雲霧仁左衛門(後) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (34)
  • (51)
  • (40)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 444
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156132

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • けっこうな厚みがあるのに、一気に読み通してしまう。盗賊対火盗改め、真剣勝負がたまらない。
    面白かった!

  • 後編は前編にも増して、スピード感があって、これまた一気に読んでしまいます。
    雲霧一味と火付盗賊改方の攻防が立体的に描き出されて、固唾を飲んでしまう。本当に面白かったです。

  • 2019年9月23日、読み始め。
    2019年10月4日、読了。

    読み終えるまで、時間がかかりすぎました。

    先頃、NHKの時代ドラマで、中井貴一主演で放映されていたが、欠かさずに見ていた。
    原作よりも、このドラマの方が、はるかに面白かった。

  • あーこんなふうに終わってしまうなんて。

  • 面白かった。きっと,また読み返すと思います。それにしても,雲霧はどこに行ってしまったのでしょう?

  • 尾張名古屋で盗めを成功させ再び江戸へ戻り暗躍を始める雲霧一味。
    それに対抗し雲霧一味の探索に心血を注ぐ火付盗賊改方・安部式部とその部下達。池波氏の代表作「鬼平犯科帳」の長谷川平蔵よりおよそ半世紀前の長官安倍式部、雲霧仁左衛門は最後の盗めばたらきを成し遂げられるのか?最後の戦いは読む人間を吸い込んでいく。

  • “火付盗賊改”と“雲霧仁左衛門”の一味との攻防を描いたものである…

    両陣営の騙し合い、誤算、巻き返し、意表を突く行動、仲間同士の信頼、裏切り…実に多彩な要素が織り込まれている!!両陣営の多彩な人物達が登場し、アップテンポに展開するサスペンスは、思わず熱中してしまう…正しく本作は「時代小説の永遠の定番=古典(クラシック)」と呼んで差支えが無いと思う…

  • ドラマ「鬼平犯科帳」でお馴染みとなった火付盗賊改方長官
    「鬼平」こと長谷川平蔵の先輩にあたる安部式部と
    その部下達の活躍を描いた作品。

    ラストが時代小説っぽくなくて驚き。
    そんな仕掛けをするか、池波正太郎。
    まるでスパイ映画みたいじゃないか。

    江戸時代の話なのに、スパイ映画みたいだったり、
    硬派の刑事ドラマみたいだったり。

    科学技術なんかに頼れないから、
    ひたすら尾行と張り込みに明け暮れる日々。
    頼りは己の勘とチームワーク。

    なのに、そんな地味なアナログ捜査が、
    徐々にパーツが揃っていき、最初は雲をつかむような
    存在だった悪の一大組織を破滅へと追い込んでいく。

    己の信念に従って、忠実に任務をこなした盗賊改方の人々。
    ほとんどが名もなき人々だが、
    命懸けで江戸の平和を守った彼らに頭が下がる。

  • 最後の木鼠の目配せのシーンが泣ける。

    読み終わってしまうのが嫌になった。このままずっと雲霧一味の活躍をずっと見ていたかった・・・。

  • 死ぬほどいい男。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大正12年(1923)、東京・浅草生まれ。戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。下谷・西町小学校を卒業後、株式仲買店に勤める。戦後、下谷区役所に勤務して長谷川伸の門下に入り新国劇の脚本を書いて演出の腕も磨く。昭和35年(1960)、「錯乱」で直木賞を受賞。52年(1977)、吉川英治文学賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の三大シリーズが人気絶頂のさなか、急性白血病で逝去。

「2022年 『仇討ち物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×