あとの祭り 指の値段 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101176345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭いい、顔もまあまあ可愛い、金もある。うらやましい限りだ。でもこの人幼稚な異邦人かも。ウォシュレット歴、私とて人後に落ちないが、この先生、ゲイの気持ちとは・・・と来た。この発想、連想、流石と言うべきか‽先生と呼ばれる人にありがちな世間知らずのお坊ちゃま。
    まぁ、随筆にとやかく言うべきも無しかっ

  • 婚外恋愛。
    倫理に反してもひたむきに愛するということ。
    今の時代はもっと軽い傾向にあるけれど・・・。ふむ。
    形はどうあれ、自分の価値観・定義をみつけるため、
    腹をくくるため、拠り所を求めるため、求めた1冊。

  • 「失楽園」「愛の流刑地」の作者が書いたエッセイ集。
    面白い切り口です。
    「失楽園」世代の人は読んでみたら面白いかも。
    少し古いですが、2004年〜2005年にかけてのニュースについて渡辺淳一が語ります!

全3件中 1 - 3件を表示

渡辺淳一の作品

ツイートする