御家人斬九郎 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (29)
  • (20)
  • (47)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 202
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101150277

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 密かに時代劇スキーである。テレビで放映された時代劇ドラマ『御家人斬九郎』の原作。ドラマでも美食家(食いしん坊)な母親との小気味良い掛け合いが面白かった。蔦吉姐さんとの艶っぽいやりとりは原作とドラマで雰囲気が異なる。Blu-rayで欲しいなあ。

  • 可もなく不可もなく。

    渡辺謙の御家人斬九郎シリーズがすごく好きだったので、最初から期待大!!...で手に取ってしまった分、ちょっと拍子抜けしてしまいました。何巻もある本だと勝手に思ってました。

    小説として悪くないのだけど、なにぶん、テレビシリーズの印象が強くて、登場人物のキャラクターも決めつけて読んでしまい、そのギャップが埋められませんでした。

    とくに蔦吉。若村麻由美のキップのいい姐さんが大好きだったので、小説の甘ったるい蔦吉にガッカリ。ホント、小説のせいではないのだけど、テレビシリーズが秀作だったので、つい辛口になってしまいました。

  • 何度目かの再読。
    麻佐女と斬九郎のやり取りは掛け値なしに面白い。

    他の話も読みたいのだけど、探してもない。
    作品紹介に「晩年の著者が最も力を入れた痛快な連作シリーズ」なんて
    書いてあるからどっかにあるんだと思うんだけど…

  • 御家人斬九郎

  • 麻佐女がいい!

  • めっぽう強く何でもお見通しの斬九郎殿には、いささか食傷の気味少なからず覚え候。

  • ~裏表紙より~

    本所割下水で最下級の御家人の四男五女の末子、松平残九郎。

    兄姉が逃げだした家で共に住む母麻佐女は79歳ながら、
    人並み外れた大食で食通、薙刀と小鼓の達人である。

    表沙汰にできない罪人の介錯を副業とし、
    斬九郎の異名を持つ彼の許には、
    いつも奇妙な依頼が舞い込んでくる…。

    江戸の闇を衝いて、今日も残九郎の剣が冴える。


    ~感想~

    俺の一番好きな時代劇の原作。
    ただ、テレビと原作がこんなに違うとは…

    テレビの残九郎は硬派なんやけど、こっちはちょっち軽いね~
    蔦吉ねーさんとも男女の関係になってるし、そこも納得いかんかったわ。

    ただ、三十俵三人扶持が、年収50万程度ってわかって、
    いかに御家人が大変だったのかがわかりやした。

    おしまい。

  • 前半は短編、後半は中編から構成。
    切れのいい短編のが好きかな。
    内密の切腹の介錯を”かたてわざ”とする主人公の設定も短編のほうがいかされてるし。
    中編は講談風で、スケールは大きいんだけど、その分荒唐無稽な展開になっちゃってます。
    斬九郎もいい味だしてるけど、大食漢で、鼓(だっけ?)の名手という女傑のお母さんがキャラ立ちしてていいですな。

    柴錬の本読むの初めてでした。

  • 美食家の母親と片手技の斬九郎の掛け合いは、最後まで飽きさせない。これは面白い

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

御家人斬九郎 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×