城塞 (下巻) (新潮文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (2002年4月発売)
3.85
  • (107)
  • (132)
  • (155)
  • (7)
  • (0)
  • 1013人登録
  • 64レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (583ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152226

城塞 (下巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  新潮文庫で全3巻。
     徳川家康のあまりの悪人っぷりにげっそりして、なかなか読み進むことができなかった本。
     
     敗戦の色濃い大阪方にありながら、天賦の才というべき戦巧者であり、最後まで家康に肉迫した真田幸村。健気です。敗北は認めているが、最後まで戦うことを諦めない。機会が訪れることを諦めない。それは戦の勝利ではない。家康一人を討つことだ。純粋なのか。執念なのか。
     しかしこの小説の主題は幸村ではない。軍師の小幡勘兵衛でもない。家康でも、淀君でもない。燃え落ちる大阪城に象徴される天下人たちの夢の終焉だろう。信長や秀吉、彼らを頂点に連なる男たちが興亡を繰り広げてきた,戦国の世の最期の姿を記録した物語なのだ。

  • 大阪夏の陣。真田幸村の活躍にそれなりの頁を割くが大阪城は陥落するまでの物語。上巻で主人公のように扱われていた小幡勘兵衛が再び現れるが強者におもねる行動をする人物として行動する。戦国の世があわり、大名達が徳川家にすり寄る行動を象徴する存在として描かれている。バンコクのプールサイドで読了。2015年の夏休み読書。

  • 真田・後藤・毛利・明石・長曾我部の奮戦ぶりと散りざまがすさまじい。

  • この巻は、真田幸村、後藤又兵衛等の大坂方の将達の散り様に尽きます。
    既に勝敗度外視で、命を懸けて働き続けている彼らを信用せずに、
    これでもか、というほど騙されてきた家康を信じて、最後迄罠に嵌り続ける豊臣方の愚かさたるや・・・。
    “戦国最後の軍神”幸村がその才能の半分も発揮できなかった(無能な城方に提案した作戦を悉く反対された為)にも係わらず、東軍武将達を戦慄せしめるほどの働きで、最後迄全力で戦い、そして力尽きる場面は不憫すぎて言葉になりません。
    それにしても家康、悪くかかれてます。

  • 大阪夏の陣、自滅する豊臣家。救いは秀頼が武人と触れ、意志を持った若者に成長する事。無能なトップに足を引っ張られる又兵衛や幸村たちの、死に場所を戦場と決めた潔さが辛いです。「竹中半兵衛も黒田官兵衛も要らぬのだ」必要なのは頭脳でなく手足、と考える家康。黒い、けどすごい。

  • 読了

  • 小説のジャンルではあるものの、多くの部分は史料に基づいて書かれているものと思われる。
    それゆえ、登場人物に対する著者の思い入れが少なく中立的、客観的に描かれており、これが読みやすさに繋がっている。ただし、家康を除いて。

    家康に関しては、策士、戦略家と言ってもいいと思うが、どうしても狡猾性がデフォルメされ、前面に出てきてしまう。

    とにかく上中下巻とボリュームたっぷり。
    大阪冬の陣、夏の陣をじっくり読むにはオススメ。

  • あらゆる堀を埋められた大阪城での夏の陣。勝敗はすでに決し、その中で見どころはやはり真田幸村の活躍。華々しく死んで名を残すことだけを目指す武将がほとんどの大阪方の中で、彼だけは勝つことを決してあきらめない。綿密な作戦を練り、それがうまく行かなければ、次の策を練る。疲れることのない彼の精神と徳川方を蹴散らして突進する行動力は痛快だ。

    こうした滅びに向かう美を描くことこそが司馬文学の真骨頂。そして、幸村の思考は戦闘のことだけではない。戦闘の合間に自身の娘を今日戦ったばかりの敵将、伊達政宗に託そうとする。そんな大胆な行為を見せる幸村に対して、それに応じる政宗。敵味方の関係を越えた2人の武将のやりとりは本巻の最高のエピソードだ。

    幸村をはじめとする大阪方の武将たちの気迫に圧倒される徳川方。大阪の陣で徳川が勝てたのは、圧倒的な兵力差と家康の石橋を叩いて渡る知謀、そして淀殿を中心とする豊臣家の不甲斐なさが原因。

    こうして燃え落ちる大阪城とともに、戦国時代は幕を閉じる。

  • 秀頼、淀殿を挑発して開戦を迫る家康。大坂冬ノ陣、夏ノ陣を最後に陥落してゆく巨城の運命に託して豊臣家滅亡の人間悲劇を描く。

  • 一気に読ませる。
    だが、注意して読んだ。
    これは読み物であって、歴史書ではない。
    2千年前の「項羽と劉邦」みたいな物語なら大目にみられることも、江戸(特に幕末)~のお話では、読み手にも教養・判断力が求められるに違いない。

全64件中 1 - 10件を表示

城塞 (下巻) (新潮文庫)のその他の作品

城塞 下巻 単行本 城塞 下巻 司馬遼太郎
城塞(下)(新潮文庫) Kindle版 城塞(下)(新潮文庫) 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

城塞 (下巻) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする