岩合光昭のネコ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.47
  • (20)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101198248

作品紹介・あらすじ

ネコがのんびり暮らしている町は自然も優しく人々も穏やかだ。1988年沖縄から始まったネコ歩き。日本の多様な気候と風景に溶け込むネコたちを動物写真家第一人者の著者が12年かけて47都道府県を撮り歩いた決定版。子ネコは甘え、親ネコは可愛がり……。寝転んだり、空を見上げたり、表情豊かな写真は心をなごませる。ネコはやっぱり天才です! 雑誌『猫びより』人気連載から厳選収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岩合さんが10年以上をかけて、
    日本全国、北から南までネコを追いかけた一冊。

    沖縄から始まって47都道府県を一回り、
    ひたすらに、猫・ねこ・ネコと、日本の風景。

    鮮やかに変わっていく日本の春夏秋冬の中、
    様々なネコの表情を、素敵につかんでいる岩合さん、

    ネコはどこでもネコなのだ!、なんて。

    くるくると変わるその表情、
    そんな変わらないネコ達がただ、愛おしいです。

  • やっぱり、岩合さんの撮る猫は最高!

  • 岩合さんが撮るネコたちは、いつもちゃんと意思を持ってる目をしてる。決して創られた可愛さではない。切りとられた一場面から彼らの言葉が饒舌に伝わってくる不思議。

  • 全国津々浦々の猫たちの写真集。
    嬉しいことに中山参道のニャンコも載っている♪
    どの猫もよい表情しているね~さすが岩合さん。
    癒されます(*^_^*)

  • あんなポーズ、こんなポーズ…特別に見せちゃう(ハート

    配置場所:2F文庫書架
    請求記号:645.7||I 92
    資料ID:C0035972

  • タマタマ見た「世界ネコ歩き」がきっかけで、「ネコさまとぼく」を買ったつもりで本書を購入という偶然が重なっての読了となった。文庫版の写真集だがネコの可愛らしさと撮影者の愛が伝わる良い本だ。各写真のキャプションも思わず微笑みが浮かんでくる。

  • 最初から最後のページまでみんなかわいい…(*´д`*)

  • あっという間に観賞。
    やっぱり岩合さんの写真が好きだ。

  • あんまり本も写真集も手元に置いときたい欲はないんだけど、これは欲しい。
    私も山のように猫写真(あいほんで撮る程度)があって、猫友達のメールに一方的に送りつけてる。LINEきらい、メールの人限定。

  • 頂いたネコ写真集。たしかにジャンプしてるやつがイイね!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950 年、東京都生まれ。イヌやネコから世界の野生動物まで、地球に生きる動物たちの撮影を続ける。

著書に『いい猫だね』『岩合光昭×ねこ旅』(山と溪谷社)、『見上げてごらん、朝のネコを』(朝日新聞出版)、

『こねこ』『吾輩はねこである 名前はベーコン』『パンタナール』(クレヴィス)、『スタンド・バイ・ニャー』(辰巳出版)

などがあり、NHK BS プレミアムでは『岩合光昭の世界ネコ歩き』を放送中。

DVD に初監督作品・映画『ねことじいちゃん』(KADOKAWA / 角川書店)がある。

「2021年 『ボス猫写真集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩合光昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦しをん
タムシン・ピッケ...
米澤 穂信
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

岩合光昭のネコ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×