ロートレック荘事件 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.43
  • (163)
  • (409)
  • (578)
  • (125)
  • (27)
本棚登録 : 3258
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 序盤を読んでいて、3人で話しているのに、誰が言ったのかがハッキリしなくて、何回か読み直して、2人で話している設定なの??
    筒井康隆なのに、なんだか読みにくい文章だな。。。とおもっていたら、、
    そういうことだったのかと思いました。
    もうちょっと読みやすく2人で話している感じで書かれていたらもっと、話に入りこめた気がします。

  • どんでん返しミステリでいろいろ取り上げられていたから、そっち系が好きなんで、これは是非ってことでトライ。第二章から一人称が不穏だという気配は感じられて、叙述トリックが仕掛けられている感は満点。でも、全く同じ一人称が使われていることとか、館の見取り図においても巧妙に隠されていたりとかで、結局真相にはたどり着けずじまい。負け犬の遠吠えかもしれないけど、これはぎりぎりアウトの方じゃないか?ミスリーディングの妙味というよりは、寧ろ騙まし討ちみたいに感じられちゃいました。サラッと読んでしまえる割には味わい深くて、その点では評価しますが。

  • 日本のSF大家、筒井康隆氏の描く叙述ミステリ。昔読んだ作品だけど、最近ちょっと叙述ミステリ作品を意識するきっかけがあったので再読でございます。
    夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館へと訪れる人々。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったか見えたが、2発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。誰が何のために殺すのか…というストーリー。
    作品全体に仕掛けられたトリックは、まぁわかる人にはわかっちゃうけど、なんだか身障者に対する自分の差別意識みたいなものを浮き彫りにされたようで読後は妙にもやもやしました。いやモチロンそういう差別とかって良くないと思ってるんですが、そう思うこと自体が差別なんじゃない?という風に言われてしまっているような…。いずれにせよ、面白い作品。どんでん返しもさることながら、最後の1行の終わり方がカッコイイんです。

  • 類似のトリックを少し齧っていたせいでトリックには早々と気付いてしまいラスト3章の怒涛の解決パートがとんでもなく辛かった……しかし人間関係が解きほぐれていって吐き出される最後の犯人のセリフの余韻は好き。

  • 【個人的読書記録】
    騙された…と言うより気付けなかった…

    読み終わって全てが分かった後に、それを踏まえてもう一度読み直したくなる小説。

    謎解きをし始めたページから、該当箇所を見直ながら読んだのは久しぶりだった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か?アリバイを持たぬ者は?動機は?推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ああああああ。
    だまされたよ。
    ものすごーく気持ちよくだまされたよ(´・ω・`)

    たしかにこれは評価が分かれるかも...
    アンフェアって言われても仕方ないかも...

    でも私は、「あり」だと思う。
    途中までは、至って普通?のミステリだと思ってた。
    ロートレックのイラストも入ってたりしてお得感もあります。

    でもそのロートレックのイラストにもミスリードがあるかも、なんて気負ってたけど...
    こんなに普通のはずがない、
    何と言っても筒井康隆さんだし、
    きっと犯人は奇想天外な人物に違いない!って。

    そう思ってはいたけど。
    このフーダニット、本当騙される...

    この本で、ロートレックが障害を持っていたことも初めて知りました。
    そしてその作品がなかなか手に入りにくいことも。

    同じ障害を持った男性が出てくるのですが、
    その心の闇はどこまでも深く...

    ああもうこれ以上は書けない。
    まだ読まれていない方はぜひご一読ください。

    読み終わった後に、もう一度改めて読み直したくなると思います!絶対!
    そして読み直してみると、作者の深ーい意図に気づくはず...

    すごくおもしろいけど、絶対に映像化は出来ないですね(● ´艸`)

  • なるほど、これは読者への挑戦なのですね。
    まんまとだまされましたよ~。

    文庫なのだが、カラーの絵画がところどころに差し込まれていてゴージャス。

    これはこれでなかなか面白く読んだが、「時をかける少女」をもう一度読みたくなった。
    あの胸ドキ感をまた味わえるかはわからないが、再読を試みたい。
    さて、ポチッと。

  • 叙述トリックで有名だけど、冒頭で気づいてしまった…殺害の方法や動機も雑に感じました。あえて人物描写を薄くしているんだろうけど、登場人物の誰にも共感しなかったので残念。。

  • 気づいてしまった。

  • 叙述トリックを使った作品と承知のうえで読むという、邪道な姿勢でページをめくる。絶対にひっかかるものかと注意しながら読んだつもりだけど、「まさかそこからですか」と完敗する。
    さらに言えば、タイトルの意味がぜんぜん分かってなかったなぁ。

全413件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ロートレック荘事件 (新潮文庫)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする