トワイライト・シャッフル (新潮文庫)

著者 : 乙川優三郎
  • 新潮社 (2016年12月23日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101192284

作品紹介

房総半島の海辺にある小さな街で生きる居場所を探し立ちつくす男と女。元海女、異国の女、新築に独り暮らす主婦、孤独なジャズピアニスト。離婚後に癌を発症した女は自分で自分を取り戻す覚悟を決め、ヌードモデルのアルバイトを始めた郵便局の女は、夜の街を疾走する……。しがらみ、未練、思うようにならない人生。それでも人には、一瞬の輝きが訪れる。珠玉としか言いようのない13篇。

トワイライト・シャッフル (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巻末の解説で小手毬るいさんが書かれていましたが、小説はどんなストーリーか、どんな結末か、ということよりも、どんな表現で人物や世界ををするかが本当に大切なのだと身に染みて感じた。

    乙川さんが直木賞を受賞した際、真っ当なことを全うに書くことは容易にできることではないと選評した選考委員がいたのを思い出した。
    本当にその通りだと思う。

  • 房総半島が舞台なので、千葉出身の私としては親近感を覚える設定でした。20代半ばまで夏になるとよく御宿や館山に行っていたなぁ。

    各物語の主人公はどれも私がかつてそうだったようなキャピキャピ(死語?)した海水浴客では無く、もっと大人の男女。地元で生まれ育った元海女だったり、夏の間そこのホテルで働くピアニスト、身勝手な夫が出て行ったあと大好きな本と酒に囲まれて過ごす女など。

    なかなか魅力的な人物たちが出てきます。特に個人的に好きなのは「サヤンテラス」に出てくる哲生。インドネシアでイギリス人旅行者の女性と出会い、日本で結婚し房総に移り住んだ哲生は話し方が魅力的。ユーモアのセンスがある人っていいですね。

  • 13編の短編小説。房総半島の小さな町で何かを見つけ、あるいは別れを告げる男と女たち。ありえたかもしれない自分を想う。人生後半を差し掛かろうとしてる主人公が多いことから大人の小説のように思う。

  • すっかり現代作家に変身した乙川さん。
    外房の街に暮らす人々を描いた短編集です。
    解説で小手鞠るいさんは「何が書かれているか」では無く「どう書かれているか」に興味があると書かれていますが、たしかに乙川さんの作品はそんな感じがします。
    練って練って、時に練りすぎて難解に陥る傾向もある様で、終盤でちょっと息切れ。でも最後の作品はスッキリとした良い話でした。

全6件中 1 - 6件を表示

トワイライト・シャッフル (新潮文庫)のその他の作品

トワイライト・シャッフル 単行本 トワイライト・シャッフル 乙川優三郎

乙川優三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ピエール ルメー...
宮部 みゆき
原田 マハ
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

トワイライト・シャッフル (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする