ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記 (新潮文庫)

著者 : 久坂部羊
  • 新潮社 (2016年1月28日発売)
3.41
  • (1)
  • (11)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101203416

作品紹介

手塚治虫の母校、『白い巨塔』の舞台でも知られる大阪大学医学部。アホな医学生にとってそこは「青い巨塔」だった。個性的すぎる級友たち、さまざまな初体験、しょうもない悩み。やがて解剖実習を体験し、研修医として手術に立ち会うことに。若き日に命の尊厳と医療について悩み、考えたことが作家・久坂部羊の原点となった。笑いと深みが絶妙にブレンドされた青春エッセイ!

ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルで予想がつくかと思うが、阪大医学部出身のミステリ作家による、阪大時代の思い出のエッセイ集。

    阪大医学部出身のミステリ作家というと、霧村悠康は知っていたが、最近は久坂部氏の方が有名なようで、取っ掛かりがエッセイからということもあり、ちょっと申し訳ないので小説の方は今後読んでみたい。

    個人的に、土地勘や言葉のとっつきやすさ等もあり、「青春記」などと題したエッセイの場合、開高健にしろ小松左京にしろ万城目学にしろ、大阪の話をされるとそれだけで評価を上げてしまう。

    ワタクシも過去に阪大医学部に右足の親指くらいは関係していたことも有るのだが、一切知らない中之島時代の医学部の話だ。タイトルにも引用される手塚治虫の青春期や、中で何度か引き合いに出される北杜夫の「どくとるマンボウ」シリーズ、なだいなだのような、「サボリ学生」の描写は、医者でない身分からすると非常に楽しく読める。

    また、医者となったあとの患者を見るに当たっての葛藤は、マイクル・クライトンの自伝にも通じるものが有る…かな?もうちょっと個々の事例を書けばよいのではないかと思うが。

    後半の旅行記は、半分面白かったが、半分はやむなく書いたと言うような話。

    エッセイの中では、本職のミステリの片鱗は見えないのではないかと思うが、関係者以外にも、それなりに面白く書かれていると思う。

    そこまで☆3。最後に最近よく目にする、阪大医学部・微研の桂小枝こと仲野徹大先生が出てきたので☆をプラス1。過去に研究関係でお話したことがありましてね。

  • 手塚治虫の母校、『白い巨塔』の舞台としても知られる大阪大学医学部。アホな医学生にとって、そこは「青い巨塔」だった。個性的すぎる級友たち、さまざまな初体験、しょうもない悩み。やがて解剖実習を体験し、研修医として手術に立ち会うことに。若き日に命の尊厳と医療について悩み、考えたことが作家・久坂部羊の原点となった。笑いと深みが絶妙にブレンドされた青春エッセイ!

  • おもしろかった。
    文学や美術などの芸術分野に著者が多大な影響を受けていたことが印象的だった。

  • 著者自身の医学生時代の思い出を綴ったエッセイ集。
    「テキトーで、勉強なんかまったくしていなかった」という風だが、やはり医者の卵として色々と思い悩むことがあったり、試練に向き合ったり、ということはあった様子。

    全体的に、学生も先生も、今時よりはずっと柔軟だったようなかんじはする。

  • 先日、新書を読んで今回、エッセイを読んだ。
    さすが関西人というべきか、面白い!

    医学部生が目の当たりにする現実も垣間見えて、
    やっぱり最初の手術はそんな風に思うのね、とか。
    自分たちの診断を指導医にひっくり返されて、
    親族が希望から絶望に変わる様子とか。
    人をきちんと書いているように思えて、良かった。

    最後の対談で、森鷗外はアカン、と。
    でも、勉強は出来たようですと、と合いの手が入ると。
    「ドイツから女性が追っかけてくるようなんはアカン」
    ええー。そこですか!と思って、笑ってしまいました。

  • ただ勉強が出来るから医者になる今の学生たち。
    それに比べ、やっとこ阪大医学部に入学するも授業をさぼり旅行三昧。カンニング、カンニングで何とか進級し、奇跡の国家試験合格。
    こんな医者がいてもいいんじゃない?
    楽しく読めました!

  • 購入後にエッセイと気づきました。表紙とタイトルで購入。

    身近に医師がいる環境ではありますが、先生もちゃんと人間なんだもんねと改めて思いました。
    学生~研修医~就職以外のお話も盛りだくさんで、話の引き出しというか、ストックの量がすごい。
    研修医時代が患者立場に近いけども医師としての立場もわかる板挟みっていうところが、ほんとうに経験からにじみ出るお言葉なんだなあとおもいました。
    自分も自分の領域でできる範囲おしごと頑張ろうと思いました。

  • ブラック・ジャックになれなくて、それはそれで良かったのかも。真面目で真面目な医者ばかりではないことに、不安を感じたり安心したりでした。

  • 非医師から医療を見たときに感じる点を,医師としての視点も含めた多角的な面から表現することで,医療行為が割り切れるものではなく,また医師も一人の人間であることをまざまざと感じさせる.とても感受性が豊かで好奇心も旺盛な筆致でのめり込める.ただのエッセイでは終わらないテーゼを世の中の大半を占める非医師に投げかける.

  • 作者の「昭和の医大生」時代のエッセイ集。
    世の中全体が大らかだったんだなあというのが随所から伝わってきて、どこかほっこりする。

全15件中 1 - 10件を表示

久坂部羊の作品

ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記 (新潮文庫)はこんな本です

ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする