかないと、誰がスパイだとか、この話はわざと相手方に筒抜けになる様にこの人を伴ったのではないかなどが分からなくなる。私は相関図を書いた。
    そして、敵方の主従が探り出したことを話し合う場面が折に触れ出てくるが、誰が話しているかを明記していないので、最初はドキドキする。推理小説のようにどうなるの?という楽しみがあった。

    伊達政宗の話を読んでからすぐだと、その頃からの存命の方が出てくるのでわかりやすい。また、3代目の家光までは政宗を厚遇していたのに、その変わりように、やはりというか徳川幕府の怖さを感じた。同時に、仙台はそれ以降は特に目立った藩主もなく、政宗の人間的魅力で保たれていた藩で、それも目をつけられる要因ではないかとも思い、いかに政宗の魅力が輝いていたかも感じた。

  • 忍耐。先を読んだ上での忍耐。

  • 伊達家お家騒動。組織、人事、事業継承が複雑に入り組んだケーススタディのようで、大作なのに紙面量を意識することなく没頭できる。

  • 読みごたえあり。史実に題材をとっている。歴史好きにはお勧め。

  • 登場人物が多く関係の把握が難しい。

  • まだ序盤ではあるが、主役:原田甲斐による、”語らない”言動・“忍ぶ”行動から『覚悟』が早くも読み取れる。 どこまで背き、貫き通すのか。じっくり見届けたい。

  • 2015年11月10日読了。

  •  伊達むつの守、不届きにおぼしめさるによってまず逼塞まかりあるべく。陸奥守綱宗が品川の下屋敷に移った翌日、二人の斬奸が坂本八郎左衛門を襲い、別の斬奸二人が渡辺九郎左衛門を襲った。斬奸三人に襲われた畑与右衛門のもとを逃れた娘宇乃と倅虎之助が頼った宮本又市もまた斬奸二人に襲われた。上意を僭称するただならぬ事態に原田甲斐宗輔の帰国は延びた。

  • 大河ドラマの原作

全64件中 1 - 10件を表示

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)のその他の作品

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
山本 周五郎
宮部 みゆき
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)に関連するまとめ

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする