旅のラゴス (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (768)
  • (983)
  • (795)
  • (154)
  • (35)
本棚登録 : 7831
レビュー : 930
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハラハラドキドキな展開があるわけではないが、世界観に浸れる作品。千夜一夜物語を思い起こさせた。

  • ラゴスの不思議な旅。
    SF要素もあり、面白かったです。

  • 筒井康隆らしい軽めのSF作品。ロードノベルでかつ連作長編でもあり、空いた時間などに気軽に読みやすいし、高校生ぐらいから手を出しやすい作品だと思う。
    ラゴスが歴史を学ぶ際に用いていた「歴史書と当時の重要人物の伝記を並行して読む」という手法を高木壮太が「同時代のミュージシャン2人の評伝や自伝を併読する」という形で応用しているというのをインタビューで読んで、実効性のある方法なんだと感心した。
    ドネルはヨーマかなーと思って読んでいたが、読了後Yahoo知恵袋を読んで驚愕。手がかりを総合するとヨーマじゃなくて大きな卵が道に埋まっている町で家に泊めてくれたおばさんであるタリアの息子のようだ。

  • 主人公のラゴスが超常現象のある世界で旅を続ける物語

    超常現象といってもかなり自然な形で描写がされており、違和感らしいものは感じませんでした。この世界の中でルールがあり、皆それが当たり前のように過ごしているのが斬新でした。

    主人公が活躍ばかりして、やけにカッコいい(笑)また、無常感を示す場面もあり、キノの旅に似たものを感じました。

    〜小説評価〜

    没入感  :優
         (リフレッシュができ、瞑想効果あり)
    感動   :並
         (無常感があります。)
    面白さ  :良
         (独特の世界観があり、奥深い)
    読みやすさ:良
         (サクサク読める。)
    推薦   :良
         (他人に勧めることができる。)

    ☆キンドル読み上げ:可

  • SFってかなり哲学。
    時をかける少女の筒井康隆 著
    哲学的な本でした。読書の大切さが染み入り、もっと本を読みたくなる本です。

  • 幻想的で素敵!それ以上は特に読み取れなかった
    2週したほうがいいかね
    細部を省く良さみたいなのがあるとは思うけどやはり彼は古い人

  • タイトルまんま、旅するラゴスの話だった。ただその内容は『旅するラゴス』ではなく『旅のラゴス』の方が圧倒的にしっくりくる。冒険譚的な話でなく、宝探し的旅でも放浪記でもなく、求めたいものを適度に求め続けた結果としての行きて帰りて通り過ぎゆく物語。望むと望まざるとに関わらず、交わったり交わらなかったり。小さな物語の連続としての大きな物語。人生は旅なのだな、という平凡な感想を、つまらなくもなく過剰なロマンも抱かせず、じんわりと染み渡らせる。そんな世界観。
    超自然的な能力やSF的時代設定はそういう世界観を際立たせる要素として重要なんだろうな、きっと。そして解説はまさかの村上陽一郎。こちらの学がないせいか、解説なのに解説の方が難解。

  • 薄い本なのに読み終えて深い満足感があった。

  • 昭和61年の作品。

    二千二百年前に宇宙船でこの地にやって来たご先祖様は、高度の技術を身につけた文明人。その知恵の全てを記した書物を読むために、青年ラゴスは南方大陸へと旅をする。

    ご先祖の文明を引き継げなかったラゴスたち子孫は、代わりに空間転移や他者の心への感応、予知等の能力を身につけ、中世諸都市のように点在する都市や村落で生活を営んでいる。盗賊、追い剥ぎも出没し、治安はあまりよくない。

    ラゴスの旅は波瀾万丈。奴隷として七年も鉱山で働かされ、目的地キチではいつに間にか王さまに祭り上げられ、帰路には奴隷商人に拉致され、帰り着いた故郷の地ではご先祖様の知恵の普及に引っ張りだこ。身に降りかかる運命を淡々と受け入れるラゴスの誠実なキャラが心地よい。

    独特の世界観とラゴスのキャラが味わい深い一冊でした。ご先祖様の書物を読み耽ったラゴスの十五年間の読書生活が羨ましい。

  • やー面白かった。
    波瀾万丈のラゴスの旅。
    世界設定や超能力などもすんなり飲み込んで読める。
    人物が皆生き生きしていて、単純に読むのが楽しかった。
    ラストもいいなぁ。

全930件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

旅のラゴス (新潮文庫)のその他の作品

旅のラゴス 単行本 旅のラゴス 筒井康隆
旅のラゴス(新潮文庫) Kindle版 旅のラゴス(新潮文庫) 筒井康隆
旅のラゴス (徳間文庫) 文庫 旅のラゴス (徳間文庫) 筒井康隆

筒井康隆の作品

ツイートする