草野心平詩集 (新潮文庫 く 3-1)

著者 :
制作 : 豊島 与志雄 
  • 新潮社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まるで子供のようだと感じた。遊び心に溢れる文章構成、それでいて、きちんと整理されている感覚。でも、秀才的なむさくるしさも感じない、全てが自然な流れの中に居る感じだ。

  • 中学の頃に買った本。今も大事に読み返している。古い本なので黄ばんできているのはしかたがないが、値段の円の字が圓だったのには、今さらショックです。(昭和55年35刷本)

  • 我が抒情詩と猛烈な天

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

草野 心平(くさの しんぺい)
1903年5月12日 - 1988年11月12日
福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身の詩人。 1921年、中国・広東省広州の嶺南大学(現・中山大学)に留学し、詩作を開始。1925年帰国後、宮沢賢治らと同人誌「銅鑼」を創刊。1935年には、中原中也らと現代詩の同人誌『歴程』を創刊。1948年『定本 蛙』を中心とする一連の「蛙の詩」で読売文学賞(詩歌部門)、1969年『わが光太郎』で読売文学賞(評論・伝記部門)を受賞。1987年、文化勲章受章。1988年、没。
蛙をテーマにした詩作が多く、「蛙の詩人」という呼び名がある。

草野心平詩集 (新潮文庫 く 3-1)のその他の作品

草野心平の作品

ツイートする