海の都の物語〈4〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)

著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2009年6月27日発売)
4.17
  • (50)
  • (68)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :465
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181356

作品紹介

1453年、トルコ帝国がコンスタンティノープルを攻め落とし、ビザンチン帝国が滅亡。東地中海の勢力図は一変した。東方での貿易を最大の糧とするヴェネツィアはこの状況にどう対応したのか。強大な軍事力を誇り、さらに西へと勢力を広げようとするトルコ帝国との息を呑む攻防、そしてある官吏の記録をもとに、ヴェネツィアの新興ビジネスである観光事業、聖地巡礼旅行を活写する。

海の都の物語〈4〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 対トルコに苦戦しながらも、持ち前の賢さとスピードで巧みに生き延びていくヴェネツィア。聖地巡礼ツアーの抜け目なさには、呆然とするばかり。しかも悪どさは一切ない。現代人もある意味で見習うべきかもしれない。

  • 四巻目は宿敵トルコの台頭と、ヴェネツィア航路を使った聖地巡礼パックツアーについて。
    合理主義者は根本的な間違いを犯すことがある。合理的に考えて相手がそんなことをするはずがないと思ったことでも相手はすることがあるのである。その事は当時のヴェネツィア外交官が「良識とは受け身に立たされた側の云々することなのだ。行動の主導権をにぎった側は、常に非良識的に行動するものである」と嘆いている。このことはいつの世になっても、外交問題の普遍性を示している。日本の近くのかの国をみればそれがわかる。
    また、ヴェネツィアはその航路と後悔技術で聖地イェルサレムまでの巡礼ツアーを組んでいた。儲けられるところは儲けるのがヴェネツィアのやりかたである。

  • <宿敵、トルコ>
    海洋国家でもなく、キリスト教でもない、規模の違うトルコとの対立。自分たちとはまったく違う相手との問題に、立ち向かうヴェネチアが書かれている。
    P41マキアヴェッリ
    現実主義者が誤りを犯すのは、自分達が合理主義者でリアリストなものだから、非合理的に行動する相手を理解できないからなのだ。

    <聖地巡礼パック旅行>
    読んでいてとても楽しかった。
    旅行の安全性や移動の大変さは現代と違うけど、旅行のワクワク感や観光の感想とかは今も昔もそれ程変わらないんだなと思えた。

    「コンスタンティのープルの陥落」「レパントの海戦」

    2010/11/11読了

  • 第八話 宿敵トルコ
    宿敵っていうか、ヨーロッパは猛獣相手に大変な目にあっている感じです。
    マホメッド二世。残酷で大嫌いですが、結構面白かったです。

    トルコは嫌だけど、カトリックに頭下げるくらいならそっちがまだマシといういギリシア正教徒たち。
    善戦するハンガリー、アルバニア、べネツィア。
    意外とマホメッドと気が合うフィレンツェ。
    マホメッド二世暗殺計画。
    トルコとの講和後、ヴェネツィアから文化使節として送られた画家ジェンティーレ・ベッリーニ。マホメッド二世は彼を大変気に入り、トルコ帝国の騎士の称号と黄金の鎖を与え、その功を謝したそうですが、ベッリーニの帰国の理由とは……。


    と、トルコの怖ろしい状況を知った後で第九話の聖地巡礼パック旅行にはいるので、ほのぼの楽しい内容ではあります(イルカが出てきたり、一緒に旅している気分になります)が、いつトルコに会うかわからない状態。アラブ人もそれに近いものがあります。
    聖地巡礼パック旅行で亡くなったかたもいるし、ドイツに着いたら「トルコに殺されたことになっていた」巡礼者もいました。無事帰国おめでとうございます。

  • 20170822

  • ヴェネチアの敵が変わった。
    陸軍中心のオスマン・トルコに変わるのだから。
    でも、ヴェネチアは巧みに乗り越えてしまい、通商圏を半世紀かけて元に戻したのだから。
    少しずつ都市国家を中心に発展してきた世の中から植民地主義へと向かってゆく。
    ヴェネチアはどう立ち向かうか。
    高校の授業の知識だけでは正確な説明ができないことに気がつく。

  • オスマントルコの登場と、ヴェネチア共和国。

  • トルコが進行してきて、外交やら何やらで対抗する巻。
    でもヨーロッパ内は仲が悪くて複雑。宗教問題も複雑。
    あとは聖地巡礼の話。意外と気配りが行き届いている。

  • カバーの写真が村上春樹に似てるような気がするよ

    1480年といえば、
    花の都と呼ばれるフィレンツェを中心に、ルネサンスの華麗な花をいっぱいに咲かせていた時代。
    一方でヴェネツィアはトルコと戦争中。
    こんな中で聖地巡礼に東地中海を船旅するとは・・・・・・
    同じイタリア半島でも、こう照らし合わせるとまた面白い。
    やっぱり人の歴史は面白いと再認識

  • ヴェネツィアの物語、第4巻。地中海を取り巻く環境は、トルコ帝国が進出してきたことにより一変。今まで安全に航海できた海が利用できなくなる中、いかにもヴェネツィアらしい方策で切り抜けていく。
    聖地巡礼を観光業にまで昇華させる商売根性、脱帽です。ほかの国々とは違う、国のあり方・政治のあり方・商売のあり方。時代時代に合わせた巧みな舵捌きは、どんな事例でも感じることが出来ますね。

全40件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

海の都の物語〈4〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)はこんな本です

海の都の物語〈4〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする