夜の哀しみ〈上〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101135120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「自分の性に翻弄されながら次第に道を見失っていく無垢な女性を、愛情と共感をもって」書いてみようという作者の宣言がこの作品のすべてを語っている。
    東北の海辺の街に小学生の息子、娘と暮らす登世。夫が東京に出稼ぎに出ている間、登世は夜の寂しさを紛らわすことが出来ず、自分は淫乱ではないかと悩み始める。
    登世を次々と不幸が襲うという後半のストーリー展開は有島武郎の「或る女」や小杉天外の「魔風恋風」のよう。情事の現場を息子に見られる場面では、逃げていく息子の影を「悪魔」という言葉を用いて表現しているのが印象的だ。

  • 主人公は登世(とよ)、35歳のパート主婦で夫は出稼ぎにでるため子供二人と家を任されていることが多い。その夫のいない生活で「淫乱」との出会いから変わっていく様を描いたストーリー。/ 主人公がかなり年上そして人妻ということあってかなかなか自分とはかけ離れている分、感情移入するのが難しかった。夫への愛と幼馴染の友達の英子の夫への不倫、そして夫では満たされない性への枯渇心とが葛藤しあう感じ・・・下巻でどうストーリーがピリオドを迎えるのか期待したい

  • 瀬戸内寂聴が日経新聞で紹介していたので読みたくなった。

全3件中 1 - 3件を表示

夜の哀しみ〈上〉 (新潮文庫)のその他の作品

夜の哀しみ〈上〉 単行本 夜の哀しみ〈上〉 三浦哲郎

三浦哲郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする