ロートレック荘事件 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.43
  • (163)
  • (409)
  • (578)
  • (125)
  • (27)
本棚登録 : 3259
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おれ」名義の語り手を章ごとに川口修と川口重明で混在させる。そのことで読者を混乱させる叙述ミステリトリックだが、それは新鮮というより才におぼれた邪道に思う。謎解きとしては、そのような小細工をしなくてもと思う。ロートレックの絵を何枚か挟み込んだ意図は理解できなかった。ロートレックの絵自体が、画家とよきアドバイザーとの合作という意味か?

  • 騙された。途中ぐらいからあれ、これ誰が話してるの?って思う場面はあったけど、スルーしてたらこんな結末になるのかと驚き。これは犯人の依存から起こった犯罪って感じだな。最後の手紙のシーンで、人間の心は難しいと感じた。

  • かつて自分の家族が所有していて、次の購入者によって画家ロートレック氏の作品が飾られたことから、ロートレック荘と名付けられた別荘に招待されるところから物語が始まります。
    別荘のオーナー及び、その関係者の娘たちが警察官も別荘内にいる状況で一人、また一人と殺されていく……、といった内容です。

    トリックに関わるため、詳しくは書けませんが、素直に読めばこのトリックに騙される一方、素直に状況を整理しながら読めばトリックを見破れるかと思います。

    デリケートな部分に関する設定となっていますが、本作品を読む前にロートレック氏の写真を見ておくのも良いかと思います。

  • 叙述トリック。
    種が分かってから読むと、会話の配置が実に緻密。無意識に脳内補完してミスリードされるようになっている。種明かしの章で該当箇所がいちいち挙げられている。筒井康隆は著書が本になった時の版面まで考えて、文字数を計算して執筆するそうだ。
    著者が昭和ひと桁生まれという点にも驚いた。話し方や人物像等、やはり古い感じは否めない。トリックに障害が関わってくる点は、発表当時物議を醸したらしいと著者のエッセイで読んだことがある。現在ならばどうだろう。かえって、そこまで問題とされないかもしれない。

  • 個人的に傑作。
    2人の話と思いきや3人いたとは。
    存在に気づかれすらしない1人の劣等感が動機に濃く濃く繋がっていく。
    短い物語なので2回目も読みやすい。

  • 筒井康隆の独特な世界観が好きで、ミステリー小説っぽい毛色と聞いた時は正直あんまり印象が無いな〜と。
    期待というよりどんな作風になるんだろうって気持ちが強かった、けど読んでみたらなるほどさすが天才だと感心させられた。

    主人公と登場人物になんとなく違和感はあって、読んでてちょっと気持ち悪いような感覚があったのに気付けなくて悔しい。
    さすがにここで第三者が犯人だとか隠れた動機だとかそんなB級な展開にはならないよな……?って思ってたら叙述トリックでしてやられた感。
    オチもなかなかエグくて良い。

  • こちらも職場の方に借りて読了。

    よくある内部に犯人がいるパターンかなと思い読み進めておりましたが…
    見事に筒井康隆氏に騙されました。

    登場人物が混乱するなぁ、読解力が落ちたのか…??と、考えておりましたが、そういう事か。

    これから読み進められる方は、じーっくり読んで観察してみてください。

  • 最後のトリックの解説は良かったが、
    ビックリするようなどんでん返しではなかったかな。
    相性の問題かも。

  • ロートレック荘
    190716読了。
    今年65冊目今月4冊目。
    #読了
    #筒井康隆
    #ロートレック荘事件

    ようやく読めた。
    遠い昔に、若干のネタバレを受け、記憶が薄れるのを待っていた。
    平成2年版。

    人物相関関係の掴みづらさや、描写の不自然さ。
    それが途中で気にならなくなるくらい読書の目を逸らすのが上手い。

    大胆に伏線張ってるし、やはりこの人は天才。

  • おもしろかった!
    ずっと読みたかった本、やっと手に入り期待通り!
    ボリュームも重くなく、内容もわかりやすく、しかしスマートに裏切ってくれたエンド。
    満足。読んでよかった。
    星5つの勢いだけど、この先ものすごいのと出会う可能性を考えて一応4つに留めておく。

全413件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ロートレック荘事件 (新潮文庫)のその他の作品

筒井康隆の作品

ロートレック荘事件 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ロートレック荘事件 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする