知ろうとすること。 (新潮文庫)

  • 新潮社
4.18
  • (260)
  • (249)
  • (100)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 2071
レビュー : 289
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101183183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学者にとっての科学と、その他の人にとっての科学って違うのだろうなというのが興味深かった。

  • 原発事故後の放射線の影響について、糸井重里さんと東京大学大学院理学系研究科教授の早野龍五さんの対談。
    福島原発の事故について知りたいと思った素人に、取っ掛かり易く二人で説明してくれている。
    三回読んだけど理解したかどうか怪しい。

  • 東日本大震災の直後の早野氏の冷静なツイッターを元にした内容。推測や感想ではなく、事実を淡々と伝えることの大切さと、多くの推測に惑わされないことが重要という話。

  • 我々の体には、138億年前の水素が入っている。それから地球誕生前にできたか理由も40も入っている ウランは半減期が44億6,800万年。つまり長い時間をかけて最終的には鉛になる 遠くにいて、ニュースだけでしていることと、実際の現場は全くかけ離れていることもある 人というのは、面白いもので、野次馬と言うやつを心の中に飼っています

  • 震災後の放射線被曝に関する、事実の捉え方を科学の視点から教えてくれる本。

  • 糸井さんと物理学者である早野龍五さんとの福島第一原発事故後の放射線に関する対談。
    放射線に対する数値やデータで表される"まったく問題ない"という科学的な事実と「そうは言っても」という非科学的な身体的反応。どっちも自分の中にある。どっちもわかる。

    "だから、そういう、風評被害とか、差別につながりそうなことを、自分もやらかしそうだという自覚をしっかり持ったうえで、できれば大切な判断のときには「汚れてないなら一番上の本を買う」という行動を取りたい"

    そのためには「知るということ。」が大事。

  • 知ろうとすることが大切。知識がないと考えることもできない。福島原発の事故後、ひたすら事実を分析し発信し続けた物理学者・早野龍五さんと、糸井さんの対談。人間の体を構成している水素は、宇宙が始まった時にできた水素、という話が好き。お星様のかけら。

  • 早野氏の誠実なツイッターから端を発した糸井氏との対談.福島の原発事故の被曝の実態がよく分かる.さらに科学とはというところまで話は膨らんで,青少年たちの学びということなどにも触れていて,興味深かった.

  • 何が分かっていて、何が分かっていないのか。正しく報じるための示唆に富んでいる。311を越えて。

  • 早野さんがされていたことで、Twitterで読み流していたことの全体像が見えた。
    糸井さんの表現力って今さらだけどやはりすごいなと思った。

知ろうとすること。 (新潮文庫)のその他の作品

早野龍五の作品

ツイートする