軽いつづら (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101169088

作品紹介・あらすじ

豆腐のルーツに思いをめぐらし、女性の名前と時代の関係を語り、オチョクルという言葉の語源を探る。あるいは、背広のボタンの正しいかけ方を説き、紳士はなぜいつも鉛筆を持っていなければならないかを論じ、果ては、上野の西郷隆盛像の犬の性別と名前について講義する。-生活・風俗から文化・歴史まで、雑学知識の蘊蓄と鋭い人間観察で、軽妙酒脱につづられたコラムの名品92篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市島春城についてのコラムがありました。

  • かなりの物知りで、各ジャンルの事象に関し深く優しい評論をする作者。偉いのにえらそうにしない態度がグー!沢木耕太郎など著名人も虜にする、雑学王のほのぼのトークに乾杯!

  • 30年以上前に書かれた「遊び時間」を読んだときはさほど感じなかったけれど・・・本書を読み進めるうちにこういう書きかた、どっかで読んだことあるような気がしてきた。それは村上春樹。氏が書く文を思い起こさせる。というのはきっと間違いで村上春樹のエッセイ風の作品を読むと丸谷才一氏の書くものを思い起こさせるというのが正解なのかもしれない。(和田誠氏の描く洒脱な挿画も、村上作品によく使われている)

     それにしても和田氏の描く著者の顔は似ていると思う。
     

  • 丸谷才一さんのエッセイ集。
    幕末以降の歴史に関する話題が多い印象を受けましたが、歴史音痴の私でも楽しく読めました。
    鋭い洞察を軽妙洒脱に綴っていく丸谷さんの文体に魅せられました。

  • 短く、おもしろく。考えてみれば丸谷流挨拶的なところがあるね。

  • ま-2-8

全6件中 1 - 6件を表示

軽いつづら (新潮文庫)のその他の作品

軽いつづら 単行本 軽いつづら 丸谷才一

丸谷才一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする