近ごろ好きな言葉―夜明けの新聞の匂い (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101146362

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 曽野綾子さんの本を初めて読みました。90年代前半のできごとを取り扱っているので、出たばかりのときに読めればよかったなあと思いました。観察が鋭く、書いている言葉もちょっときついなあと思うことしばしば。でも8割くらいは共感できたので、ハマれる可能性大。今度は小説にチャレンジしたい。

  • 曽野綾子さんのコラムに最近はまっている。さばさばとして腰が据わっていて、さらにちょっと叱り(怒り)系のコラムは大好物なので、いろいろ図書館で借りてさかのぼっているところ。これはヤガモ騒ぎから曽野さんが日本財団の会長を引き受けたあたりの、1993〜1996の雑誌連載をまとめたもの。

  • 一度著者に会ってみたくなった。

全3件中 1 - 3件を表示

曽野綾子の作品

ツイートする