赤い影法師 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.54
  • (5)
  • (5)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101150178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 流石に柴錬。柴錬立川文庫に至る記念作とのこと。文章力だけでグイグイ引き込まれる。大娯楽時代小説。

  • 久しぶりに柴田錬三郎を読んで、そう言えばたくさん人が死に、悲惨な場面も多い話だったと思い出した。家光将軍の時代に行われた御前試合十番勝負の話である。まだ戦国時代の気風の残る世界。武術も忍術も実戦力が重視される中、10番勝負ということで20人による取り組みは、それぞれに背負うものが違って、ときには剣ばかりではなく、槍や体術などによる十試合。さらにこの裏で忍者たちも争っていて、ある意味、とても豪華なお話になっている。

  • 話の内容は面白い。文章も面白い。ただ登場人物が多くて読んで理解していくのに大変だった!じっくりじっくりゆっくり楽しむ本。

  • 寛永御前試合とその影で暗躍する忍者を描いた伝綺小説。
    御前試合については後半はしょりがちになりますが、その分、忍者同士の闘争が描かれるようになっていて、それなりにバランスがとれていますね。
    やはり、チャンバラシーンが読み応えがあって面白かったです。
    柴錬にしては快活なエンタテイメント小説になっているので、「眠狂四郎はちょっと」という人にも勧められます。
    風太郎忍法帖が好みなら、こっちも楽しめるんじゃないかな。

  • 美しくて非情な女忍者とその息子たちが、剣豪たちの試合で
    出される刀を奪うために非情な戦いを仕掛けるのと、それを止めようとする服部半蔵。そして彼は女忍者の息子の父でもあった。

    出てくる登場人物がみんな非情で容赦ない。
    一番は女忍者です。
    技能も自分の魅力も全部使って敵を潰していく姿は恐ろしくもかっこいい。

    自分の任務と忍者への愛情と板挟みになって揺れる半蔵が人間らしく思えたのですが、最後の最期で一番やばい人だとわかった展開がよかったです。

  • 忍者の戦いや御前試合など面白い要素はあるけど、全体的にちょっと荒い印象かな…。
    影たちがなんのためにこんなことをしてたのかっていう理由も微妙だし、事の発端についてはさらっとしか触れないので…そんな印象に…。

    あと私の読解力の問題や書かれた時代のせいもあるだろうけど、なんとなく読みづらいところが多かったかな。

    幸村と佐助が好きな私は、彼らが登場した時や中盤は特に面白く感じました。

  • 忍者小説、伝奇小説としてとても面白いが、少々展開が粗い。結局宝探しが目的では腰砕け。

  • 読みたい本。

    一日一試合の御前試合の面白さ。忍者の復讐もある。

  • 2009/03/20完讀

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

ツイートする
×