鬼麿斬人剣 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (35)
  • (43)
  • (65)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 373
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101174129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公と同じリズムで、ザックザクと文章が進む。
    時代劇のドラマみたいにカッキンカッキンという戦闘シーンはない。
    真剣勝負はいつも一瞬、ぶった斬るか、ぶった斬られるか。
    それを見逃したら、手遅れだ。

    手を下す瞬間というものがあって、そこに命を賭けるという生き様。
    残酷でエロチックで、真剣な爽快感がいい。

  • めずらしく伝奇要素が低く、プロットは藤沢周平みたいだ。しかし弟子が師匠の剣を折るという設定はサスペンスフルで秀逸。死者を追う旅を通じて、清麿という師匠の姿を浮かび上がらせる手法は見事である。

  • 師匠かっこいいなあ。

  • 隆慶にしては内容がやや淡白だが、相変わらず登場人物がいかしてるので楽しめる。山人の暮らしぶりを、もうちょい掘り下げてほしかったな。

  • プロットはとても興味惹かれる小説だが主人公に魅力がない。ガサツで若すぎるためか人生に対する哀しみが描かれていない。あと10年後の主人公にしたら魅力が出たかもしれない。

  • ロードムービーテイストの時代劇エンタテイメント。

    超人的に強い主人公は、隆ワールドではお約束だね。そこに違和感を感じさえしなければ、十二分に楽しめる。

    また、女の強さとサガとを魅力的に描くのも、隆作品の見ドコロの一つなのかも知れない。

    ★3つ、7ポイント。
    2017.03.24.図。

  • 隆慶一郎氏の作品の中では、軽い感じでまあまあかな。

  • 凄い時代小説。恐るべし隆慶一郎。

  • 久々の再読。やはり隆慶一郎は面白い。
    実在した名刀匠山浦環源清麿の弟子で、試し斬り剣術の達人という設定。
    刀鍛冶の思いも描かれていて、隆さんの描写する漢は素晴らしい。

  • 刀鍛冶の弟子鬼麿が、師匠の駄作を遺言により折り捨てる旅に出る。 鬼麿は刀鍛冶だけれど剣客。追っ手・敵を次々に切っていくさまは、痛快。 テレビの時代劇を見ているような気がした。

全34件中 1 - 10件を表示

隆慶一郎の作品

鬼麿斬人剣 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする