知ろうとすること。 (新潮文庫)

  • 新潮社
4.18
  • (260)
  • (249)
  • (100)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 2071
レビュー : 289
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101183183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • kindle版が出たので購入。面白かったです。特に宇宙の話とか。高校生の上娘にも読ませました。

  • 3.11後の福島県において内部被曝の状況などを調査、分析して発表してきた早野氏と糸井氏の対談。事象に対するこころの対峙の仕方に科学的アプローチを取り入れる事の意味を分かりやすく伝える。気を付けるべきは事実ベースだからいつも正解なわけではなく論点の整理と合わせた事実ベースのモノの見方を意識すればメディアが煽る情報に距離を置ける、ということ。

  • この本は一般向けに書かれているけど、科学者向けの科学コミュニケーションの参考書として読んでもらう方がいいかもしれない。

  • 東日本大震災が起きた日、自分は愛犬の待つ家に早く帰りたくて
    職場から歩いて帰りました。
    携帯のバッテリー消耗が不安でセーブしつつ使って、帰宅してからはテレビをつけっぱなしでずっとTwitterを見ていました。
    だから、糸井さんが「ぼくはテレビをつけっぱなしにして、ツイッターに一日中張り付いてました。」というのにはとても共感しました。
    なにが本当なのか、自分には知識がなさすぎてわからない。
    いろんな人がいろんな立場からいろんなことを言っている中で、
    冷静に事実だけをツイートしているというのは心強く感じます。
    「安心して」というのではなく事実をひたすらツイートするというところが信頼されたのでしょう。

    震災後から、原発についての話も政治と近いタブーさや派閥の様相を呈してきました。
    早野さんが勉強会で話すときにも、「原発に反対なのか、賛成なのか。まずそれを明らかにしてくれないと話は聞けない」という方がいるそうで
    なんだか複雑な気持ちになります。

    早野さんがご自身のご病気や実験の経験から被ばくのリスクについて真剣に考えたことがあったというエピソードに
    説得力がありました。
    核分裂で降ってくるフォールアウト(放射性降下物)は、広く薄く散らばるのではなくごろごろと地上に粒で残る、しかし洗い流せば落ちるというのは知りませんでした。
    医療被ばくと事故による被ばくは同列には扱えないけれど、体にとってはどちらも同じ被ばく。
    確かに全くそのとおりです。
    だからこそ被ばくのリスクを個人の事情に合わせて考えることが重要、というバランス感覚が素晴らしいと思います。

    当時、大学の物理学科の学科長をされていて、授業をどうするかというときに
    校舎が壊れて授業ができないという東北大生を
    東京近辺の人は4月は東大の授業を受けられるように手配するというのも先生の人柄や感覚を表わしているのだろうなと思いました。
    東大の工学部が4月は授業をしない、理由ははっきり言わないけれど、原発でさらによくないことが起こった場合に、首都圏が混乱に陥る可能性がゼロではないという認識を持っていたから、というのはぞっとする話です。
    当時東大の工学部がそういう認識を持つような状況だった。自分はただ不安に思いながらも日常を送っていたときでした。

    ショッピングセンターで内部被曝を計測してその結果を記者会見しようとしていたとき、
    その結果の数値がおかしいと気がついて止めたというのが本当にすごいです。
    止められて待ってくれたというのもすごいです。
    もし誤った数値のまま被爆してるとして発表されていたら、福島への風評被害ももっと恐ろしいものになっていたことでしょう。

    早野さんが文科省に「給食まるごとセシウム検査」を提案したとき、文科省が「測ってみて、もしも給食からセシウムが出たらどうするんだ」と拒否したというのも
    とても怖い話です。
    それで諦めずインターネット上でアンケートをとって保護者の大多数が検査に賛成だということを証明して、
    まずは自腹で始めたというのも早野さんのすごいところ。

    5万円の財布のたとえは目からウロコでした。
    6000円使って残り4万4千円。
    使いたければ使ってもいい。
    一年5万ベクレルは被爆しても良いという考え方。
    確かにこれは全員に「5万ベクレルまでは食べて安全」と伝えるものではなくて
    アルコールを控えろと医者に言われた患者が
    「晩酌のビールをコップに1杯だけなら?」
    と訊いてきて、医者が
    「薦めないけどまぁそれくらいならしょうがないね」
    というような、医者と個人の間の話というたとえに
    とても納得しました。
    その人が親しんできた食文化を否定するほどの量じゃない、という考え方が
    本当にそこで生活している人のことを考えています。
    山菜や野生の猪を食べるなというのではなく
    「ここまでなら食べていい」というやり方。
    とてもそこで暮らす人たちに寄り添っています。
    いままままでの生活を続けたいという欲求と、今事故が起きてしまってそこに危険物があるということとの間でどうやって折り合いをつけるか。

    「マーケットバスケット」というやり方で食料を検査していて数値がかなり低かった。
    だから政府の委員会で、「別に500ベクレルのままでもいいんじゃないか。規制値を100ベクレルにしなくても、いま流通している食べ物は十分安全」と発言した方が叩かれた、というエピソードも、複雑な気持ちになるものです。
    1キログラムあたり100ベクレルというのは、世界的に見てもとても低い規制値です。
    でも、国が不正をしようとしているかのように叩かれていました。
    実際規定が厳しくなったときに、日本人はそれを真面目に守るというのが、日本人らしく感じます。
    基準が決まったなら厳密に守って、そのためにみんなが努力した。
    これは本当に、確かにすごいことです。

    ガラスバッジの話も詳しく知らなかったので興味深かった箇所でした。
    実際にそこで生活している人に1時間ごとの線量がわかるD-シャトルをつけてもらうというのは
    大変良い案だと思うのに、線量を空間や地面で測って国が管理するのではなく、個人で管理させるのは
    国の手抜きだと当時は叩かれた。
    でも、空間線量だけでは原因をつきとめることは難しいでしょう。
    例えとして、自分の子どもにつけたガラスバッジの線量が高いと、両親は外が危険だと思い
    通学路の線量が高いのではと車で送迎し、外出しないようにと子どもに言う。
    しかしD-シャトルで測ってみると、実は家にいるときの方が線量が高いことがわかり
    屋根の除染が不十分だったことがわかるという話がありました。
    二週間の1時間ごとのデータを見て、数値が高いけれどこのときはどこで何をしていたか、
    低いときはどこにいたかをチェックしていくことで
    原因を見極めることができます。
    このD-シャトルも、開発メーカーに掛け合い、開発されていなかったデータ読み出しソフトを作ってもらい
    自腹で50個購入してスタートさせたというのですから
    驚きです。

    一年間記録できるガラスバッジの代用品として使っている人に、1時間ごとのデータを読み取れるソフトをメーカーの人が渡したけれど誰も使わなかったという話も
    怖いなと感じます。結構人間はそんなところがあるものでしょう。
    使う人の意識次第なのです。

    それと近いもので、
    きちんと測定してデータが十分にあるからこそ安全だと断言できる状態と早野さんたちが確信していても
    データが嘘だと言う人もいます。
    耳を塞いでいて聞こうとしない。そんな人たちにはいくら良かれと思って話しても伝わらないどころか
    騙そうとしているとすら思われてしまいそうです。

    ベビースキャン稼働時の記者会見で早野さんが「これは科学的には必要のない機械です」と言ったのが
    糸井さんの印象に残っているそうですが、確かにそのとおりです。
    科学的には子どもは安全なのですから。

    ホールボディカウンターって4トンもある鉄の箱で、
    その中に赤ちゃんを寝かせて測ると不吉な感じになる。
    測るだけならイメージはどうでもいいし、
    もっと言えばハリボテでも構わないくらいなのに
    この機械が何のために必要なのかをきちんとわかっていた早野さんは
    測って、お母さんたちの抱えた心配を取り除くのが理由だから
    っていうことが重要。だからデザイナーが必須だと思い
    優秀な工業デザイナーを口説いてくる。
    行動力と判断力が素晴らしいです。

    高校生をジュネーブへ連れて行ったという話も同様です。
    外国の人にとっては、「生きている人間が福島から来た」というインパクトがあった点、
    そう思われていたことの複雑さと、高校生たちが参加した意義を感じます。
    このときの発表を広げていって、「高校生線量計プロジェクト」に発展させるというのも素晴らしいです。
    「世界の他の地域と比べて、福島はこんなに放射線量が低いから安心」という結果を導くためのものではなく
    同じ装置で同じ測り方で世界中の高校生を測ってみて、そのデータを高校生がどう分析してどう結論づけるか
    という未来に向けてプラスになる研究としてのプロジェクトであるところが重要です。

    歴史を振り返っても、なにか酷いことがある度に思うことは
    人の愚かさと人の素晴らしさです。
    とんでもないことをする人もいれば、酷い状況の中でも地に足をつけている人もいる。
    早野さんのような人たちがいるからこそ、そこで立ち止まらず人の世界は続いていくのだと思います。
    なにかあったとき、自分の専門分野を生かして冷静に動けるような人間で
    自分もありたいと感じました。

  • 東日本大震災による、福島第一原発について知らないことが多かったと思った。これは私が「知ろうとすること」を怠たったからだろう。

    この事故に関係のある人にとって、この事故はとても大きな影響を与えた。そこにおける科学のあり方、伝え方が問われており、また人々が科学をどうとらえるべきか考えさせられた。

    科学は人々の科学感を知るべきで、表現方法を考えなけらばならない
    人々は科学のスタンスと最低限の知識があるだけで不安は軽減されるだろう。

    科学的に安全だといわれていても、やはり不安、心配は絶えない。これを解消するには一人一人が「大丈夫だよ」ということその弱い力が大事なのだろう。

    もうひとつのあとがきより
    自分が参考にする意見
    ・よりスキャンダルでないほう
    ・より脅かしてないほう
    ・より正義を語らないほう
    ・より失礼でないほう
    ・よりユーモアのあるほう

  • 震災後から2014年くらいまでの早野さんの活動と結果がよくまとまっています 「マイナスをゼロに、そして未来に」つなげていく仕事を着実に積み重ねていく早野さんの姿勢に心を打たれますし、これを「尊い行い」と言うのだな…と感じました。当時の混乱した状況のなか、早野さんは地道に着実にデータを集め、根拠をもって安全だと言えるようにしただけでなく、住民たちの心に寄り添い「安心」をも確保していきました。データを提供するところまでは科学者の責務と言えると思いますが、人々の安心というものはもっと先にあるものです。科学だけで解決できない問題に、科学者としてどう関わっていくべきかについて非常に多くのヒントをもらいました。

    福島の現状についてあまり知ろうとせずに生きてきましたが、データの蓄積の結果いまわかっていることをまとめて知る機会になったのもよかったです。住民の内部被曝も外部被曝も、流通している食べ物の線量も全国の他の地域と比べて全然問題ないと言える根拠がすでにあって、査読論文も出ています。

    差別や風評被害をゆるく生きながらえさせてしまうのは、少し離れたところにいて、知識が震災直後の煽り記事の印象のまま止まっている人たちなのではないかと考えました。無意識のうちに差別に加担したくないのなら、知ろうとしなければならない。これは他のあらゆる差別、偏見にも当てはまるように思います。

    本書には、あるものごとについて詳しい人とそうでない人が建設的に歩み寄るにはどうしたらいいか、についてのヒントがちりばめられています。科学技術と社会のさかいめで何が問題となるかとかにもちゃんと触れられています。科学コミュニケーションに興味がある人にもおすすめ。対談形式でさくっと読めるし430円+税だし全人類におすすめです。

  • 対談をまとめた感じの作品のためか、
    最初は福島の原発の話をしているのですが、
    後半は早野さんの研究の話や化学の話になっていました。

    最初の方の話がシリアスなテーマなだけに
    「何を知ろうとすること」がこの本の主題なのか
    と思いましたが、結果的には、気になることは
    「掘り下げて知ろう」という話だったのかなと思いました。

  • 来月福島に行くので、その準備の一環として読んだ。事実との向き合い方を教えてくれる。
    新幹線の中かどこかで、もう一回読む。

  • 津波は人ごとではないと思った。海辺に住む人間だから。けれど放射能のことは、身近に感じていなかった。
    3.11 あの津波を忘れてはいないけれども、原発のことは考えてもわからないから、考えるのをやめていた。
    あれから6年。もう一度確認してみたいと思った。読んで良かった。

全289件中 41 - 50件を表示

知ろうとすること。 (新潮文庫)のその他の作品

早野龍五の作品

ツイートする