赤ひげ診療譚 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134857

作品紹介・あらすじ

清らかで美しく、貪欲で邪悪なのが人間だ。幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長・新出去定の元、医員の見習勤務を命ぜられる。不本意な登は赤ひげに反抗するが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く医療小説の最高傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「赤ひげ2」
    NHK BSプレミアム 金曜20時00分
    放送開始日:2019年11月1日
    キャスト:船越英一郎、中村蒼、佐津川愛美、前田公輝、鈴木康介、山野海、真凛、奈緒
    http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/317343.html
    youtube https://www.youtube.com/watch?v=PkN363D7Rto

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山本 周五郎(やまもと しゅうごろう)
1903年6月22日 - 1967年2月14日
山梨県北都留郡初狩村(現:大月市初狩町下初狩)生まれの小説家。小学校の担任から小説家になるよう励まされ、志望するようになる。小学校卒業後、質店の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。その後帝国興信所(現:帝国データバンク)文書部を経て、1926年『須磨寺附近』を執筆、これが出世作に。
1943年『日本婦道記』が第17回直木賞に選ばれるが辞退。菊池寛との不和が影響したとも言われ、歴代の直木賞の中で唯一の辞退者となった。ほかにも「読者から寄せられる好評以外に、いかなる文学賞のありえようはずがない」という信念から、多くの文学賞を辞退している。功績を記念し、1988年に優れた物語性を有する小説」を対象とする山本周五郎賞が発足。
主な代表作に、NHK大河ドラマをはじめ映像化・舞台化が絶えない『樅ノ木は残った』、テレビドラマ・舞台化された『さぶ』、黒澤明監督が映画原作に用いた『赤ひげ診療譚』。

赤ひげ診療譚 (新潮文庫)のその他の作品

赤ひげ診療譚 Kindle版 赤ひげ診療譚 山本周五郎
赤ひげ診療譚 (新潮文庫) 文庫 赤ひげ診療譚 (新潮文庫) 山本周五郎

山本周五郎の作品

ツイートする