燃えよ剣(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.03
  • (2713)
  • (1774)
  • (2278)
  • (75)
  • (19)
本棚登録 : 15949
感想 : 1553
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152080

作品紹介・あらすじ

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子"バラガキのトシ"は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、"幕末もの"の頂点をなす長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おれのやりたいのは、仕事だ。
    おれァ、職人だよ。
    新選組を天下第一の喧嘩屋に育てたいだけのことだ。

    土方歳三は、新選組が烏合の衆だけに、鉄の組織をつくらねばならぬと考え実行する。その結果、鬼の副長として隊士から怖れられ憎まれることにもなった。隊を緊張強化させるために、いやな命令、処置は全て自分が引き受ける。局長である近藤勇が隊士から慕われるよう、全ての憎しみを自分がかぶる。彼にとって新選組を強靭な隊にするためなら、そんなことぐらい痛くも痒くもなかったのだろう。全ては新選組のため。信念を貫きとおす歳三に漢を見る。
    そんな気概を理解しながら、いつもちょっかいを出すのが沖田総司。沖田はひそかに俳句をつくるという歳三をからかい、具足をつけ、甲冑を着こんだ歳三の姿を五月人形呼ばわりする。沖田とのやり取りを垣間見ることで、歳三とて赤い血が通う人間なのだとひそかに安堵する。
    だからと言って、「新選組副長」としての歳三はやはり鬼のような漢に違いない。

    そんな歳三が、どういう意味で沖田を選んだのか。山南敬助が脱走したときのことである。
    歳三と山南は結盟以来の古い同志である。それ故にお互い憎しみの感情が膨れてくる。その山南が脱走し、その追手として歳三は、山南が弟のように可愛がっていた沖田ひとりを向かわせる。局中法度では無論切腹である。しかし歳三は、山南が自分の大切な者に斬られるのか、それとも斬るのか。沖田が自分を大切にしてくれた者を逃がすのか、捕捉するのか。それらの判断をふたりに委ねたようにしか思えない。
    沖田の「なぜ山南は自分に追いつかれてしまったのか」と腹立たしく思う気持ちはわかる。山南の「追手が君なら、仕方がない」との気持ちも何だかわかる。それは二人の築いてきた兄弟のような関係があったから。でも、歳三はどうだったのだろう。山南が憎かったとはいえ、やっぱり長年ともに過ごした情が込み上げてきたのだろうか。それは、鬼が見せた優しさだったのだろうか。

    鬼。実は私にとって鬼は沖田かもしれない。それも美しく幽玄なる鬼。可愛らしく無邪気でありながら、たくさんの人を斬る。何だか彼の精神が孤独の深淵に沈吟しているように思えたからだ。

  • 新選組をテーマにした作品は沢山あるが、今までは興味を持って、見てきたものはそれほど無かった。今回も妻からの勧めで、司馬遼太郎作品から始める。あまりにも有名な小説だ。
    京都育ち、京都住まいの私。新選組が歩いた京都の世界に、引き込まれるのにはそう時間は掛からなかった。

    時は幕末。ここ京都。その名は新選組。
    よく見るあの羽織、誠の字。色んなイメージがあるだろう。
    本書は土方歳三にフォーカスした時代小説。
    格好いいけど、どこか寂しく、不器用な男。剣に生きたその姿を描く。

    概ね、登場する人物の印象は、他のそれと変わらないが、沖田の人柄には誰だって好感を持ってしまうだろう。だから切ないのだ。

    新選組を強くする。その為に、あくまで副長であること、近藤を輝かせ、嫌われ役は引き受ける。妥協を許さぬ規律の中で、登場人物それぞれの思惑が交差する。
    また、人の感情、腹の底について巧みに表現されていて、読んでいて心が動く。

    嘘のようで本当の話。本当のようでうその話。
    全部ひっくるめて、エンタメ作品である。
    かつての日本に実在した若者たちの熱き活動を見る。

    上巻読了。
    下巻へ。

  • 【あらすじ】
    幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。
    武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。
    「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの”の頂点をなす長編。

    【内容まとめ】
    1.新撰組の発足から失脚・殲滅までを描いた幕末物語
    2.新撰組プロデューサーの土方歳三は策士、レイプ魔、そして最強
    3.近藤勇は神格化された無能
    4.新撰組は史上最悪のブラック企業


    【感想】
    新撰組のストーリーを描いた物語。
    中でも、副隊長の土方歳三の一生を中心に描かれている。

    農民上がりで弱小道場出身の近藤・土方が何故、そもそも何故こんなにも強いのか?という事は置いといて、単純に面白い!!
    司馬遼太郎の作品は結構わき道にそれるのに、この作品はほとんどそういったヨリ道無しで、1000ページ弱でまとめられているため読みやすい!!
    新撰組発足→幕末の京舞台→維新→戊辰戦争までをたった2冊でまとめるとは・・・
    「翔ぶが如く」や「坂の上の雲」もそれぐらいにまとめろよと思う。笑
    やはり幕末はドラマチックだなー

    坂本竜馬が大好きだけど、幕末は色んな視点から読んでみるとより面白いな。
    今度は長州目線の「世に棲む日日」を読みたいなー


    【引用】
    p192
    「つまりは、こうか。新党結成の願いを、芹沢を通じて京都守護職様に働きかけさせるのか。」
    「そうだ。芹沢は毒物のような男だが、この際は妙薬になる。そのうえ都合のいいことに芹沢一味の5人とは、同じ宿ときている。」
    もしこういう偶然がなければ、新撰組は出来上がっていたか、どうか。

    土方歳三と近藤が、入洛(じゅらく)後まず熱中した仕事は清河斬りであった。


    p197
    近藤は苦しくとも精一杯のお世辞は言わねばならぬ。
    これが黒幕の土方歳三が引いた図式なのである。
    事を成すまでは、どうしても芹沢鴨という男が必要だった。


    p212
    軍用金はどうなるのか。
    13人の隊士の食う米塩をどうするのか。
    壬生の郷中の者は、隊士の服装を見て、みぶろ、壬生浪、と嘲り始めていた。


    p248
    「罪あるは斬る。怯懦(きょうだ)なるは斬る。隊法を乱す者は斬る。隊の名を?(けが)す者は斬る。
    これ以外に、新撰組を富岳の重きに置く法はない。」
    「歳、きくが」
    近藤は、冗談めかしく首をすくめた。
    「俺がもしその4つに触れたとしたら、やはり斬るかね?」
    「斬る」
    「斬るか、歳。」
    「しかしその時は私の、土方歳三の生涯も終わる。あんたの死体のそばで腹を切って死ぬ。沖田総司も死ぬだろう。天然理心流も新撰組も、その時が最後になる。」


    「近藤さん、あんたは総帥だ。生身の人間だと思ってもらっては困る。
    奢らず、乱れず、天下の武士の鑑であってもらいたい。」


    p274
    歳三の持っている唯一の可愛らしさが、おそろしく下手で月並みな俳句
    「公用に、出て行く道や 春の月」
    「知れば迷ひ 知らねば迷はぬ 恋の道」
    朝、佐絵を想った。想うと、たまらなくなった。


    p304
    戦場の場で臆した者は、後で必ず処罰した。処罰といっても在来の武家社会にあった閉門・蟄居(ちっきょ)といった生温いものではない。全て死罪である。
    隊士にしてみれば、乱刃の中で敵に斬られるか、それとも引き上げてから隊内で斬られるかのどちらかであったから、決死の日常である。

  • 司馬遼太郎さんは「坂の上の雲」を読んだ事があって、ちょっと私には難しくも感じるのですが、会話のシーンになると面白いんですよね。
    でも難しく感じるので2巻?3巻?くらいまでしかまだ読めてなかったはず。
    本作もブックオフで100円くらいで売ってたのをお買い得だぁ〜と何年も前に買った物…(笑)
    映画が公開されるとの事で、観に行けるは分からないけど先に原作を…読むなら今じゃない!?と思い本棚から引っ張り出してきました。
    挫折するかもしれん…との不安を胸に読み始めました。
    なんせ歴史に疎いのです。
    それはもう勉強し直した方が良いのでは?と思われるレベルで。
    新撰組も辛うじて近藤勇、土方歳三、沖田総司が分かるくらいでした。
    「でした」というのはゲームに新撰組が出てきて藤堂平助、原田左之助等も覚えたからです(笑)
    その勢いもあって読み始めました。
    やっぱり書き方は難しく感じる部分もあるし(特に説明してくれている部分)、何で昔の人の名前ってこんなに難しいのでしょう。
    ヒプノシスマイクに混ざっても浮かないくらいには「いや読めんて」って名前もチラホラあります。
    言葉も知らないのが出てくるので調べながら読み進めますが、それでも読了出来たのはやっぱり面白いからですね。
    面白かったんです。今更、新撰組にハマりそうなくらいには。
    土方さんと沖田さんの会話が凄く好きだし、「ふふっ」と思わず声に出して笑ったシーンもありました。
    写真を撮る話なのですが、庭で隊士がざわめいていて土方さんが不思議に思っていたら、顔を真っ白に塗りたくった近藤さんが廊下を歩いて行って、それを見た土方さんが(野郎、とうとう気がくるいやがったか)と後を追いかけて行くシーンと、松本良順という方が地顔が黒かったので白粉を厚塗りし、感光をよくするため寺の大屋根に登らされ、長時間直立不動の姿勢を取らされた結果、それを見た町の人は「南京寺にあたらしい鬼瓦ができたと勘違いし、ぞろぞろ見物に来たという話。
    想像したら凄く面白かったです(笑)
    文庫で約500頁ありましたが、全然長く感じませんでした。

  • ゴールデンカムイ→土方歳三つながりで気になって久々に長編小説を読みましたが、とにかく面白い。
    小説がこんなに面白いとおもったのは何年ぶりか、です。
    小説を読むのは何年も遠ざかっていましたが、この本のおかげで読書熱が再燃しました。

    ストーリーは史実にある程度沿っていますが、フィクションも入っていて実際の土方歳三がこう生きたわけでは、多分ありません。
    でも「本当の土方歳三がこんな人物であってほしい」と思うほどに司馬先生が書いた土方歳三は魅力的でした。

  • 幕末の日本で、敵からも味方からも最も恐れられたのがこの男。

    新撰組副長として、必死に生きていく漢の中の漢。

    魅力的な作品で、土方歳三の虜になります。

  • 歳三や総司が魅力的なのは言わずもがなだけど、七里や山南も好きだなー。
    近藤が思想を重んじたのに対し、歳三はルールや士道を用いて組織を強化しようとしたのが興味深いですよね。

  • 海外文学、古典文学を読んでいると、現代日本人とそれ以外とでは、何に笑い何に泣くか、何を尊び何を軽んじるか、その理由までまるで違うことがわかる。この作品の主人公も、私たちとは考え、思い、行動の出どころがまるで違った。
    まず、全く命を惜しまない。戦い、そのための組織という作品の制作に、最初から命を差し出してしまっている。彼が関わったどの戦いでも、どの組織でもそうだ。
    次に、性に憧れや特別な意味などを見出さない。日常茶飯事同然に捉えている。
    最後に、作品を完成させるためには手段を選ばなかった。それを傷つける者には容赦なかった。隊結成初期の水戸浪士(だったか?)一派の暗殺、隊を政府の手足から反政府勢力のそれにしようとした一派の暗殺でそれがわかる。
    当時は「命など惜しんでもどうせいつかは無くなる」「性の事柄は生き物の日常茶飯事」という考えが当たり前だったのだろうか。
    「命を大切に」「思いやりを持て」などといった現代日本の道徳は、当時はまだなかったのか。あっても彼は「そんなものは、自らのエゴイズムに自覚のない奴の撒き散らすウイルス」と意に介さないだろうが。
    主人公は作品を作り上げることに殉じた。私たちは彼のように生きられるだろうか?

  • ☆☆☆2020年12月☆☆☆


    2004年、僕が20歳だったときに大学の生協で何となく手に取って読んでみたあの時。
    僕が本を読む楽しみを知るきっかけになった本だ。
    あの時は単純に「土方歳三ってかっこいい」そう思った。
    僕の人生を変えた一冊と言っていいだろう。
    学生時代は何度も読んだ。


    このたび、10年以上のブランクを経て読んでみると、「土方とは意地悪な男だ」と思うことが多かった。
    自分の変化に驚いている。
    特に山南を干して追い詰めたやり方はいやらしいと感じる。

  • 言わずと知れた名著ですが、この本は私にとって、読書という娯楽に初めて触れた本、そしてサルからヒトへ進化させたモノリス的存在でもあります。
    中学時代、読書感想文が大嫌いだった私に、ビブリオマニアの母が「何も言わず読め」と渡したことが出会いです。
    既に書いてあった読書感想文を破棄し、一晩で感想を書き上げる程熱中した思い出があります。

    物語は、新撰組副長 土方歳三を中心に、青年時代から最期の舞台である箱館戦争までを描いていますが、
    当時の私の琴線を掻き鳴らしたのは、「狂気すら孕んだ生き様の鮮烈さ」でした。
    この本に出会うまでの、惰性で生きていた私にとって、一つの信念の下に生き、かつ死ぬ、という物語は大きな衝撃を与えています。

    途中に出てくる局中法度書(新撰組隊員のルール、と捉えて頂ければOKです)には、第一条に「士道に背くまじきこと」とあります。
    士道の定義は幹部の私見で判断し、かつ背いたと判断されれば問答無用で切腹、という内容なのですが、
    普通に考えれば恣意的な解釈がまかり通る、とんでもない悪法であることは論を待ちません。
    ですが、作中にも、「土方の考える士は、徳川300年の泰平を過ぎた惰弱した士ではない。戦国時代のそれである」と身内が戦慄する場面があります。
    (尤も、作中の土方は士道不覚悟な結果も何度か招いているのですが)
    その時代に即した”普通の”在り方ではなく、理想を掲げそれに殉ずる。そんな生き方もあるのかと、その鮮烈さに心打たれました。
    それが端から見たら愚かと映ったとしても、それでも突き進む狂気すら潔いと思ったのです。

    人は何故生きるのか、死は何を意味するのか。

    フィクションに対し大げさな話でお恥ずかしい話ではありますが、人としての根源的疑問を最初に与えてくれた大事な一冊です。
    流石にこの問いに対しては、今も明確な解は出せていませんが、己の不始末は己で付けることだけは諒解するに至りました。

    本そのものへの感想めいたものを付け加えるならば、どうも土方を美しく書くあまり近藤勇はもより榎本武揚、大鳥圭介などの歴史上の重要人物を小物に書き過ぎているきらいは鼻につく方もいらっしゃるかもしれません。私はこの部分だけは苦手でです。
    あとは、この本を読むと地名の古い呼び方に強くなります 笑

全1553件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×