俺俺 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.22
  • (19)
  • (53)
  • (65)
  • (31)
  • (10)
本棚登録 : 540
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【最後で全部台無し】

    最後の最後に読まなければよかった。なーんだよ、つまんねぇって話。最初からの流れが良かっただけに怒りすら覚える。

  • ありのままの自分でいれる=俺山の世界があったらどんなに楽だろうと思うけども、世の中が自分と同じ価値観の人だけで構成されるとどうなるのか、という話。
    やっぱりいろんな人がいて、いろんな人と関わって広い世界を知れるのが生きて行く上で楽しいことなんだろう、っていうことですね。

    2014.08.06

  • ハードボイルド

  • イメージと違う話だった。
    相手や場所、環境によって態度が変わるのが人間。それぞれがみんな違って、でもみんな同じ。
    こないだ観たノケモノノケモノみたいだな。
    自分だけ違うと思ってるカニで、みんなと同じでいたいカメレオンなんだ。

  • この本での「俺」ってなんだろう。
    クローン?コピー?
    はじめは分からないまま読んでいた。
    しかし、読み進めていくうちに、
    「俺」には色んな一面があるんだと気がついた。
    くだらないことも考える、
    真面目なことも考える。
    他者よりも優秀でありたい、
    でも疲れた時にはだらけていたい。
    そんな面を誰しも持ち合わせているから、
    俺たちはみんな「俺」なんだ。
    そう考えると、全く気が合わない人でも、案外自分に似ているのかもしれない、という気になる。
    「自分」について考えるいい機会になった。

    解説の、
    「自分を演じながら他者とつながるのは疲れるが、1人でいるのは寂しい。
    だから自分を演じなくてもよい他者とつながりたい。」
    という言葉に共感した。
    ここ数年感じている、具体的じゃないモヤモヤした寂しさは、この言葉に集約されるのだと思った。

  • ひょんなことからオレオレ詐欺をしてしまった主人公。その日から主人公の周りにはさまざまな「オレ」が出現します。自分と他人の境目がなくなり、すべてがオレになっていく世界。そして増殖したオレたちは殺し合いを始める。

    他人に合わせすぎて自分を失い、自分を信じることができなくなる人が増加している現代の現状を衝撃的な形で描いた作品。殺し合いの末、1人になった俺は自分を信じることができず、とりあえず他人に同調し結局はそれを裏切ってきたんだと悟る。

    自分を信じられず、他人と違うことをするのが怖くてとりあえず他人に合わせるということはよくしてしまうこと。それをし続けた結果を究極な形で描いたのが俺俺世界。自分を信じて、卑下せず他人と接することによって、他人も自分も認められるんだ。そんなことを教えてくれる作品だったように思います。

  • コンセプトはかなり面白かったけど、ラストが失速してると思った。

  • 亀梨くんの映画から知って、(見てないですが)読んでみました。

    なるほど、俺俺だ〜!

    これは誰しにでも当てはまる可能性があるかもね。

    なんていったらいいか…。言葉が思いつかないわ。

  • 図書館

  • もっとオレオレ詐欺をこねくりまわす話を想像していたが、オレオレ詐欺はほんの導入なのですね。
    話はどんどん『世にも奇妙な物語』に…。だんだん俺が増えて、俺の口で語られる記憶も別の俺に浸食されるがごとく変わっていくしで、読んでるこちらも「あれっ?そうだったっけ…」と混乱させられる。
    ただ、途中放棄するどころか、続きが妙に気になって、一気読み。それだけ面白かったということでしょう!

全95件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

星野智幸(ほしの ともゆき)
1965年ロサンゼルス生まれ。東京都立戸山高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専修をそれぞれ卒業後、産経新聞社記者に。1991年産経新聞社を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間、メキシコに留学。1996年から2000年まで、字幕翻訳を手がけていた。
1997年「最後の吐息」で文藝賞を受賞しデビュー。『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、『俺俺』で大江健三郎賞、『夜は終わらない』で読売文学賞、『焰』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞している。

俺俺 (新潮文庫)のその他の作品

俺俺 Kindle版 俺俺 星野智幸
俺俺 単行本 俺俺 星野智幸

星野智幸の作品

ツイートする