みだれ髪 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (28)
  • (33)
  • (88)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 453
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101170213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 情熱的で大胆で官能的で無垢で奔放!

  • さすが…。
    肉食系女子といわれる現代の女性性を超越した積極的かつ率直な歌があふれていた。
    歌を通して通じあい、自分の感情を素直に出せるというのは時代も手伝ってか。
    羨ましくもあり、自由な恋愛を抑圧され、それ自体が罪であるように非難された時代に、ここまで抵抗し、羽ばたいた晶子の感性は強い。

  • 恋=生きる意味だった、人生の一瞬。
    そんな高揚を誇らしげに宣言した詩集。
    時間を越えても色褪せることはない。

  • やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

    臆面なき自己肯定、おのれのお色気惜しげもなく晒しちゃえる女っぷり・・・
    彼女は女の子のインディペンデンスの象徴のように見える。
    しかし同時に、「鉄幹という男性がいてこその晶子」ならば、
    彼女の文学のすべては、ものすごく依存的な気もする。
    その意味で、キラキラと輝く才能のうらの苦悩も見たい気がした。
    彼女は、過剰に主体的に生きていて、
    それと同じくらい、過剰に依存して生きている。

    えーまとまらないけど、要するに
    男の寂寥を洞察することでしか、主体的な行為がない印象を受けたの。
    なんていうか、彼女の生き方は、女のすべてのコントラディクティヴな要素を
    含んでいるようですごく切なくて。
    私これからどうやって恋愛の文脈のなかで
    目を醒まして生きていけばいいのだろうって思ってしまった。

  • 恥ずかしながら言葉がよく分からず、現代語訳&解説でなんとか読み進んだというのが正直なところ。
    にも関わらず、晶子の熱い気持ちは理屈を越えて伝わってきて胸を打つ。
    与謝野晶子という女性は、愛情も友情も何もかも、すべての情がとても深い人だと感じる。
    はしたないほどの情熱、何も隠さない強さ、恋する相手に対するまっすぐさ。
    かと思えば儚く美しい光景をさりげない言葉で現す表現の美しさ、ちょっとした情景に心乱される繊細さ。
    三十一文字、という文字数が多すぎず、少なすぎず、彼女の心を現すのにぴったりと嵌っている。
    力強さと儚さの両方を持ち、時代も理屈も越えて読み手にまっすぐ刺さってくる歌。

  • この書籍は、与謝野晶子氏の超有名な詩集のひとつです。
    内容もよく一ページ当たり四首限定にして、字も大きく読みやすいです。

  • 私の人生を変えた本。小学生の頃からの愛読書。
    与謝野晶子を知ってから短歌で表現する素晴らしさを知った。
    31文字の中に苦しくなるほど切ない恋愛や、清らかで澄み渡るような乙女心が詰め込まれている。
    情景が浮かぶような美しさと現代人とも変わらない恋心の激しさや切なさが手に取るようにわかる。

  • あまりに現代的で、熱くて艶めかしくて、どきどき。

  • 恋愛至上主義って、結構昔からあったんだねー。みたいな感じだった。

  • [図書館]
    読了:2012/7/22

    鉄幹といついつやったときの歌だとか、特定されてるのがすげえ…。
    歌を単品で読んでもよく分からない(解釈の難しい)ものが多く、後についている「評伝」でいついつ何があってこの歌はそのときの心を歌ったもの、とか解説されてるものを読んだ。
    「御口を吸はむ」とかを明治時代に出したってのがすごいな。そんなにあからさまな歌が含まれるとは知らなかった。

  • ある時代の先端を生きたと思われる人物の詩集。
    多くの人や作品に影響を与えているかもしれない。
    当時の情景をどう読み込むかは,人それぞれだ。
    語り継がれるものはあるのだろう。

    詞は自由に作ってみてよいものだということを学習しました。

  • 「乙女は情熱をもつ」
    その子二十歳櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな

  • 思春期に読んだころは、あからさまな表現が好きになれなかったけれど
    今読むと、女として共感できる歌もありました。
    短歌は鑑賞も入門レベルなので、評価する自信はありませんが、好きな歌はいくつもあります。

  • なんとも、“女性”でステキ。

  • 言わずもがな。

    でも現代の文脈で読んでもすげー過激やなーと思う。
    フェティッシュな意味じゃなくて
    感情というか、心の疼きみたいなもの。

    お気に入りは
    やははだの あつきちしほに ふれもみで さびしからずや みちをとくきみ

    実際、触ってもらえなくてさびしいのは自分なくせに!

  • 「くろ髪の千すじの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもいみだるる」「み」の繰り返しによって拍節され刺激される官能。晶子は鉄幹との間に12人も子をなすとともに生涯歌作に明け暮れたが、こうした情熱的な歌を紡ぐことのできる精神性がそうした生活を支えていたのだと思う。「清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵会う人みなうつくしき」歌人の感性の深さを思う。    

  • 浦野所有。

    くろ髪の千(ち)すぢの髪のみだれ髪
    かつおもひみだれおもひみだるる [第260首]

    <訳>私の黒髪の、千筋もの豊かな髪の、みだれ髪よ!
    思い乱れるたびごとに、さらに乱れる私の心よ!

    与謝野晶子の歌って、なんだか難解ですね。『みだれ髪』は第1首からして、あまりにも象徴的過ぎて現代語訳&解説がないと、何のことやらさっぱりわかりません。でも、それぞれの31文字のなかに晶子が選んだ言葉の一つひとつが、とても美しいんだよなぁ。あふれる恋心を率直に歌った、あまりにも心地よすぎる歌群です。

    新潮文庫版では、『みだれ髪』全399首のうち、70種について訳と詳細な解説があるので、初心者でもその独特の世界を堪能することができました。

  • 10年03月、読書会課題図書。

  • さびしからずや道を説く君
    自分のことを好きな女性は好きです

  • 訳全部にはついてなかった……。でも雰囲気素敵です。こんな風に綺麗に言葉使って創作とか出来たらなーと思います。

全42件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1878年大阪府堺市生まれ。大恋愛の末、与謝野鉄幹と結婚。処女歌集『みだれ髪』で一躍、情熱的な歌人として著名に。その後、小説、随筆、評論、童話、戯曲など多岐に渡り活躍。『源氏物語』は、幼少時代からの愛読書で、現代語訳も3度手掛けている。1942年没。

「2017年 『みだれ髪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みだれ髪 (新潮文庫)のその他の作品

みだれ髪 (NDL所蔵古書POD) オンデマンド (ペーパーバック) みだれ髪 (NDL所蔵古書POD) 与謝野晶子
みだれ髪 Kindle版 みだれ髪 与謝野晶子
みだれ髪 (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) みだれ髪 (青空文庫POD(大活字版)) 与謝野晶子

与謝野晶子の作品

みだれ髪 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする