天国旅行 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (105)
  • (317)
  • (380)
  • (78)
  • (5)
本棚登録 : 3338
レビュー : 304
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心中(自死)をテーマにした短編集。
    だからけして軽くはないし楽しくもないけれど、単純にこの作者さんはおもしろい物語を紡ぐ人だな、と思った。
    先が予想しにくいし、気になるからどんどん読み進められる。
    角田光代さんによる解説にもあったけれど、不思議な関係性の物語が多かった。家族でもない、友だちでもない、でも実は自分を助けてくれているのは、親しくはない誰かなのかもしれない。

    自殺しようとした人が救われて生きることに決めたり、本当は生きたかった人が報復のために死を選んだり、一家心中の生き残りが少しずつ希望のあるほうへ進んで行ったり…様々な“生と死”が描かれている。
    綺麗事ではないし、泣かせるための死を描いているわけでもない。
    ただ生物として産まれれば避けては通れない死というものを、壮絶に、厳しく、そして温かく描いている。

    これもあとがきにあったのだけど、最近の物語は、読者を泣かせるために必然性のない死を扱っているものが多いように感じるとあって、確かにそうなのかもしれないなと思った。
    それでも結局読んでて泣いてしまったりはするんだけど、そういう意味でこの小説は、それらの物語とは一線を画しているってことなんだと思う。

    三浦しをんさんの小説を読むのは初めてでした。映像化されてるのはけっこう観てるんだけど(まほろ駅前シリーズとか、舟を編むとか)売れてる理由がわかった。
    変わった設定が好きだからツボにはまった物語が多く、「初盆の客」「炎」がとくに心に残りました。

  • 表紙の絵が凄く綺麗で、「天国旅行」というタイトルにも惹かれて読んだ三浦しをんさんの短編集。どのお話も自死がテーマになっていて、重い内容と思いきやなのに後味は不思議と悪くないとゆうか、新しい感覚になる本でした。最後の角田さんの解説も凄く良くて、最近よくある人を「泣かせる」ために小説に登場しがちな死とは、全く違う「死」の書かれ方をしているとゆうのは、超共感しました。

    三浦しをんさんの本を手に取ったのはこれがはじめてだったけど、死がテーマなのにここまで読みやすいとは!途中でつっかえることがないとゆうか、表現がとても自然で、さらさらさらーっと読めました。読み返すとゆうことがないとゆうか、良い意味で表現の面白さで止まるようなこともなくて、ぐんぐん入り込めるのが気持ち良いです。飛べます。短編集だけど、一つ一つのお話が本当に濃厚で5冊分読んだ感じがするとゆう。そうです、めっちゃ濃ゆいです。早速他の本も図書館で予約しました。週末借りにいくのが超楽しみです。

    個人的には「森の奥」「初盆の客」「炎」が好き。

  • どの短編も心に残るのだけれど、特に遺言が良かった。朴訥とした語りの中に、奥様への愛情が溢れている。

  • タイトル通り、死・心中をテーマにした短編集。
    本屋で見つけた時にイエモンを思い出してページを開いたら、イエモンからの引用のタイトルと判明し、一人で嬉しくなりました(笑)

    どの話もおもしろく、考えさせられる話もあり、さすがしをんさんと思いながら、ゆっくりと味わい、読み終えました。
    1番印象に残ったのは「星くずドライブ」です。
    最近、私自身に身近な人の不幸があったこともあり、人が亡くなっても本当にいなくなった気がしないような気持ちに共感しました。
    ラストの心情吐露は、生死かかわらずに難しい恋愛を続けていこうとする者なら共通する気持ちなんじゃないかと、それにしても死に別れは究極のせつない選択だなと考えさせられました。

  • ○収録作品
    ・森の奥
    ・遺言
    ・初盆の客
    ・君は夜
    ・炎
    ・星くずドライブ
    ・SINK

    「初盆の客」が一番好き。
    「遺言」は巻末の角田光代さんの解説で、そういう解釈もあったか、とハッとさせられた。

  • 「人を文字通り救うのは、、、関係の名付けようのない誰かかもしれないし、すれ違うように出会った見知らぬ誰かかもしれない」
    解説まで、含めてこの点数。

    夏目漱石の夢十夜のように、どこか夢心地にさせられる短編集。ここに載っているそれぞれの小噺は、実体がないように曖昧でふわふわとしてる。けれど、気づくとその世界に飲み込まれていて、きつねに包まれたように感じた。

    「心中」というテーマに対しての、三浦しをんの文章力・想像力が凄かった

  • 何でも書けちゃうしをんちゃんすげー

  • 三浦しをんらしい毒舌っぽい感じが随所に。
    「炎」はぞくっとする。
    なんとももやもや考えたくなる話が多かったな。

  • ジンときた。どの話も、短編ではあるが心に響く。特に遺書は泣いた。誰かを愛すること。死ぬという事。生きることとの曖昧さ。死んでしまった人には問えないが、色んな関わりがある。ひと作品ずつ噛み締めて読んだ。

  • 「遺言」は究極のラブレター。「初盆の客」が良かった。

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

天国旅行 (新潮文庫)のその他の作品

天国旅行(新潮文庫) Kindle版 天国旅行(新潮文庫) 三浦しをん
天国旅行 単行本 天国旅行 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする