ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)

著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2005年9月28日発売)
3.64
  • (59)
  • (88)
  • (151)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :821
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181714

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローマが帝政になってから約100年。
    カエサルより続く血脈がかの暴君ネロで途絶えた時。

    ローマは大きな危機を迎える。

    1年の間に3人の皇帝が殺され、まさに帝国そのものが崩壊の一歩手前まできてしまう。

    その時、ローマ人はいかにしてこの危機を乗り越え、ローマ史上最も繁栄した五賢帝時代へと導いたのだろうか。

  • 紀元69年の「三皇帝時代」を扱う21巻。血の権威を失った皇帝人事の混乱に乗じて、三人の人物が勢いだけで皇帝となり、争いあう一年を描きます。失敗から学ぶと言いますか、私欲を貪るリーダーと保身に徹し抑止力のない元老院、呆れ果てて無関心になった庶民、という最悪の構図は現代にも通じるものがあります。

  • 失政を重ね帝国に混乱をもたらしたネロが自死した翌年(紀元69年)、ローマには3人の皇帝が現れては消えた。ガルバ、オトー、そしてヴィテリウス。初代皇帝アウグストゥスの血統ではない彼らに帝国の命運が託されたが、傲岸、生硬、怠惰という各人の性格に由来する統治力のなさが露呈、いずれも短期間で破滅した。さらにその間、軍団同士が争う内戦状態に突入し、帝政始まって以来の危機的状況に陥る。果たしてローマ人はこれをいかに乗り越えたのか。

  •  ネロの死の後に皇帝位につくことになった,ガルバ,オトー,ヴィテリウスの3皇帝の物語です。内乱で終始した1年強の時期ですが,アウグストゥス帝の血とつながりを持たず,これまでの「権威」を持たない皇帝が,行き当たりばったりで行動したことによる内乱の時期を読んでいると,統治者やリーダーとしての資質について考えさせられます。何が必要かという冷静な認識と,臨機応変での対応力と言えば簡単ですが,それを実際に身につけて,活用するというのは,組織のトップとして要求されることなのでしょう。また,この時代のいきさつを読んでいると,情報伝達のスピードについても考えさせられます。

     この内乱を,どうやってヴェスパシアヌス帝とその周辺の人々が収拾させ,さらなる繁栄につなげていくかは,次巻以降の物語です。

  • ネロの死後わずか一年半の間に四人の皇帝が即位します。
    最初から最後までドタバタしていた印象です。

    四人目のヴェスパシアヌスはこれからなのでわからないけど、本当に酷いのは三人目のヴィテリウスだけで、ガルバとオトーはついていなかっただけではないでしょうか?

    この前の巻でネロは最悪の皇帝であったけど、暗殺はなかなか実行できませんでした。
    ベネヴェントの陰謀のあと、ゲルマニア軍の二人の司令官がコルブロ同様うまく呼び出され、彼らに忠実な部下達の集まる勤務地から引き離した後で死を命ずるという卑劣なやりかたで殺されました。

    その後ガリアでヴィンテックスの呼びかけでネロの排除を旗印に反乱が起こり、それを鎮圧したゲルマニアのローマ軍団の兵士たちはその時の司令官ルフスに「あなたに皇帝になる覚悟があるなら我々は支援を惜しまない」といいます。反ネロではガリア人と想いをともにしていたのです。

    またドナウ軍団も、実際にはライン河を守る兵士たちより血を多く流しているのに、ライン河のゲルマニア軍団が帝国を守る精鋭との既成概念があり、反発心を持っていたようです。

    このようにあちこちの兵士達がいろいろな思いをためこんでいて、ネロの死によって大爆発してしまったのではないでしょうか。

    この頃のローマは大変な状況なんですが、塩野女史の文だけではなんだかお祭り騒ぎのような印象を受けてしまいます。私だけでしょうか?

  • 初代皇帝 アウグストゥス
    2代目 ティベリウス
    3代目 カリグラ
    4代目 クラウディウス

    と続き、
    5代目ネロの失政で、帝国内は内乱状態となり、

    6代目 ガルバ 1年7ヶ月
    7代目 オトー 3ヶ月
    8代目 ヴィテリウス 8ヶ月

    と短命な皇帝が続く。
    いずれも軍事力を背景に皇帝の座に着くが、後を襲う者によってあるいは殺され、あるいは自死に追い込まれてしまう。

  • ガルバ、オト―、ウィテリウス、ウェスパシアヌス。

  • 危機があっても総崩れにならないところがすごいな。踏ん張れるのは頭で考えているからか。

  • Nero帝の治世からNero帝死後の混迷の初期まで(Galba、Otho)。

    自壊する帝国という名にふさわしい混迷っぷりである。

  • 皇帝ネロの失政の後、ローマは混乱を極める。1年間の間にガルバ、オトー、ウ”ィテリウスと3人の皇帝が現れては、それぞれ殺害されて消えた。ローマ帝国の中は内乱状態で同士討ち状態。それぞれの人物とも皇帝になるまでは何らかの大義や名分があって就任したものの、その後帝国をどうするのか、混乱状態をどう回復させるのか、ビジョンが欠けていた。また変化に対して柔軟にスピーディーに対応する姿勢も欠けていた。現代にも共通する課題が浮かび上がる。

全56件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする