シネマの極道: 映画プロデューサー一代 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101202365

作品紹介・あらすじ

東映入社以来、プロデューサーとして関わった映画は130本以上。深作欣二や五社英雄といった一癖も二癖もある名物監督を盛り立て、高倉健・菅原文太、藤純子・岩下志麻のような名優たちと組んで、「仁義なき戦い」や「極妻」シリーズに代表される昭和の傑作映画を何本も世に送り出した。さらにカンヌ映画祭をも制した稀代の映画人が明かす激動の半生記にして貴重な戦後映画秘史!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成27年11月1日、初版、良、帯無
    2018年2月3日、伊勢BF

  • とある日の岡田社長いわく
    「今度は、ふんどし芸者に金魚すくいをさせぃ!」

    どうですか、このステキな言葉。
    プレジデントのバックナンバー1000冊読み返したってこんなオトコ前な社長の言葉は出てきませんで。

    あの頃の東映はアツい映画会社だったんですね。

    映画というのはゲスいオッさんが作ったほうが面白いものが出来ることがよくわかります。
    「仁義なき戦い」好きには必読です。

  • 映画界の裏話、面白かったです。
    監督、主演俳優、原作者までは気にしますがプロデューサーについては、あまり知らなかったので、その仕事内容や、有名作品の製作舞台裏を知ることが出ました。

    まだ観ていない作品を、観たくなりました。

  • 数多くの東映映画作品にプロデューサーとして関わった日下部五朗氏の自伝。
    名監督や名優の知られざる素顔も面白いが、やっぱり『仁義なき戦い』誕生の経緯は、作品同様緊張感が高まる。脚本の笠原氏が「匂い」を付け、監督の深作氏が「熱」を作り、俳優たちが「華」を咲かせ、津島音楽が「色彩」を催した、この昭和の大名作の育ての親の貴重な証言。戦後映画史としても価値のある書である。

  • 文庫化されたので、再読。現場からの発言は貴重。

全6件中 1 - 6件を表示

シネマの極道: 映画プロデューサー一代 (新潮文庫)のその他の作品

日下部五朗の作品

ツイートする