真田太平記(十)大坂入城 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.99
  • (106)
  • (97)
  • (102)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 791
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (557ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156439

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第10巻「大阪入城」

    徳川と豊臣の橋渡したらんとしていた加藤清正、浅野幸長が亡くなり、いよいよ両家は抜き差しならなくなります。
    そして「鐘の文言に呪詛が」という例のいちゃもんで強引に開戦に持ち込む家康。

    秀頼の重臣の片桐且元の苦悩が描かれます。
    豊臣家の代表として徳川と交渉にあたっていた且元は、「賤ヶ岳七本槍」の一人でありながら、武芸しか知らず政治にも文化にも疎く、豊臣と徳川の間を右往左往するだけ。
    大阪城の意思決定は秀頼の母淀殿とその取り巻き立ちで行われます。
    希望を信じたい、嫌なものは見たくない、未来の見通しを持って策を練ったりしない、いままで何とかなってきたのだからこれからも何とかなるだろう、しかし何とかなるための努力はしない…。
    大阪側は且元が徳川へ内通していると疑い、且元の命を狙います。
    これだけ両家の平穏を願った自分に刃を向けるとは!且元は武装して屋敷に篭ります。
    さすがに騒ぎが大きくなったと、且元たちは命の保証をされ大阪城から出ることになるのですが…

    且元暗殺計画を立てながら、騒ぎは大きくしたくないという豊臣家臣団と、何年も前から周到に用意を積み重ね人の心を読み操ってきた家康では、闘う前から勝負がついています。

    且元が大阪城を出た理由も時代劇ではさまざまに描かれていますね。
    命を狙われ苦悩の末の決断と言うものもあれば、
    「俺を疑いやがって やってらんねー!!」と飛び出たという描写も(笑)。
    しかしこの後且元は大阪の様子を家康に知らせるという「見苦しき武将」になるということで「苦しみながら」という言い訳は通じないのかもしれない。

    さて。
    ただ徳川への忠節を尽くすことにより真田家を存続させてきた信之(信幸から改名)は、未だ紀州九度山にいる弟幸村のことを考えます。
    もしこのまま大人しくしていれば今度こそ幸村は許され自分の元で臣下として暮らせるだろう。
    しかし一生徳川の目を恐れ小さくなっていなければいけないだろう。
    それが弟に耐えられるか。
    弟は必ず大阪城に入り家康の首を狙うだろう。
    関ヶ原の合戦はあまりにもあっけなさすぎた、負けるにしても納得できない負け方だったのだ。

    そして幸村は紀州九度山を抜け出して大阪城に入ります。
    妻子の行く末は気にしません。戦いたいから戦います。
    それでも妻子は(どこかに逃がしてもらうのでなく)幸村と命運を共にすることを明言します。

    大阪城での戦い方を考える幸村は、故昌幸の言葉を思い出します。
    そして現実的な戦い方は、自分だけの砦を持つことだと考えます。

    大阪城に入った幸村はさっそく失望します。
    秀頼は淀殿により世間から隔離され、
    大阪城内を取り仕切る大野治長は机上の戦のみを唱える、
    そしてなんといっても城全体に覚悟がない。負けたくない、城を出たくない、戦なんて籠城してればいい、秀頼にちょっとでも何かがあったら困る。
    今までも何とかなってきたから今度も何とかなるんじゃないか?という甘い考え、しかしその何とかするための具体的積極的手段はなにも講じない…。
    こんな様相ではとても勝てないと思った幸村は、さっそく自分が思う存分指揮をとれる砦”真田丸”を作りにかかります。

    …どうもこの大阪城のみなさんはみんなが勝手気ままに作戦を立てて決行していたようで、”真田丸”作りも勝手に始めています。
    ここで先に砦を作ろうとしていた牢人の後藤又兵衛元次と縄張り争いを経て、互いを認め合います。

    しかし大阪城の指令系統はまるで滅茶苦茶です。
    牢人たちは勝手にやりたい戦をやる準備して、豊臣家臣たちは籠城で時間稼ぎしか考えず、男女の風紀は乱れ、徳川側の忍者出入り放題、作戦会議もまとまらず…。
    幸村の心情を通して著者もイラついているようです(笑)

    いや、豊臣家が「籠城!」と決めているならそれを正式に牢人たちに通告したうえでそれに向かって一丸とならなければいけないだろうに、各自がてんでんばらばらやりたいことを勝手にやってるんじゃ話にならんん…。
    幸村とともに大阪に出入りしている草の者お江さんは(すでに50歳後半!)「思い切って闘うためには、今のうちに秀頼公のご母堂淀殿と、側近大野治長を暗殺いたしましょう」と提言するくらい。

    しかし幸村は、この戦には勝ち目はない、ならば望むのは堂々と徳川家康と決戦すること…と心を決めています。

    著者の大阪の冬の陣の描き方は、軍記資料や人物伝から戦の状況を構築していきます。この人物はこういう話が残っている、この時はこういう心情で戦に及んだのだろう。
    大阪の将たち、後藤又兵衛基次、薄田隼人正兼相(ススキダハヤトノショウカネスケ、別名岩見重太郎)、木村長門守重成たちのエピソードが語られます。
    そして真田幸村についてはその明るさ、他人への心遣い、極め細やかさと大胆さを優秀な上官だとして、「著者は太平洋戦争時代に海軍にいたが、”この人となら一緒に死ねる”という上官には二人しか出会っていない。兵は直属の上官次第で、愚劣な上司のもとでは喜んで死ねないのである」と書いています。

    ラストでは真田丸での幸村の大活躍を描き、しかしその裏で進められる和睦を書いて十巻終わり。

  • 20170223
    大阪冬の陣、決戦・真田丸。赤備の真田幸村の勇姿、物語はクライマックスへ。幾多の思いをのせて、乾坤一擲。華々しい戦闘の影に、命の憂いが痛々しい。生きる為に死ぬのか、死ぬ為に生きるのか。狡猾な家康の謀略・愚劣なる豊臣方の失態。その中に煌めく、幸村の生き様に胸のすく思いがする。斯様に生き、斯様に散りたい、古来より日本人が描く理想がここにある。終焉に向かって幸村、躍動す。

    ー「不可能の中に、可能を見いだす」

    ー戦というものは、よほどの兵力の差がないかぎり、「勝敗は五分と五分」なのだ。双方が必死に戦い、死力をつくしてのちに勝敗が決まる。それは、神のみが知っている。

    ー「小児の遊び戦ではない。いちいち事を危ぶんでいては取り返しのつかぬことになる。石田殿は何から何まで、ぬかりなく運ぼうとなさる。平時の折には、それも結構なれど、戦には魔性があって、この魔性に立ち向かい、戦機を得るためには、書状をいじりまわし、政令を案ずるようにはまいらぬのだ」(小西行長が治部少輔・石田三成を評して)

    ー「男というものは、泣くべきときに、声を放って泣くものじゃ。ぬしは、それができぬ。これより先、将軍家を補佐したてまつる身ゆえ、よくよく心得ておくがよい」(本多正信が、息・正純に対し)

    ー「合戦は気負いじゃ。いざとなって、豊臣秀頼と自分が組み打ちとなったとき、上になった方が勝つ」(徳川家康)

    ー兵は直属の上官しだいなのだ。直属の上官が愚劣な場合は、(よろこんで死ねない、、、、)ものなのである。

    ー戦闘のきっかけと勝敗は、「弾みのもの、、、、」なのである。

    ー「大助殿は、乗り馬を手足のごとくあやつってござる」簡略な言葉であったが、これほど、当人の武勇を表現した言葉はない。

    ー「この城は何万の大軍が攻めかけても、たやすくは落ちぬぞよ。なれど、大軍をもって二重三重と囲み、城内の糧食が尽きてしまえば、それまでのことじゃ。いま一つは、いったんは和睦をし、濠を埋めつくしてのち、あらためて攻めつければ、ささえきれない」(かつて太閤秀吉が語ったことば)

  • 猫田与助の最後があまりにもな結果に。

    冬の陣もあっさり目に終わり、またもや肩すかし。
    史実はそうなんだろうけども。。。

    ささ次巻へ。

  • 2011.9.12

  • 猫田与助がとうとう死んだ。しつこい男だったなぁ。東と西では徳川が1枚も2枚も上。真田はどうして豊臣側だったのか。あmsりにもうえの支持を出すところがダメだねぇ。強い相手と戦いたかっただけなのかなぁ。

  • 片桐且元退去、猫田与助の死、家康・秀忠上洛、真田丸完成、大阪冬の陣開戦。

  •  満を持して大阪城に入城する幸村。
     真田丸を使い、迫る東軍を翻弄する。
     が、それは勝利を得んがためではない。武士として、大将としての生きざまを未来に対して問うものなのだ。
     その幸村に付き従うお江、そして向井佐平次。佐平次の生涯は幸村とともにあった。回想される若き日の佐平次と幸村。

     一方、秀頼を巡る淀君や大野治長らの在り様は、余りに浅はかであり、家康への憤りを通り越して、秀頼への憐憫ばかりが積み重なっていくかのよう。

     大坂冬の陣、ここに開戦す。

     PS.男の業(悪行の始末ともいえようが)に従った猫田与助、死す。

  • 3.5

  • 大坂冬の陣が始まる。
    向井佐平治も沼田から大坂城に入る。佐平治ともよ夫婦の別れがいい。母親のもよが、息子の佐助に示す愛情に泣ける。これこそが日本の美徳だなぁ。言葉じゃないんだよ。

  • ついに九度山をぬけ出して大坂城へ入った幸村。22歳となった秀頼は、3年前の堂々とした風貌の面影なく、ぶくぶくと太って会議でも意見しなかった。
    城の周りは東軍に包囲されているが、大野治長をはじめ家臣たちは戦う気はなく篭城で時を待つことしか考えない。
    いらいらする幸村。真田丸を造り戦闘準備を整えるが、淀君たちは城が攻撃されることを恐がり和睦を望む。
    勝算がないのに、なおも戦おうとする幸村。戦国の世を知らない秀忠や秀頼たち。世代格差がこの時代にもあったのだ。

    お江を執拗に追いかけていた猫田与助の結末があわれだった。

全45件中 1 - 10件を表示

真田太平記(十)大坂入城 (新潮文庫)のその他の作品

池波正太郎の作品

真田太平記(十)大坂入城 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする