真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.15
  • (154)
  • (93)
  • (97)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 872
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156453

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻十二巻「雲の峰」
    豊臣は滅び徳川の天下となり、家康も死去。
    二代将軍秀忠の時代となります。

    さて、時代劇などにおいて、大阪の陣での豊臣家家臣たちは「数年籠城して、家康が死んだら、有利な状況で和睦、千姫の父である秀忠は家康より交渉しやすいだろう」と考えていた…ように描かれますが、
    あくまでも「後世からみると」ですが、
    大名家も公家も押さえつけ取り潰し、風紀が乱れたと朝廷の女官たちも処罰させるような秀忠のほうがよっぽど怖い。
    やっぱり”大阪の陣”というものを起こした時点で豊臣家に行く末はなかっただろう…。

    …とまあ、こんなコワい秀忠政権下で、真田信之は真田家の行く末に暗いものを感じ、ますます身体を引き締めます。
    そして草の者のなかでただ一人生き残った女忍びのお江さん。
    上田に戻り信之の元で真田家を守るための忍び働きを行います。
    信之54歳、お江さん65歳くらい?
    まだまだ草の者としての腕前は超一流。
    真田家を取り潰そうとする幕府との駆け引き。
    このへんの描写は著者も実に楽しそうです。歴史に大きな流れは描いたのでこの長期小説をどう絞めるか、描きたい人の描きたいことを描くぞーという状態か(笑)

    そして最終巻らしく、生き残った者たちの”その後”が静かに語られます。
    穏やかな晩年を過ごす者、失脚する者、飼殺される者、失意のうちに消える者…。
    そんな姿が静かに描かれます。

    この長期連載のラストは、真田家が上田から松代に転封となるところで終わります。
    これからは実直な昔ながらの武士のままでは生きられない政治の世界となります。そんな中古い時代を生き抜いた誠の武士である信之、古い時代の卓越された忍びの術を持つお江さんは老境に入ってもまだまだ隠居などしていられないようです。

    お江さんについては…後書きで作者は「お江のその後を私は知らない」と書いています。「しかし彼女のことだからきっと長寿を保っただろう」。あとは読者の想像にお任せということなので、信之の裏で忍び働きしながら穏やかに老後を過ごしたと思っておきましょう。信之さんは94歳で亡くなるのだからこの先まだ人生は長い、身分を超えて良い茶飲み友達は必要だろう(笑)

    そして後書では、真田家のその後が描かれて…終幕。

  • 【読了メモ】あ、あ、あ、終わってしまった、作品が。あ、あ。ああ、もう、ああしか出てこない。

  • とうとう最終巻を読み終えた。
    初めての歴史小説、初めての池波正太郎だったが、読みやすい文体でさくさくと読み進められた。
    時々「〇〇は先に述べた通りだ」とか「話をもとに戻そう」などの語り口調で親近感ももてた。

    それにしても、9年間も新聞連載されたとはすごい。
    膨大な数の登場人物は、とうてい全ては把握できないまま読んだが、細かい人物描写で情景が浮かんでくるのが楽しかった。
    読み終えてすこし淋しい。

  • 伏線が全て1つにまとまっていく心地よさ。

    これほど読後感の余韻に浸れる作品に出会ったのは何年ぶりだろう。

    前11巻の内容は全て12巻を収束させるために描かれたと思われるほどに素晴らしい内容。

    全12巻は長いが読む価値アリ。

  • とうとう終わってしまった。ボクの信之好きはたぶんこの最終巻のせいだなと分かった。何回読んでも面白い。

  • 2017.5.25
    いい小説。忍者が小説に入り込むことで、敵味方を俯瞰できたきがする。

  • 天下を取った徳川家も太刀打ち出来なかった、
    真田家の興亡を描いた作品。
    著者の抜群の文才で戦国の世の泥臭さ、友情、愛情、激情、権謀術数が堪能でき、読者は戦国時代にタイムスリップ出来る。
    敵味方に分かれても変わらない兄弟の絆、最後の最後の最後まで不屈の闘志を貫く幸村に感動。
    全12巻。

  • 20170228
    文句なしに面白い。数多の知識人が、池波正太郎をこよなく愛する所以を大長編巻末に垣間見る思いがする。壮絶なる幸村の死の後日譚。主役の消えた文庫本最終章は、単なる消化試合でも何ら文句はなかった。が、である。まるで優れた著作のあとがきのように、推理小説の謎解きの様に、著者は伏線の縺れをはらはらと解いてみせる。且つ、それを前章迄の質実剛健歴史絵巻から一転、スパイ映画の一幕の如き仕掛けを繰り出し、読者を夢中にさせながら、微動だにせぬ焦点のただ一点に帰結させる心憎さ。その実9年に亘る連載の最終盤において、これほどまでに徹底した集中力は筆舌に尽くせぬ。最後のページを捲り、本を閉じた後の興奮が暫く醒めそうにない。

    ー「われ亡き後も、大樹(秀忠)あって天下の政事を統領いたせば、さらに憂うることもあるまい(中略)なれど、万一にも、大樹の政事に間ちがいあらば、各々は大樹に代わって天下の事をはかるがよい。天下は天下の天下なれば、われはこれを怨まぬ」(徳川家康が死を前に大名家臣団に言い放った言葉)

    ー「さてさて、疲れ果てたわえ」(家康の後を追うように没した本多正信の最後のことば)

    ー人を信ずるという美徳が、いまや悪徳に変わりつつある(幕府の謀略に沈んだ福島正則を評して)

    ー「言葉には、いいあらわせぬが、お前に碁を教えていると、何やら、得るところがあるような思いがする」

    ー「おそれながら、御当家には、家中八百人余、、、いや、士卒下人をふくめて二千余人の家来どもと、その家族がおりますることを、お忘れ下さいますな」(終に国替の達しを受ける直前の信之に対し右近忠重が)

    ー「錯乱」「獅子」池波正太郎・信之晩年の分家騒動を描いた二編

    ー別所温泉「真田幸村公・隠しの湯」(池波正太郎書)

    以下、解説より
    ー「小説にとってもっとも大事なことは、たのしくなければならぬということだ(中略)読者にあたえるたのしみが知的なものであればあるほど、その作品はすぐれている」(サマセット・モーム)

    ー「人生は、この上もなく多種多様な、突発的な、相反した、ちぐはぐなものばかりでできている」(モーパッサン)

    ー「人間は死ぬところに向かって生まれた日から進んでいる。それしかわかっていない。あとのことは全部わからない(中略)人間の基本は、物を食べる、眠る、男と女の営みをすることだ、しかも、その営為のすべては死へ向かってなされている。これ以上の矛盾があるだろうか」(池波正太郎)

    ー「死とは無になることではなく、去っていくということかな」(哲学者・堀秀彦)

  • 信之が松代へ国替えとなり、上田から出発するところで物語は終わる。
    信之って家康より忍耐強いかも、
    佐助の死が伝えられる場面は、通勤車中にありながら涙が止まらなくなった。この歳になって涙もろくなったのに加え、人前でも平然と泣けるようになった。末期的かも。

  • 全巻読了。
    公共放送で大金かけて制作している茶番のドラマがあまりにも情けなくて、本物を読んでみた。時代にそって縦軸横軸がしっかりしていて、登場人物にも魅力がある。(十一)(十二)はほとんど泣きながら読んでいた。幸村が息を引き取る時佐平次がそばに居てよかった。

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)のその他の作品

池波正太郎の作品

ツイートする