幽霊の涙 お鳥見女房 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.93
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101194349

作品紹介・あらすじ

家督とお鳥見役を継いだ珠世の長男、久太郎に密命が下る。かつて父と夫も務め、二人のこころと家族に深い傷を残した、あの陰働き。他国の不穏な動きを探る久太郎は消息を絶ち、行方知れずに。留守を預かる珠世と嫁の恵以は不安が募る。そんな矢島家をあの世から心配したのか、一回忌を迎える久右衛門が幽霊になってさまよっているという。家族の情愛の深さと強さを謳う、大好評シリーズ第六弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々のお鳥見女房。いつも、読んでいる時も、読み終わっても、心がホッとする好評シリーズ。
    娘に「胸が張り裂けそうに悲しいことでも、十年たてば思い出になるものですよ」と、語りかけるやさしさ、常に「あきらめてはならぬ、前を向いてさえいれば、物事はよいほうへ動いてゆく」を心持としている、主人公珠世のキャラクターが魅力的。時代物だからこそ描けるホームドラマといえようか。

  • シリーズ4作目。前作が2008年だそうなので6年ぶり。相変わらず色々なことが巻き起こる一家。それをしっかり者の女房が受け止めて前に進んでいく。長男の初めての仕事。それぞれの恋に妊娠。決して楽しい話ばかりではないのですが、この家族をずっと見ていたくなります。

  • 68

全3件中 1 - 3件を表示

幽霊の涙 お鳥見女房 (新潮文庫)のその他の作品

諸田玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする