ロートレック荘事件 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.43
  • (163)
  • (410)
  • (578)
  • (125)
  • (27)
本棚登録 : 3258
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらも職場の方に借りて読了。

    よくある内部に犯人がいるパターンかなと思い読み進めておりましたが…
    見事に筒井康隆氏に騙されました。

    登場人物が混乱するなぁ、読解力が落ちたのか…??と、考えておりましたが、そういう事か。

    これから読み進められる方は、じーっくり読んで観察してみてください。

  • 最後のトリックの解説は良かったが、
    ビックリするようなどんでん返しではなかったかな。
    相性の問題かも。

  • おもしろかった!
    ずっと読みたかった本、やっと手に入り期待通り!
    ボリュームも重くなく、内容もわかりやすく、しかしスマートに裏切ってくれたエンド。
    満足。読んでよかった。
    星5つの勢いだけど、この先ものすごいのと出会う可能性を考えて一応4つに留めておく。

  • よくある館もの……と思いきや、とある人称による巧妙な仕掛けが施された規格外のミステリ。今読むと多少の想像はつくかもしれないが、その一発アイディアのみだけでなく、それを覆い隠すための語り部と友人の設定には唸らされる。一番の肝は奇矯なトリックなどではなく、凡百の作家が避けがちな身体障害者の表現だろう。それが動機と密接に絡みつつ、また読み手の無自覚な差別意識を暴き出すという点は非常に文学らしい趣がある。あと筒井康隆特有の軽妙洒脱でブラックユーモアに溢れる会話の応酬や、ややエロチックで肉感的な描写なども素晴らしい。

  • 叙述トリックだと先に教えてもらって読んだからか、すぐに引っ掛けポイントはわかってしまって少し寂しかった。叙述トリックが好きだからたくさん読みたいのに、どうやって調べればいいのかな……。

    内容自体は、ちょっと好きになれない。

  • 新しくトリックを思いつく作家さんはどのようにこんなことを思いつくのか、その発想が羨ましいけれど、この作品も叙述トリックの傑作。
    しかし自分がこの作品を読んだときは、ある程度の叙述トリック作品を読み終えていて、途中でトリックに気づいてしまったので星3評価にしました。
    叙述トリック特有の読みづらさがあるけれど、トリックに気づがなければ、見事に騙される作品。

  • なるほど.こういうトリックか.一部は叙述式.

  • 有名な作品ですので穿った見方で読まれる方も多いかと思われます。早々に物語の種に気付いたとしても質の良い言葉遊びは楽しいものです。

  • わかりそうなもんなのにな〜。
    最初に違和感を感じたのに、そのまま進んじゃった
    薄くて難しい言葉もなくて、一見読みやすそうなのになぜか読みにくい。
    なるほどね〜だからか〜って感じでした
    見破れなかったけど、違和感は間違ってなかった!!
    最後の解説は個人的にはあってOK

  • なるほどね。だから、個性がつかみづらく、読みにくかったわけだ。推理小説によくある、登場人物紹介がないのもうなづける。

全413件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ロートレック荘事件 (新潮文庫)のその他の作品

筒井康隆の作品

ツイートする