パリこれ!: 住んでみてわかった、パリのあれこれ。 (新潮文庫)

著者 : とのまりこ
  • 新潮社 (2015年8月28日発売)
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 59人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101200163

作品紹介

Amusez-vous bien!(存分に楽しんで下さいね!) パリっ子が毎年興味津々、ある食べ物の全国コンクールって何? えっ、フランスのじゃんけんは手が4つも。こどもがなりたい職業不動のNo.1はこれ。――在仏12年のとのまりこが、暮らすほどに愛が増す「適当大王国」フランスのあれこれを、愛犬バブーと共にご紹介。気分はちびっ子パリジェンヌな「ほぼ日」大人気連載、オリジナル文庫化。

パリこれ!: 住んでみてわかった、パリのあれこれ。 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランス映画を観たときに、仕事中におしゃべりしているシーンがあった。こんなことしたら怒られるんじゃないかなと思いなから観ていたけれど、本書を読んで「あのシーンはフランスあるあるなのかも」と気づけたのがうれしかった。

  • しばらく旅にでてないので、とても待ち遠しくなった。また、パリに行きたい。行きたい。行きたいなぁ。やっぱりパリは魅力的。

  • ほぼ日刊イトイ新聞で毎週たのしみに読んでいたコラムがまとまった本。洗練されたおしゃれな国というイメージのフランスに住むこと13年、衣食住にペットに子ども、暮らしのあちこちで発見した日本/別の国との違いを、ヨークシャーテリアのバブーとの対談形式で紹介。「フランスがすごい!」でも「日本がいい!」でもなく、ほどほどの喜怒哀楽を交えつつただ違いをおもしろがっているスタンスがちょうどよい。
    かわいいイラストや写真も満載で気軽にちょこちょこ読んでたのしめる一冊。連載はまだまだ続いているし、いずれ続巻もあるといいな。

全4件中 1 - 4件を表示

とのまりこの作品

パリこれ!: 住んでみてわかった、パリのあれこれ。 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする