ロートレック荘事件 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.43
  • (163)
  • (409)
  • (578)
  • (125)
  • (27)
本棚登録 : 3257
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 専門でない分野で
    これ程のものを書き上げる
    筒井さんは天才なんだろう。

    ただ、トリックを披露するための
    推理小説より、
    物語としても楽しめる作品の方が好み。
    その点ではあまり楽しめなかった。
    トリックにも早い段階で気付いてしまい
    残念だった。
    加えて、最後の延々と続く
    ネタの解説にはイライラしまくりだった。

  • 違和感を違和感で済まさせる。
    はなから疑ってかかっている読者にそう思わせることができるのは、確かな筆力のなせる技なのでしょう。
    見事にだまされました。あっぱれ。
    やや、トリックありきな所があるので少し読みづらいですが、目の前がぐるんとひっくり返るような困惑と快感は叙述トリックならではで、短めながらもグッと印象に残る作品でした。

  • 叙述トリックなので仕方ないが、トリックが今まで登場していなかった人物が実はいた、というのが納得いかなかった。スカッとしなかった。
    最後のシーンは少し切ない気分に。

  • 最初からなんとなく違和感がありながら、なんとなくスラスラ読めるのでそのまま最後までたどり着いた感じ。最後ちょっとさみしい気持ちになった。

  • 二発の銃声、死んだのは画家との結婚を目論む令嬢。夏の終わり、美しい洋館で起きた悲劇の物語。

    頭から違和感はあって、解決編の前には一応真相に気付けたけどそれにしても丁寧な作り。ちょっと時代を感じる文章だし淡々としているのだけど、チャーミングなところもあって、そして大変悲しかった。文章一つ一つ検証していくのがとっても楽しそうだ。面白かった。単行本で読んだのだけど、ロートレックの絵がカラーで挿入されているのも相まって一つの作品感があって良かった。

  • 最終的には騙されましたが、最初から違和感を感じてました。

  • ロー卜レック荘と呼ばれた別荘に集まった男女。避暑を楽しむつもりだったが、一人の女性が殺害され、次々に美女が殺されていく。内部の犯行なのか、それとも外部?動機は?



    なんというか、完全に騙された。だけど、騙されたー!ってかんじではなく、え?は?となって、犯人が分かったところで、興醒めにも似た騙された感でいっぱいになった。
    確かに、ちゃんと読めばそう書いてある。だけど、納得出来ないというか…
    期待してただけ、ちょっと残念だった。


    2016.1.9 読了

  • メタ!このトリックは!
    やられた!笑

  • 「オレ」が誰なのか、よく分からないまま読み進んでいく。
    そういう手法が面白いんだと思います。が、頭が整理されず、ページを進んだり戻ったりして読むのは、ちとしんどかったです。

  •  ものの見事に騙された。物語のトリックよりも筒井先生の筆のトリックを楽しむ作品。前者に重きを置くタイプの方には反則に思われるかもしれないけれど、私は筒井先生のしてやったり顔の前に喜んでひれ伏したいタイプなので、本当に面白かった。ただ、犯人の動機にまつわる部分はとても切なくてもやもやしてしまった。

全413件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ロートレック荘事件 (新潮文庫)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする