眠狂四郎無頼控(四) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.31
  • (3)
  • (5)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101150093

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生まれと生業の不幸さに浸っている割にあちこちで女を犯しまくっている狂四郎に辟易していたが、『血汐歌麿』ではその辺に軽く言及されたし、『白珠賊』の美保代関連の記述は素直に同情できてよかった。

  • 今回は、狂四郎様の過去の話も出てきて、一段と狂四郎様のこと知れる巻となっております(*^^*)
    お園さんとの関係は切ないなぁ~(T-T)
    辰野おばばの強烈なこと!!笑

    ただ、狂四郎様、旅出過ぎでしょ!!笑
    美保代と、新太郎が可哀想だよ…(;_;)
    金八、文字若が怒るのも仕方ない( ̄^ ̄)

  • この巻に至って、表現手法に違いが出てくる。
    いわゆる三人称ではなく、一人称でつづるというもの。
    こういう読者を飽きさせない工夫も必要なのだろう。

  • 6巻揃いの第4巻、表紙は違うけど。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×