格闘する者に○ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.60
  • (284)
  • (577)
  • (778)
  • (80)
  • (16)
本棚登録 : 3813
レビュー : 577
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167510

作品紹介・あらすじ

これからどうやって生きていこう?マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかってくる。連戦連敗、いまだ内定ゼロ。呑気な友人たち、ワケありの家族、年の離れた書道家との恋。格闘する青春の日々を妄想力全開で描く、才気あふれる小説デビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これからどうやって生きていこう?マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかってくる。連戦連敗、いまだ内定ゼロ。呑気な友人たち、ワケありの家族、年の離れた書道家との恋。格闘する青春の日々を妄想力全開で描く、才気あふれる小説デビュー作。
    「BOOK」データベース より

    嫌味のない文章がとても気持ちよい.しをんさんの小説は芯が通っていていつも気持ちよく腑に落ちる感じがする.

  • タイトルに反して主人公はほとんど格闘していない。家庭事情がちょっと複雑という背景はあるものの、就職活動に無気力な理由にはなりえないし、まったく就活をしないのかと言えばそうでもない。行き当たりばったり&無計画、ちょっと世間を甘く見ているとも言える主人公だが、一方で元気で明るく、どうも憎めない雰囲気があり、嫌いではない。快活な彼女は時に、心の中でとっても面白いボヤキをする。また老人の西園寺さんと付き合っているという設定もなかなか面白い。やる気のない大学生を中心にした学生→社会人の過渡期を描いた青春小説であるが、単純にハッピーエンドで終わる小説と異なり、現実的な終わり方をしているあたりは評価できる。三浦しをんさん特有の世界観が出ているあたりはよかった。

  • 新しい年の到来とともにリクルートスーツの若者があふれだした。
    朝井リョウ氏の「何者」の受賞が就活シーズンにはタイムリーすぎて、まさか話題をあわせたわけではあるまいな、と思いながら、そういえばまだ読んでいない就活モノが積読岳のなかにあったな・・・と引っ張りだして読んだのが、この、三浦しをんさんの作品です。

    漫画大好き大学生の可南子さんは、ボーナスがもらえる人生に憧れ、漫画漬けのサラリーマン生活を送りたい、と出版社に絞って就活中。
    場慣れも必要だしな・・・と、出版業界以外には、社割の響きの心地よい百貨店だけ受けてみたりするものの、「平服でお越しください」の案内に対して、豹柄のブーツで説明会に行ってしまったり、スパイ試験を受けさせられたり(←SPI試験です)、とそれなりに活動してはいるのですが・・・

    「就活ものだわ、悩みを共有したいかも」と無邪気にこの本を手に取った世の中の就活生は、なんじゃこりゃあ、と思うでしょう・・・

    でも、出版社の面接のところは相当おかしかった。
    明らかに、伏せ字の効力のない2社についての記述・・・これは三浦さんの実体験をもとに?  だとしたらよっぽどK談社では、いつか仕返ししてやるーこんにゃろ~と思いながら胸の奥でげんこつを固めていたのかなー、とか、角川・・・もとい、丸川書店のことは本当に好きだっんだろうなー、とか、ストレートな気持ちが伝わってきてほほえましいのです。

    しかしこの時は情熱にまかせて(?)無邪気に書いてしまったものの、今や作家として、どの出版社とも程良い関係を保たなければならないだろうに、大丈夫なんでしょか・・・とよけいなお世話。

    就活以外にも、可南子さんの年老いた彼氏のことや、家の跡継ぎ騒動、弟の家出に友達のホモ告白などなど、現代の若者をとりまく雑多な話題が盛り盛りな感じはしたけれど、踏み込みすぎずいい意味でさめた語り口のおかげで、さらっとおつきあいできました。
    大学生ライフの躍動感ちゅうのはないけれども・・・

    それにしても、三浦さんは登場人物のネーミングがほんと上手だなぁ、と思いました。
    友人の砂子(すなこ!)なんて、ほんとに乾いててつかみどころのない、まさに砂っぽい感じのキャラだし、可南子さんという名前もまた、現代風すぎず、跡継ぎ問題で家族会議を開かなあかんような、重たい家の娘さんぽくて○(←ちょっとタイトルにちなんでみた)

  • 就活を舞台にした、つまらない「一つ」の物語。これを一つの作品として見るなら、つまらない。就活の描写はどれもおざなりで、かといってもう一つの主題である政治家の娘、主人公の背景が面白いわけでもない。
    ほとんどの人がこれを評価するときに使うのが、「三浦しをんのデビュー作だ」とか、「今刊行されている三浦しをんの「色」は、既にこの時にあった」とかだ。全て、三浦しをんを作品を読んだ上でこの作品を評価している。
    そうじゃないと思う。少なくとも、私が本を評価するときに考えるのは、それ一冊で楽しめたかどうかであり、作者の背景や、他作品を知らないと楽しめない作品など、どれだけの読者が喜ぶのだろうか。実家に帰省する際、新幹線に乗る前に、小さな売店で名前も知らない作者の本を買う。そういう人は、その本を何の予備知識もなく読むのだ。

  • 文庫版を読み終わったその時、解説に重松清の名があっただけで僕にとってたいへん特別な一冊になった。これが最初のレビューなんて、出来すぎだ。

  • 主人公は漫画を読むのが大好きな女子大生・可南子。義母と弟の3人暮らしで家庭はどこかぎくしゃくし、恋人は脚フェチの爺さんで、友人にはホモかもと打ち明けられる。そして本人は就活真っ最中!これが三浦しをんさんのデビュー作なのね!面白かったです。

  • 就活もテストも恋愛も、大学生は忙しい。
    まるで、社会人になる前の焦りか開き直りのようだ。
    自分を見失わないように、翻弄されながら、
    いろんな人が世の中にいることを知っていくのだろう。
    デビュー作、24歳の三浦しをんはすごい。
    しをん氏の活躍が十分に予想されるような、作品のように思う。

    しかし、女子が働くことには、
    今でもこんな思いをするのだろうか
    まるで、変わっていないじゃないか。
    驚いてしまった。

    重松氏の解説もよかった。

  • フィクションとノンフィクションが絶妙にブレンドされた物語、という印象。就職活動についてのくだりはうなずくことばかり。10年以上経っても、茶番具合は変わりませんね。一方で、主人公のプライベートについては、んなわけあるかいの連続。でも、そのおかげで鬱々とせず楽しく読めました。

  • 読みやすいなあ。キャラクターもピリッとした個性があって楽しいし、就活の様子もほほえましい。K談社に対する主人公の辛辣な物言いに、これ書いていいの?本当なの?で胸いっぱい。三浦さん自身、実際に就活していたわけだし、おもしろいけど笑っていいものか。タイトルもピリッとくるね。主人公の彼氏の書道家は70歳くらいのお爺ちゃんで、お約束のホモっぽい友人に、なんやかんやで姉想いの弟ときて、林業。三浦さんの他の作品を知ってるからか、にやっとする要素満載でした。出だしも下品。これ、おもしろいわ。

  • 13 12/23

  • 三浦しをんさんのデビュー作。
    何やら変わったタイトルだなーと思っていましたが、なるほど、そういうことですか(笑)
    いわば原点とも言えるデビュー作ですが、これを24歳で書いたとは。
    主人公である女子大生可南子の語り口は、ユーモラスでちょっと毒があり、愛らしく、じじむさい。
    絶妙ですね。
    テンポ良くお話が進んで行くので、一気に読了。

  • 就職活動の話、そしてなおかつこのタイトル、どれだけがむしゃらに就職活動に励む人が出てくるんだろうと想像して読み始めたのに、見事に裏切られました。
    出てくるのはみんな、ゆるくてずれてる人ばかり。
    主人公の継母は始めきつい印象だったけれど、それだって後半に瓦解する。
    こんなのでいいのか、と自問しつつ、こんなんでいいんだろうと納得しながら、面白おかしく読みました。

  • ほぼ何もしていないくせに就活うわー!という気持ちになり、買ってしまった。読みやすい。笑える。タイトルは素晴らしいセンス。家族の問題がぼんやりしていたり、忍くんとか、パッと出てきて全体が散らばった感はあったけども。さらっと書くので気にならないです。面白いです。
    ゆるかった…。半分ファンタジーだとは分かっているが、可南子たちがなんだか羨ましかった。落ち込んでも、マイペースに、自分を持ってて。好きなものに真っ直ぐ向かう。

  • イヤミじゃない人を書く力が素晴らしいと感じた小説。
    主人公の可南子の家庭は代々伝わる立派な旧家。継母と義弟と、別居している父親(政治家)という一見すると暗い感じの組み合わせ。
    なのに登場してくる人物が皆飄々としているおかげで、しんみりとした感じはない(むしろ笑いを堪えるのに苦労する文章がいっぱいある)。
    書き出し部分がタイトルと全く関係ない話から始まったので、電子書籍で買った身としては「内容間違ってないか⁈」と一瞬ビビってしまったが、ちゃんと後々に繋がる話だった。うまいなぁ。
    就職活動についてザックリしたイメージを知りたくて読んだのだけれど、そういう俗な感情すら忘れさせてくれるほどそれぞれの人物に魅力があった。個人的に好きなのは西園寺さんと二木君かな。あと砂子も途中から好きになった。父親もズレ具合が面白い。うーん、つまり皆好きだ。

  • 想像していたシンプルな就活小説とは違ったけど…
    それでも就活思い出しましたよ
    出版社の特異なエントリーシートや面接、そのためにいろんなマニュアル本読んだこと、思い出した(T_T)

    三浦しをんって、若い作家さんだったのねー

  • 私もバブルがはじけてからの就活だったので、読んでいて「そうそう」と一々頷けた。
    今じゃあり得ないと思うけれど、セクハラ質問とか当たり前だったなぁとか。

    主人公は就活に積極的に見えなかったけれど、それは「手当たり次第に」ではなく「就きたい職業だけ」を目指していたんだなぁと読んでいくうちに感じ、彼女の強さや弱さまた優しさなどに共感を覚えた。
    特に身近な人への愛情というか信頼みたいなものにジーンときた。

  • このひとは、デビュー時からもうこんな感じだったんだなあと改めて思った。可南子の言動や考えのひとつひとつが著者のもののように思えた。これだけダイレクトに伝わってくると、普通息苦しくもなるけども、この作品は息苦しさをまったく感じることがなかった。
    可南子の、マイペースながらもぶれないこころというものがよかった。潔くて、とても好感が持てた。
    個人的には、ニキくんのエントリーシートにうれしかったことを書けっていわれたから、寿司を食べたことって書いたんだよ、僕はほんとに寿司がすきだから、ほんとにうれしかったんだ、というところに思わず考えさせられた。自分自身がほんとうにすきなこと、たいせつなことを書いているのに、文章で対面するひとには信じてもらうことができない。なんというか、理不尽さを感じるシーンだと個人的に思った。
    なんだかのらりくらりと所在なく生きていても、それでも別にいいんだよ、といってくれている気がした。社会的な立場がない人間にも、少しだけ光明が見えているような。

    (279P)

  • ・漫画以外何も考えていなかった可南子が、就活、家の跡継ぎ、弟の家出、西園寺さんとの別れを経て成長していく物語
    ・就活物語だと評するものもあるが、ここで就活は単に自己(可南子)を相対化していく道具として使われているように思う。というのも、面接の場面などはやはり彼女がどんな価値観なのかわかりやすいから。
    ・だから、この本が描きたかったのは就活ではなくて、就活という避けがたい社会の仕組み、家の事情という自分自身が一生背負っていくもの、恋人という自分自身の選択、家族という切り離せないもの、大学の友人というゆるいが大切なつながり、そういうものを抱えて、それぞれとどう格闘していくかなのではないか。

  •  可南子の強さはどこから来るのだろう。24歳という若さで、可南子と可南子を取り巻く人間の模様をここまで豊かに描き出している三浦しをんという人の不思議さを感じつつ、この小説を一気に読んでいた。
     2012年の今も、若者たちは就職氷河期の中を必死で進んでいくしかない厳しい状況におかれている。この小説は2000年に書き下ろされているが、可南子の姿は、三浦しをんが若者に向けて送る「自由と自立に向けて進め!」と贈るエールのようでもあり、人とのつながりの中で「生きることの孤独に耐えていく」ことで大人への道しるべを見せてくれているようにも感じ、今なお新鮮な内容である。「格闘する者に〇」という題が、微笑みを持って世代を超えて人を応援してくれる話である。

  • デビュー作がこのレベルってすごいなぁ。
    砂子や二木などサブキャラもいい味出してる。

    メインは漫画編集者になりたくて出版社を受ける話なんやけど、集A社やK談社の試験のエピソードがリアルで笑える。

    集A社…うちは筆記試験で落ちたけど
    該当するものに○、試験官がカクトウするものに○、って読み違えるとか…ありそう~。

    砂子に憧れます。

    • まろんさん
      デビュー作から、漫画への溢れるような愛が投影されていて
      このブレのなさ、いいですよね!
      砂子の弟に、エッセイによく出てくる弟さんの面影があっ...
      デビュー作から、漫画への溢れるような愛が投影されていて
      このブレのなさ、いいですよね!
      砂子の弟に、エッセイによく出てくる弟さんの面影があって、好きです♪
      2012/06/26
    • hetarebooksさん
      そうそう、しをんさんの作品は愛にあふれてますよね。私はひとりっこなので、弟さんとの何気ないやり取りにも憧れています。
      そうそう、しをんさんの作品は愛にあふれてますよね。私はひとりっこなので、弟さんとの何気ないやり取りにも憧れています。
      2012/06/28
全577件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

格闘する者に○ (新潮文庫)のその他の作品

格闘する者に○ 単行本 格闘する者に○ 三浦しをん
格闘する者に○ (新潮文庫) Kindle版 格闘する者に○ (新潮文庫) 三浦しをん

三浦しをんの作品

格闘する者に○ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする