家族八景 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.68
  • (413)
  • (558)
  • (805)
  • (86)
  • (15)
本棚登録 : 4379
レビュー : 561
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の心を読める家政婦、七瀬が、色んな家庭を転々としてそれぞれの家族の問題を目の当たりにする。

    フロイト的な心的構造を心理描写に自然に持ち込んでいて面白い。

    心理描写は、小説の登場人物か第三者的な語り手の視点で描かれることが多いけど、「心を読める」七瀬が主人公になることで、その両方がミックスされた視点が構成されている。

    さらに七瀬が自分の能力の出自を明らかにせんとして心理学を学んだ過去を持つことが、心理描写に心理学的な知見を当てはめることの根拠になっている。

    おそらく、第三者的な視点のまま心理学用語を用いていたら、よりスノブな香りのする文章になっていたのではないか。

    そういう意味で、心的構造を心理描写に自然に持ち込めているように思う。

  • ひとの心が読めてしまう少女・七瀬は自らの力を知り、試すためにもお手伝いを職として様々な家で住み込みながら働いていた。
    その中の8軒の人々のエピソードをまとめた1冊。

    元々ドラマを昔に観て、とても好きだったので手に取った本。
    ドラマはかなり原作に忠実だったんだな〜。
    人の心が読めてしまう七瀬にとって、住み込みで働くというのは興味深い反面とてもリスキーで、読みながら自分だったら?を常に頭の片隅に置いていた。恐らくもっと人をけしかけたり、コントロールしようとしてしまうだろうなあ。
    最後の亡母渇仰のラストが壮絶すぎて、もし自分なら狂ってしまいそう。

    生活の中で、相手の気持ちが分かればなあと思うことはままあれど、人の心が読めるのは幸せなのかね、不幸せなのかね。

  • 人の心が読めたなら、便利だろうなぁと思うのは普通の人だからか。始めてこの話を読んだとき、「幸せにはなれないんだなぁ」と思って七瀬がいじらしかった。まぁきっとここがヒロインとしての『落とし所』であり当時の私はまんまと『落ちた』事に大人になってから判った。

  • 中学生のとき初めて読んだ文庫の小説だったことを思い出した。
    小説を気持ち悪いと思い、それ以来小説を読まないきっかけを与えてくれた。
    今思えば刺激が強すぎる面白さだったため、
    本能的に何かの危険を察知して敬遠したのかもしれない。

  • 10代後半から30を迎える手前までの10年余の間に読んだ文庫本を、少しずつ読み返すことに。スタートは筒井康隆。当時読んだきり、はなれてしまっていたので新鮮です。

    ちょうど一年ほどまえ、NHKで「七瀬ふたたび」がドラマ化されたのを観ました。その時に、この「家族八景」から始まる‘七瀬三部作’のことを思い出し、もう一度読みたいなと思っていたのですが、古い本は全て、実家の納屋の中。最近の帰省で掘り起こして少し整理し、段ボール3箱分、現在の住まいに送り返して、再読リレーを開始…

    と、すっかり前置きが長くなりました。本題の「家族八景」。人の考えを丸ごと読む超能力を持つ少女・七瀬が主人公。一所に長く居続けると、自分の特異な力を露呈する危険が大きくなると恐れる彼女は、職場を転々としても不思議に思われないという理由で、家政婦となっている。雇われた家庭内に渦巻く意識下の愛憎が、七瀬の‘第三の目’によってあぶりだされる。

    これはこんなに恐ろしい話だったか?目に見えない人の心を覗くということだけでもかなりスリリング。さらに怖いのは、七瀬が自分を守るために力を駆使したときの結末。ほんの‘いたずら’的な仕掛けで、巻き込まれる人々の人生を大きく変貌させてしまう…怖い怖いと思いながら、もっと覗き見したいという好奇心で読み進め、8つの家庭を巡る禁断の旅を終えました。

    自分の特殊な力を確実に強めながら、力を隠して生き延びるためのしたたかさ、余りにも醜い現実にのみこまれまいとする抗い、常人じゃないことで感じる孤独…いろんな‘意識’との闘いあるいは共存の道を求めていく七瀬。この先彼女はどんな人生を歩むんだろう?気になる。読み終わったときに、心に残る七瀬の存在感は絶大です。

  • 再読。といっても前回は十代だったので、「人間(特に男性)は汚い!汚らわしい!!」と思いました。折り返しも過ぎた今読むと七瀬もなかなかなものだと思います。若いけど経験値がすごいものね、無理もない。

  • 思いの外時代を感じた。数十年前の話とはいえこんなにも考え方が違うとは。当時の世相がわかって面白かった。

  • 人間のことを刺激的に表現するので、爽快でもあり、自分のことを言われているようでこっぱずかしい。

    18〜20歳のくせに精神的に成熟しすぎてて、自分を省みて恥ずかしくなった。テレパシーは使えないけど、もっと大人になろうと思った。

    みんな七瀬のことナナちゃんって呼んでたけど、ナナちゃんって呼びたくなるような外見なんだろうか。自分も欲混じりの声でナナちゃんって呼んで、侮蔑の目でみられるんだろうな。それもまた一興。

  • 太宰治に続き、久々の小説。うすら寒い。でも、次々読みたくなる!

  • 読み始めは慣れない文体にとまどったが、読み進めていくうちに面白い話にのめりこんた。
    「亡母渇仰」が印象深い。葬式なんかは、たいていの人間は悲しんでなどいないのだろうと思える。

  • H30.6.7 読了。

    ・エスパーで家政婦の七瀬が主人公の短編集。死の直前や精神崩壊の直前の描写が印象的でした。この小説が昭和47年に書かれたものと知り、驚きました。
    イドや超自我など心理学に興味を持ちそうなキーワードがちりばめられてます。
    個人的にはそれぞれの短編の後味が悪いのが残念でした。

  • ”ふたたび”と”エディプス”も読んだけど、これがダントツで好き。
    テレパスって最強そうだけど、それを持つ七瀬の方が生き辛く各所を転々と放浪する人生。人の心なんて知らな方が幸せなこの世の中やねえ。なんだか気の毒…

  • なかなか面白かった。子だくさんの汚い家の話が1番嫌だった。

  • 2017年12月30日読了。読心能力者(テレパス)の七瀬が住み込みのお手伝いとして転々とする8家庭それぞれが見せかけの下に隠した真の顔と、七瀬の関りにより発生する変化の結末は。筒井康隆の「七瀬三部作」の第1弾。超能力版家政婦は見た、という感じで、いちいち悲喜劇的な結末を迎えるそれぞれの家庭が悲惨。考えていることと行動が違うのは誰でもそうではあるが、このお話の8家庭はどれも極端…。もし七瀬が読心能力を持たなかったとしても、どの家庭での仕事も結局はうまくいかなかったのではないか?とはいえ精神感応能力の描写など、よくまあ想像力だけでここまで迫真のストーリーが書けるものだと感心する。面白い。

  • テレパスの能力で他人の心の中が
    見えてしまう七瀬が、
    お手伝いさんとして
    様々な家庭の内部を覗き見る話。

    テレパス能力があったら便利だなぁ
    なんて思っていたが、
    七瀬の身に降りかかる
    人間の汚い内なる心を
    これでもかと見せつけられると、
    超能力なんて持ってなくて
    良かったと安堵した。

    8編全ての家庭で、
    七瀬は幸せな女中生活を
    送ることが出来なかったが、
    それでも筒井さんの紡ぎ出すストーリーは
    時にコミカルで、
    きちんと読者の溜飲を下げてくれ、
    時間を忘れて読み耽った。

  • 大昔に読んだことがあるのか無いのか記憶が定かでないので初読状態と言って差し支えなし。
    住み込みお手伝いとかフロイト的設定とか確かに時代を感じさせるものはありますが、当方の生まれ年より前の作品とは正直思えない。今でも十分に読めます。
    結局七瀬が一番の悪人って気がする、心を覗かれる登場人物はやはり小市民でしょ。主人公を傍観者的立場に設定して良い意味で上手く誤魔化しているが、結構毒ありますよ。
    ちょっと筒井康隆に立ち戻ろうかな?

  • めちゃくちゃ面白かった。他人の心が読める主人公の話であるが、「他人の心が読める」という仕掛けが上手に仕掛けてある短編集であった。「他人の心が読める」というだけで、こんなにも面白いオチが作れるものかと感心したほどだ。

    また、主人公は家政婦なのであるが、この設定も面白かった。家政婦であることで、心の読める主人公が様々な家庭を渡り歩くことができるし、また色んな形の「温かい家庭」を片っ端からぶっ潰していくことができるからだ。そして実際そうで、私の家庭が不安になったほど、真に迫っていて、とても面白かった。

    検索してみると、なるほど何度も映像化されており、筒井康隆の代表作でもあるようだ。そら面白いはずである。

  • 筆者自身で「家庭」と「テレパシー」という縛りを附し多彩な表現を試みた筒井氏の作家としての才能と遊び心が伺える。本文もさることながら各章の題名に筒井氏のセンスが光る。

    火野七瀬というキャッチーなモチーフを置きつつも、描かれるプロットと心理描写は巧みで深潭だ。傍目からは順風満帆な家族の、危うくも絶妙なバランスで保たれる情景をテレパシーというフィルターを通して筆致する。とある瞬間に崩壊する脆さの描写の一つひとつが快闊そうで繊細で計算された構成となっている。

    「住み込みの家政婦」という設定を除けば40年近く前の作品とは思えない洗練された輝きを放つ良作である。

  • 人の汚い部分が詰め込まれてる内容でした。
    こういった話大好きです。

    個人的には最後の話が一番好みでした!
    私は絶対欲しくない能力だな~

  • 時をかける少女しか知らないけど
    名前はもちろん知ってる作家さん
    学生時代にキライだった教師が推していたので
    ぜってー読まねーと敬遠していた本を
    安さにつられて買ってみた

    文字がでかいのでさくっと読める
    結構古い作品なのでちょっと今とズレてるところもあるけど
    「青春讃歌」は今もこういう風潮があるので非常にヨカッタ
    あーでも、今はG.G世代をいかに攻略するかの時代でもあるから
    やっぱり違うといえば違うかなー
    いやいややっぱり書いてあることはスゴクよくわかる

    この1篇だけで星3つにする
    あとのはそんなに好みのお話ではなかったです

  • 七瀬の能力が羨ましいと思う反面、恐ろしくも感じ、自分に人の心が読める能力が備わっても、七瀬ほど精神的に強くないから、すぐに発狂してしまうんだろうな。七瀬の何もかも悟ったクールなところが魅力的。

  • 人間って、怖っ。

    40年前の作品と思えない面白さ。

  • 筒井康隆さんは天才!
    読者は従うのみ
    以上…
    2013 1

  • 火田七瀬。テレパスの能力を持つ家事手伝いの少女。
    それぞれの家族にまつわるお話。
    水蜜桃と紅蓮菩薩に圧倒される。二編の最後に鳥肌が立った。
    恐ろしいし、人間の嫌な面ばかり見るはめになるけれどどこか物悲しくもあって、ページを捲る手が止まらなかった。

  • ドロドロしてる。

  • ドラマ視聴後読み始めました。

    全体的に救いがない話ばかりですが、
    それもまた魅力的。
    主人公の性格もすごく良かったです。
    ただ全体的に主軸は同じなので
    少し飽きるかもしれません。

    「亡母渇仰」のラストのシーンは
    期待通り好物でした。
    あれを読ませるための本だと思いました。

  • 幸か不幸か、生まれつき人の心が読めてしまうテレパス、火田七瀬18歳。
    お手伝いさんとしてたくさんの家を転々と渡り歩く彼女が抉り出した「家庭」の虚偽と醜悪さ。。。タイトルの「家族」という言葉から予想したヌクモリティは皆無の仕上がりになっております。

    「家政婦は見た」エスパー美少女編。実写化するなら市原のえっちゃんでなく、堀北のまきちゃんにでも演じてもらいたいところ。「家政婦のミタ」もヒットしたところだし。

    と思ったらすでに何度かドラマ化されているらしい。

    「ザ・筒井康隆」、シニカルでブラックです。。。
    もうね、出てくる家族がことごとく酷い!

    多分同じ題材でも本多孝好さんならきっと繊細で傷つきやすい性格の七瀬を描くだろうなぁ。筒井さんの七瀬はクールな鉄火面タイプ。

    「七瀬ふたたび」や「エディプスの恋人」でもこの七瀬ちゃんが活躍しているそうで。機会があれば読んでみよう。

    またしてもRADWIMPS「最大公約数」の「パパとママが 心だけは隠して生んでくれたのにはそれなりの理由があった」を思い出し・・・。ちょっとくらいは相手の気持ちに敏感でありたい気もしますが。

    大先輩でもある筒井氏には今後とも頑張って執筆していただきたい。

  • 人間の叡智を超えた次元、科学と迷信の中間、知性の山と恐怖の谷のあわいの住人。七瀬の存在というのはそういったものかもしれない。人々の垂れ流すだけの猜疑心と欲望を、一人客観的に観ている彼女の存在にはぞっとすることもある。私の隣にいる彼女もそうかもしれない。その恐怖を読みながら感じるも、自身の中の独り言には歯止めが利かない。ただ、それを客観的に見つめている自分に気が付くことが出来た点においては、この作品は大きな価値がある。

  • 七瀬ふたたびシリーズ。
    何度もドラマ化されている作品だしやっぱ面白い。
    テレパス、サイコキネシス、タイムスリップ、予知とか、いろんな種類の超能力者が出てくるとこがいい。
    確かに心が読めるのは知りたくないことも知ってしまうし、思想と行動がバラバラの人だと偽善的に感じたり、不信になって、人に関わるのが嫌になるかも。

全561件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

家族八景 (新潮文庫)のその他の作品

家族八景 (1972年) 家族八景 (1972年) 筒井康隆
家族八景 (新潮文庫) Kindle版 家族八景 (新潮文庫) 筒井康隆

筒井康隆の作品

家族八景 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

家族八景 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする