天国旅行 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.49
  • (103)
  • (313)
  • (378)
  • (78)
  • (5)
本棚登録 : 3277
レビュー : 304
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生から逃げ出したい、そういうタイミングで読んだのは完全に間違いだった
    帯で「人生が愛おしくなる」と謳っていたおり、そういう話を求めて買ったのに、生の現実と死の現実をまざまざと見せられた感じがして寧ろ人生に対して気が重い
    どこまでいっても人は一人で、最後まで本当の意味で分かり合うことはなく独りよがりに生きていく
    個人的にはこの本を読むことでそう感じた
    読んだタイミングのせいだと思うけれど、人生が愛おしくなる、は嘘だと思った

  • 面白かった。「心中を共通のテーマにした」と作者が言う通り、様々な背景や状況をもった人物が登場するが、その誰もが身近な人、あるいは自分の生と死を深く見つめる短編集となっている。

    解説の角田光代は「これらの小説を読みながら、生きていくことのほうがなんだかおもしろそうだ、た読み手は感じるのではなかろうか」と書いているが、それはどうだろう。
    読み手の状況にもよるのだろうが、唯一の救いであるはずの死によっても救済されない、報われない魂、死んでも状況は好転せず、ただそこで行き止まるだけ、ということをじりじりと突きつけられるように感じた。
    考えてみればこれは当たり前のことなのだが(死んでしまえば死んだ本人の全活動がそこでストップするから)、これら7つの短編を前にすると改めて感じさせられた。

    続いて角田氏が指摘する「小説における死の扱い方の実験」は読んでいて感じた。
    「心中をテーマに」とは言うが、実際に心中の言葉が出てくるのは最後の短編のみである。しかしこの短編集には様々なカタチの「生」と「死」が描かれる。
    深く相手を大切に思いながら生を全うする者、あり得ざる夢を見つつ死にゆっくりと向かう者、恋人を深く愛する一方でその存在に耐えられず死が頭をよぎる者。多様な生と死の在り方により、生きることとは一筋縄ではいかないこと、死への期待と、しかしその期待は幻想であることを考えさせられる。

    本の帯には「君はポラリスに続く〜」と書かれていたため軽い気分で読み始めた。だが中々読むにはしんどい小説だった。

  • 記録

  • 「心中」をテーマにした7つの短編集です。

    タイトルはTHE YELLOW MONKEYの『天国旅行』という曲名からつけられたそうです。

    「せまいベッドの列車で天国旅行に行くんだよ 汚れた心とこの世にさよなら」
    この曲の一節です。

    生と死、夢と現実、そんなワードが浮かんでは消える、この曲のなんとも言えない不思議な世界観が、7つの短編に散りばめられているように感じました。

    綴られる文章の中には、歌詞のように美しい一文がたくさんあります。
    曲を聴いてから読んでみてもいいし、逆に本を読んでから曲を聴いてみてもいいかもしれません。
    ぜひ、音楽と本をリンクさせてみてください。

    図書館スタッフ(学園前):トゥーティッキ

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2410003897

  • 生と死の、お話し。短編集。
    今を生きているひとと、死んでしまったひと。中々どんよりせざるを得ない内容だけど、何か違う。
    どれも、とっても良かった。

  • 2018.04.27

  • 語彙力がハンパない。自分には持ち合わせてない言葉を突きつけられて少し惨めになる。もう、しをんのバカって言いたい。

    心中をテーマにした短編集。最初は楽しかったけど、段々と暗くなってきた。車で引かれた女性の件は心中なのか?とも思うけど、まぁ良い。しかし、何故心中を取り上げたんだろうね。何か深い作品だったな。

  • 「人を文字通り救うのは、、、関係の名付けようのない誰かかもしれないし、すれ違うように出会った見知らぬ誰かかもしれない」
    解説まで、含めてこの点数。

    夏目漱石の夢十夜のように、どこか夢心地にさせられる短編集。ここに載っているそれぞれの小噺は、実体がないように曖昧でふわふわとしてる。けれど、気づくとその世界に飲み込まれていて、きつねに包まれたように感じた。

    「心中」というテーマに対しての、三浦しをんの文章力・想像力が凄かった

  • 何でも書けちゃうしをんちゃんすげー

  • 「死」とか「心中」がテーマの短編集
    …と言ってしまうとなんかイメージが偏ってしまいそうだけど、秀逸の物語ばかり。ハッとさせられる切り口に、作家の力量を見る。
    普段は文庫本の解説って余計だと思うけれど、角田光代の解説は、そうそうとこちらを頷かせる。
    死んだらおしまいよ。感じることができるのは、面白いと思えるのは(いろんな意味で)生きているからこそ、です。

    「初盆の客」
    「森の奥」
    「遺言」

全304件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

天国旅行 (新潮文庫)のその他の作品

天国旅行(新潮文庫) Kindle版 天国旅行(新潮文庫) 三浦しをん
天国旅行 単行本 天国旅行 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする