日曜日の歴史学 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.54
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164489

作品紹介・あらすじ

豊かな老後を送った、江戸の隠居名人五人の生き方。幕府の制度が確立した寛永、天下泰平の元禄、役職大改革の享保、庶民の時代の文化・文政。「鬼平」「梅安」「海坂藩」など、時代小説に見る幕府の役職、庶民・旗本の暮らしと藩の仕組み。歴史研究におけるインターネットの正しい使い方……。歴史研究へのアプローチの仕方、江戸時代の基礎知識、時代小説の読み方など、歴史を楽しむためのポイントを判りやすく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史研究入門書。初学者のために平易に興味深く書かれている。原文の読み方を学びたくなる。2018.1.27

  • 「はじめに」で本書の刊行目的を独学で歴史を学ぼうとする人向けであることが記されていたので、構えて読み始めた。歴史それも江戸時代に興味があればこそ気軽に読むために購入したからだ。結果的にはそんなスタンスでも楽しめるもの。特に後半の時代小説を題材に考証する部分は、史実とフィクションを楽しむうえで大いに参考になる。

  • 日本史上のエピソードを紹介するというのではなく、歴史研究についての本。
    タイトルどおりですね。(^^;
    史料をどう読むかとか、勉強になります。
    時代小説から藩政などを学ぶとか、歴史学ファンじゃなくて時代小説ファンも愉しめる内容になっていますね。

  • 20160503読了
    最後の章あたりが少々難解。それ以外は、なるほどと思いながら読みました。特に御三家、御三卿の違いや、鎖国の本当、それぞれの時代の江戸庶民の生活を垣間見れる部分など、興味深かったです。

  • 史料に直接当る事の大切さ、且つ史料を鵜呑みにせず、その背景や裏を取る事の重要さが説かれていて、よくある歴史ネタ本とは異なり勉強になる内容。当時の肉声や感情が伝わってくるような挿話も紹介され、興味深いが、一冊の構成としては、取り上げられているトピックも偏っていて纏まりがなく、その点が残念。

全6件中 1 - 6件を表示

日曜日の歴史学 (新潮文庫)のその他の作品

日曜日の歴史学 単行本(ソフトカバー) 日曜日の歴史学 山本博文

山本博文の作品

ツイートする