定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)

著者 : 三戸祐子
  • 新潮社 (2005年4月24日発売)
3.67
  • (29)
  • (50)
  • (78)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :430
  • レビュー :69
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101183411

作品紹介・あらすじ

電車が2〜3分遅れるだけで腹を立てる日本人。なぜ私たちは"定刻発車"にこだわるのか。その謎を追うと、江戸の参勤交代や時の鐘が「正確なダイヤ」と深く関わり、大正期の優れた作業マニュアル、鉄道マンによる驚異の運転技術やメンテナンス、さらに危機回避の運行システムなどが定時運転を支えていた!新発見の連続に知的興奮を覚える鉄道本の名著。交通図書賞・フジタ未来経営賞受賞。

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  日本の鉄道は、世界で最も時刻が正確であると言われている。鉄道関係者に取材をしてかかれたドキュメンタリー。

     日本に鉄道が来る以前、江戸時代においても、寺社の役割として時を告げる鐘をならしていた。日本人には、一般の人々にも、時刻に対する感覚が養われていたのではないかと筆者は推測する。

     また、鉄道開業後の日本の地理的要因、街道沿いには比較的短い間隔で宿場町があったこと、そのため鉄道の駅間が短くなり、各駅間をおおよそ決められた時間で走らねばならない状況にあったのではないかと考えられる。

     現在、網の目のように張り巡らされた大都会での鉄道網は、一度どこかで列車が止まると、それが、他の路線に大きな影響を与え、たちまちダイヤに乱れが起こってしまう。
     日本の鉄道マンの、列車を遅らせないための技術は、運転士の秒単位での運転技術に、万が一にもトラブルを起こさないようにするための保線や、メンテナンスなど、様々な役割の人たちが、そのなかで最善の仕事を果たしている。

     非常に細かく調べられている。平成13年に単行本として書かれたものだが、その後、運行上のコンピュータサービスの進化、ICカードサービス、インターネットを使った顧客サービスなど、かなりのサービス向上がなされている。
     その反面、残念な事故も起こっている。鉄道の利便性をあげることも大切ですが、利用者は当たり前のように定時運転がなされている裏で、多くの鉄道に関わる人々がしている仕事について考えてみてもよいのではないかと思う。

  • 発売されてすぐのときに書店で見かけて以来気になり、手元に置いてあったものの長らく本棚の奥で眠っていた本書。タイトルが直球だし肩の力を抜いて読めそうとおもって選択したところ大正解だった。
    近年、海外の職人や技術者などを日本に招いて日本の技術水準を紹介するようなテレビ番組が量産されている影響か、「日本の鉄道の正確さ」はいまや定番のネタとなった感がある。ただ本書はそうしたブームにかなり先んじて書かれたこともあってか、安易な日本礼賛といった論調にはなっていない。また「鉄道の正確さ」の解説となると技術面ばかりに注目が集まりやすいように見えるけれど、これだと「なぜ」という問いの片面(つまり"How")を説明するものにしかなっていない。そしてもう一方の側面(つまり"Why")については、「国民性」などの単語で片づけられてしまいがち。本書はこの"Why"の問題、つまり正確な鉄道が日本に根づいた経緯をいろいろな視点から検討しており、この点こそが最大の特色と言える。
    とりわけ鉄道が日本にやってくる明治以前の、江戸時代の段階から正確な鉄道を作り出す環境がかなりの部分準備されていたという著者の観察は大変興味深い。たとえば江戸時代の交通は基本徒歩移動であり、人が1日に歩ける距離ごとに宿場が設置された。このため日本の都市は人が歩ける間隔で、鈴生りになって発展したという(例:東海道五十三次)。このような環境に鉄道を敷設すれば、近隣の都市に出かける短距離の需要が生まれやすくなる。すると駅間も短く設定されるので、運行管理をきめ細かく行う必要が出てくる。また短距離の移動となると、利用者は頻繁運転を求めることになる。というのも次の列車までの待ち時間が長いなら歩いた方が早い、となるから。こうした事情が、緻密な運行計画をつくる動機づけになっているという。また江戸時代には、鐘によって人々に時刻を知らせる「時鐘システム」が全国レベルで成立しており、当時から人々はある程度の時間感覚を持って生活していたという(ただし当時は「不定時法」)。さらに江戸時代には参勤交代の旅程を組むための「旅程ダイアグラム」が存在したことなども紹介される。このような事実に触れつつも、著者は「これらの事情のために正確な鉄道が出現した」などと結論を急いだりはせず、あくまで慎重。もちろんこれは定時運転が出現するための土壌を説明するものでしかない。とはいえ、定時運転の背景を説明する試みとして本書の視点は新鮮に感じられる。
    「日本の定時運転」について、本書の説明をまとめると大体以下のようになる。

    1.日本の鉄道は駅間が短く、さらに需要が一時期に急増した
    2.需要を捌く方法として、さまざまな事情からどちらかというと設備の増強よりも頻繁運転に重心が置かれた
    3.頻繁運転をするには秒単位での運行管理が必要
    4.逆に、もし運行管理が杜撰だとたちまちダイヤが乱れてしまう
    5.頻繁運転をしているときにダイヤの乱れを放置するとダイヤの乱れはたちまち拡散し、鉄道システム全体が機能停止してしまう
    6.以上のような理由から、鉄道事業者が輸送需要に対応するためには事前の緻密な運行計画が不可欠

    定時運転について著者は、まず鉄道事業者の側にその必要があったとする。この主張は豊富な事実とともに展開されているので、大変明快で説得力がある。少なくとも「国民性」「お国柄」などの単語で片づけられたりはしないので、論としての緻密さの面でありがちな説明とはまるで比較にならない。
    本書の特色をもうひとつ挙げるなら、"How"の問題、つまり技術面についての解説をしつつも、マニアックな話題に終始していない点だろう。この手の解説は得てして、運転士の職人技などの紹介で終わってしまいがちである。本書にもその手の記述は見られるものの、それは全体のごくわずか。本書では定時運転を支える技術の基礎を説明することに重心が置かれていて、細かな知識やエピソードの羅列といった調子にはなっていない。とりわけ6章は、鉄道にかぎらずリスク評価全般についての入門的な解説としてもそのまま通用するのではないかというほどに、大変読みやすく書かれている。
    本書が発売されたのは10年以上前であり、いま読むと技術的に古臭く感じられる記述もそれなりにある(将棋の人工知能の下りなど)。とはいえ、全体としては意外に古臭さを感じさせない内容だとわたしは感じる。おそらく目先の技術ではなく、あくまで基礎の解説に徹したことが奏功しているのだろう。そういうわけで、本書は鉄道について最新の細かな技術を知りたいという人にはまったく不向き。あと難点を挙げるなら、記述にかなり重複が見られるので、文章がやや冗長で散漫さもある。ただ重要な論点がその都度くり返されるので鉄道に不案内な人にも親切、という擁護は一応可能だろう。
    最後にすこしだけ余談を書いておきたい。本書の発売日は2005年4月24日だが、その翌日にJR福知山線の脱線事故が発生している。この事故の背景について、運転士が列車の遅れを無理に回復しようとしたのではないかとする説が言われ、定時運転への懐疑が実体化したように感じた記憶がある。本書の後半では、定時運転が鉄道員や乗客の犠牲のもとに成立してきた側面が指摘されている。著者は定時運転をただ礼賛しているのではない。その意味では著者の懸念する先に事故があったと言えなくもないけれど、あれだけの惨事をこんな見方ひとつで片づけてしまえるものでもないだろう。著者がこの大事故を予言できるはずもなく、技術面についての本書の記述はいくらか楽観的に見える。しかし時期が時期なだけに、発売されたばかりの本書を書店で見かけるたび「偶然とはおそろしいなあ」と感じたことが鮮やかに思い出される。これは決して「よい偶然」などではなかっただろう。事故に便乗した本ではまったくないにもかかわらず、発売時期のためにそのように見られもしたのではないだろうか。そのためにずいぶん損をしているのではないか。事故から10年以上経過し「日勤教育」などの単語が忘れられようとしているいまだからこそ、逆にそんなことを感じてしまう。
    また本書の発売から現在までのあいだには、東日本大震災の発生とそれに伴う首都圏の計画停電もあった。鉄道各社は運転を大幅に間引かざるを得なかった。この定時運転どころではない未曾有の事態に直面しながらも対応できたのは人間の手による仕事があったからに他ならない。著者もあとがきでこのように書いている。

    「どんなに作業の機械化が進んでも、どんなにコンピュータ化が進んでも、巨大システムの仕事には必ず人間の手を動かす仕事が残る。人間のテンポに合わせてシステムを組むことが、何よりも求められるのではないかと思う」

    「鉄道はいつも正確に運行されるもの」という常識のあり方を根底から覆すような事態がこの10年あまりで少なくとも2度は起こっている、という現実をあらためて振り返るとき定時運転はこれからどうなっていくのか、そしてどうあるべきなのか、と考えずにはいられない。わたしは技術に関しては割合楽観的に考えていて、技術によって困難は克服されていくと信じている方だとおもう。一方で人間の手による仕事の結果が如実かつ対照的に現れたこれらの事態を前に、いまの技術はどこまで進んでいるのか、そして技術でどこまで克服できるんだろうか、という疑問もある。
    10年前以上も前の本なのでいろいろ古さを感じさせる部分は当然あり、この内容をアップデートしたらどうなるかなとおもったりもしたけれど、「日本の鉄道の正確さ」を取りまく話題についてじっくりと考える機会を提供してくれたという点で、総合的には実りの多い読書になったと感じている。

  • おもしろかった!
    鉄道の見方が変わったな。

  • 日本のすぐれた定時性は、回転率を極限まで高めていることの裏返しという指摘はもっともだと感じた。(良くも悪くも)日本の鉄道が上下一体・独立採算で運営されていることで、高い効率性が達成されており、それを実現するに至った文化的背景や技術にも触れられている。

  • 斉藤孝推薦。

  • 日本の鉄道は何故正確なのか?

    鉄道マニアなら一度は思うであろうそんな「謎」を、マニア的な視点からは程遠い、驚くべきアプローチにより解き明かした1冊。
    「何故正確か?」の前に「何故正確さを求めるか?」という問いを喚起し、鉄道開業以前の日本社会にその起源を求めた手法は、まさに驚愕の一言。目からウロコ、とはこのことです。

    システムの冗長性、あるいは運転司令室の緊迫感についての記述も、マニアではない作者の筆によるからこそ、分かりやすくかつ説得力を持って読者に伝わってくるのだと思います。

    ちなみに、文庫版あとがきが書かれたのが05年3月、出版されたのは5月。その間にあの尼崎事故が発生しています。
    もし、本書が世に出るのが数ヶ月遅ければ、果たしてどんな内容になっていたのでしょうか…

  • 新書文庫

  • 日本の鉄道の正確性を江戸時代にさかのぼって丁寧に記述した金字塔的な1冊。後半には、その正確性を絶賛する一方、正確すぎる時刻表に対しての疑問も指摘されており、バランスのとれた一冊だ。

  • 一部で"神アプリ"と言われているYahoo!路線検索の責任者からプレゼントされた本。日本の鉄道の"定刻運転"はまさに神レベルらしい。なぜそうなったのか?それを考察するのがこの本である。

    本書ではまず日本の鉄道の定刻運転がどの程度精巧なものなのかを解説する。曰く「もし定刻運転のオリンピックがあったら日本は万年金メダル」とのこと(笑)。すごいレベルだ。

    続いて、核心である「なぜ?」に迫る。ザクッと書くと、歴史・文化的背景と、近代日本の急激な都市化に要因があるらしい。歴史・文化的には、まず参勤交代の正確な運行があるらしい。かつ江戸期の日本は寺の半鐘が数十分ごとに時報をする"時鐘"の制度が確立されていてどの階層でも時間感覚に鋭く、ペリーは「日本は時鐘がうるさい」と回想しているほどだったそうだ。

    もう一つの要因は、文明開化、富国強兵といった開国後の日本政府の方針により鉄道もどんどん延長されて行き、かつ東京や大阪など大都市圏への人口の集中が増し都市機能が集約化されるに至って鉄道網の精密化と正確さが増した、あるいは、人の移動を司る鉄道が正確さを増したが故に都市の集積化、大規模化も可能になったという相関性があるらしい。なるほど、深い。

    本書はその後、その定刻運転の具体的技術の解説に没頭していくが、さすがに私は読み飛ばしてしまった。。そして、最終章は、日本の鉄道の未来。結局、技術というのはその時代、時代の要請に応えるものであり、完璧とも言える定刻運転の技術は都市化の増大と日本人に画一さやせっかちさをもたらした。そういった生活のリズムや価値観が今後、社会の成熟化に伴い、"個別化"や"ゆとり"の方にシフトしていくと、自ずと鉄道の技術もそちらの方にシフトしていくだろう、ということを最後に予測している。その兆候はまだ見られない気もするが、これからは十分に考え得ることのような気もする。

    何れにしても、部下がプレゼントしてくれなければ、絶対に読まなかったような本。こういうセレンディピティーは嬉しいものだ。電車のに乗っだ時の目も変わること間違いなし。

  • 国民性なんて短絡的な言葉ではなく、調べあげた感がいい。
    江戸時代に既にダイアグラムがあったとは驚き。

全69件中 1 - 10件を表示

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)のその他の作品

三戸祐子の作品

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)に関連する談話室の質問

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)はこんな本です

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする