真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.15
  • (156)
  • (97)
  • (98)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 899
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156453

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最終巻十二巻「雲の峰」
    豊臣は滅び徳川の天下となり、家康も死去。
    二代将軍秀忠の時代となります。

    さて、時代劇などにおいて、大阪の陣での豊臣家家臣たちは「数年籠城して、家康が死んだら、有利な状況で和睦、千姫の父である秀忠は家康より交渉しやすいだろう」と考えていた…ように描かれますが、
    あくまでも「後世からみると」ですが、
    大名家も公家も押さえつけ取り潰し、風紀が乱れたと朝廷の女官たちも処罰させるような秀忠のほうがよっぽど怖い。
    やっぱり”大阪の陣”というものを起こした時点で豊臣家に行く末はなかっただろう…。

    …とまあ、こんなコワい秀忠政権下で、真田信之は真田家の行く末に暗いものを感じ、ますます身体を引き締めます。
    そして草の者のなかでただ一人生き残った女忍びのお江さん。
    上田に戻り信之の元で真田家を守るための忍び働きを行います。
    信之54歳、お江さん65歳くらい?
    まだまだ草の者としての腕前は超一流。
    真田家を取り潰そうとする幕府との駆け引き。
    このへんの描写は著者も実に楽しそうです。歴史に大きな流れは描いたのでこの長期小説をどう絞めるか、描きたい人の描きたいことを描くぞーという状態か(笑)

    そして最終巻らしく、生き残った者たちの”その後”が静かに語られます。
    穏やかな晩年を過ごす者、失脚する者、飼殺される者、失意のうちに消える者…。
    そんな姿が静かに描かれます。

    この長期連載のラストは、真田家が上田から松代に転封となるところで終わります。
    これからは実直な昔ながらの武士のままでは生きられない政治の世界となります。そんな中古い時代を生き抜いた誠の武士である信之、古い時代の卓越された忍びの術を持つお江さんは老境に入ってもまだまだ隠居などしていられないようです。

    お江さんについては…後書きで作者は「お江のその後を私は知らない」と書いています。「しかし彼女のことだからきっと長寿を保っただろう」。あとは読者の想像にお任せということなので、信之の裏で忍び働きしながら穏やかに老後を過ごしたと思っておきましょう。信之さんは94歳で亡くなるのだからこの先まだ人生は長い、身分を超えて良い茶飲み友達は必要だろう(笑)

    そして後書では、真田家のその後が描かれて…終幕。

  • 【読了メモ】あ、あ、あ、終わってしまった、作品が。あ、あ。ああ、もう、ああしか出てこない。

  • とうとう最終巻を読み終えた。
    初めての歴史小説、初めての池波正太郎だったが、読みやすい文体でさくさくと読み進められた。
    時々「〇〇は先に述べた通りだ」とか「話をもとに戻そう」などの語り口調で親近感ももてた。

    それにしても、9年間も新聞連載されたとはすごい。
    膨大な数の登場人物は、とうてい全ては把握できないまま読んだが、細かい人物描写で情景が浮かんでくるのが楽しかった。
    読み終えてすこし淋しい。

  • 色んな登場人物が天寿を全うする寂しい巻。
    あんなエキセントリックな角兵衛も人並みな最後を迎える、
    史実ならしょうがないが創作された人物だとしたら。。。。

    シリーズ総括
    すべての歴史イベントが粛々と進んで行った感じ。
    登場人物もこれといって性格面での特徴もないので結局好きな登場人物が見つからなかったなぁ。
    もう少しケレンミのある演出をしてほしかった。
    せっかく草の者と甲賀いう存在があるのだから火花散る忍者忍者対決を期待したのだけれども。

    なんにせよ久々の歴史大作にもうお腹いっぱい、満足満足。

  • 伏線が全て1つにまとまっていく心地よさ。

    これほど読後感の余韻に浸れる作品に出会ったのは何年ぶりだろう。

    前11巻の内容は全て12巻を収束させるために描かれたと思われるほどに素晴らしい内容。

    全12巻は長いが読む価値アリ。

  • 大坂夏の陣の後の話であり、真田昌幸も幸村も既に世を去っているため、読む前はエピローグ的な内容になっているのかと思った。

    確かにそういう側面もあるが、しかし物語はまだ続いていた。つまり真田vs徳川の闘いは終わっていなかったということである。

    前巻までは真田昌幸・幸村vs徳川家康だったのが、この最終巻では真田信之vs徳川秀忠になっている。もちろん、互いに武器をとってのドンパチというわけではないが。

    信之が松代に移るところで話が終わっているため、信之と秀忠のどちらが勝ったのかは定かではないが、松代藩は明治維新まで生き残ったわけだから、その意味では信之の勝ちではないかと思う。

  • 幸村が死んだのに、まだ話は続くのかと驚きを持って読んだ。主人公は一人というわけではなく、真田一族と草の者の物語のような印象を受けた。この書き方は珍しい。

    作者は9年間もかけてこの本を連載したという。それにしては、物語の繋がりの破綻もなく、伏線もあったりして、よく出来ているなと思った。

  • とうとう終わってしまった。ボクの信之好きはたぶんこの最終巻のせいだなと分かった。何回読んでも面白い。

  • 2017.5.25
    いい小説。忍者が小説に入り込むことで、敵味方を俯瞰できたきがする。

  • 天下を取った徳川家も太刀打ち出来なかった、
    真田家の興亡を描いた作品。
    著者の抜群の文才で戦国の世の泥臭さ、友情、愛情、激情、権謀術数が堪能でき、読者は戦国時代にタイムスリップ出来る。
    敵味方に分かれても変わらない兄弟の絆、最後の最後の最後まで不屈の闘志を貫く幸村に感動。
    全12巻。

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする