こわくない物理学―物質・宇宙・生命 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.18
  • (0)
  • (5)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101189413

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物理学者の視点から見える生命の姿に新鮮な思いを抱いた。

  • 宇宙物理、素粒子物理、アトムなどの哲学的な物理まで網羅した一冊。が、数式とは無縁なので誰でも手に取れそう。

  • 科学は、全体を部分に分解し、その部分の総和として全体を理解しようとする要素還元主義を基礎としてきた。しかし、「要素還元主義では全体を理解することはできない」というのは、最近よく指摘されるところだ。
    例えば、生物は分解すれば、炭素や酸素、窒素という物質レベルに分解することができる。しかし、この物質を組み合せても、生命が吹き込まれなければ、生物にはならない。では、この「生命」とは何だろうか。本書では「外界から物質やエネルギーを摂取したり放出したりして、成長、自己複製する性質をもつもの」と定義しているが、大事なのはその性質はどこから生まれるのかということである。
    東洋思想では、この地球そのものが一つの生命体であると説く。さらに、宇宙そのものが一つの生命体と説く。宇宙から地球が生まれ、その地球は生命を生み出すメカニズムを持っていた。こう考えるのが合理的ではないか。

  • 読みやすい。
    以前、観察結果は観察者に左右されるという話を見て、その理由にようやく納得しました。

全4件中 1 - 4件を表示

こわくない物理学―物質・宇宙・生命 (新潮文庫)のその他の作品

志村史夫の作品

ツイートする