ゆうじょこう (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (4)
  • (20)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 143
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101203515

作品紹介・あらすじ

貧しさゆえ硫黄島から熊本の廓に売らた海女の娘イチ。郭の学校〈女紅場〉で読み書きを学び、娼妓としての鍛錬を詰みながら、女たちの悲哀を目の当たりにする。妊娠する者、逃亡する者、刃傷沙汰で命を落とす者や親のさらなる借金のため転売される者もいた。しかし、明治の改革の風を受け、ついに彼女たちはストライキを決意する――過酷な運命を逞しく生きぬく遊女を描いた、読売文学賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • けしからん!の一冊。
    廓ものは惹かれるけれど心に吹き荒ぶような悲哀がつらい。
    その中で幼くして売られてきた主人公のイチがまさに"小鹿"の名のように跳ね回る元気な明るさに救われた。
    イチの日記に綴られた真っさらな思いはどれも真っ直ぐストレートに心に伝わり響く。心の結びつきのない交わり、商売道具、どれだけの女性が心を殺し"諦め"を生きていたのだろう。
    その中で娼妓たちへの深い想いを懐に抱く鐵子さんの姿にもまた救われた。

    親の借金もけしからん!鐵子さんによって明かされた福沢諭吉の知られざる一面もかなりけしからん!

  • 熊本の遊郭に売られた15才の少女の物語。

    主人公のイチは硫黄島の漁村で生まれ育った。
    しかし、生活が苦しい家族によって熊本の遊郭に売られてしまう。
    彼女は、これまで自然豊かな島でどちらかというとプリミティブな生活を送ってきており、教育も受けたことが無い。
    元々は健康ですごくピュアな感性を持っている明るい子である。
    それがいきなり慣れ親しんだ故郷の島を離れ、熊本の遊郭で働くことになる。
    悲劇以外の何物でもない。

    イチを通して描写される遊郭という世界。
    舞台は現代からたかだか100年ちょっと前の時代である。
    貧しい家から娘達が売られてきて、毎日のように体を売り10年程の年季明けるまで遊郭という世間と切り離された世界で生きてゆく。
    人としての権利なんかは、とっくに蹂躙されていて、病気、犯罪、絶望による自殺で若くして命を失っていくものも多い。
    想像を絶しているとしか言いようがない。

    物語では、当時の遊郭での娼妓達の生活がリアリティー豊かに描かれている。
    (当時の彼女達の生活感が伝わってくるほどであり、著者の入念なリサーチには感服する)
    当時大きな遊郭では、読み書き計算を教える学校(女紅場)があり、娼妓達はそこで勉強していたらしい。
    イチは女紅場で勉強するのが大好きで、ほぼ毎日通っていた。
    中でも作文が好きで、訛がすごくて文章が拙いため中々読みにくい文を書くが、内容は彼女のピュアな感性が光るものである。
    この小説の各章の題名はイチの作文から採った文で、各章のハードな内容と彼女の子供っぽい文章のコントラストが強く、年端もいかない子供が過酷

    な環境で生き抜いていかなければならない状況が鮮明になり哀愁を誘う。

    個人的に一番やりきれなかったシーンがあった。
    父親が訪ねてくると聞いて喜んでいたイチは、なけなしのお金で姉の為の手鏡を買い、父親に会ったら渡そうと楽しみにしていたのだが、実は父親は更なる借金を申し込む為に来たのであり、イチが働いて返さなければならない借金はさらに大きくなったのであった。
    しかも父親は、イチに会うことなくさっさと島へ帰ってしまう。
    イチは、自分の将来に絶望感を持ってしまう。
    イチが拙い文章で作文に父も母もいらないと書いていたのが、あまりにも哀れだった。
    15才の娘を遊郭に売り、親の借金を返すために信じられない様な苦労をしている彼女を労いもせず、平気で更に借金をしていく親。
    ちょっと酷過ぎやしないだろうか・・・
    彼女の辛さを思うと涙が止まらなかった。

    またこの作品には、元武家の娘で、吉原の遊郭に売られが年季が明けた為、女紅場で教師をしている鐵子さんいう40代半ばの女性が登場する。
    彼女は、教育がある女性なので最初は、福沢諭吉の思想に感銘を受け新しい時代の息吹を感じていたが、徐々に福沢諭吉の持つ思想が社会的弱者に対

    する配慮を欠いていることに気付き絶望する事になる。
    私も今まで福沢諭吉は「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」なんて事を言ってるので非常に啓蒙的な人物と考えていた。
    しかし、鐵子さんが指摘したように、彼の思想は社会的弱者を明らかに考慮していない。
    彼に対する評価が私の中で少し変わった。

    最後にイチと娼妓達(廃業することを望んだ)は遊郭から抜け出す事ができ、外の世界で新しい人生をつかむチャンスを得る。
    イチの今後の人生が幸せなものになる事をを切に願う。

    歴史の中に消えてしまったが、確かに存在した世界を活写してくれた著者に感謝したい。

  • 硫黄島を離れ、熊本の廓へと売られた主人公イチ。
    悲惨な話なのに何故か温かさを感じる作品。
    遊女らしくない天真爛漫なイチにとても惹かれました。
    途中、福沢諭吉の学問のすゝめが一部抜粋されており、かなり奇抜な事を書いているんだと無知な私はちょっと鳥肌モノでした。

  • 三冊続けて少女を主人公にした女性作家の作品を読む。
    原田マハ「永遠をさがしに」、高田郁「あきない世傳 金と銀 源流編」、そして村田喜代子さんの本作。
    前の二冊は一気読みでしたが、この作品はじっくりと。少女漫画的な設定やストーリーの前二作とは密度が全く違います。
    明治初年、薩摩の先の硫黄島から熊本の廓に売られた15歳のイチ。辛い運命の中でも靭さ逞しさを感じさせます。取り巻く脇役たちもズッシリとした存在感を感じます。そしてなんといっても、イチが毎日通う女紅所(廓の中の学校)で書き残して行く、仮名ばかり、訛りだらけの日記が秀逸です。
    村田さん、初読みです。浅学にして全く知らなかったのですが、芥川賞、平林たい子賞、川端康成賞、野間文芸賞と数多くの受賞歴を持たれる実力派なのですね。そしてこの作品は読売文学賞。
    とても充実した読書でした。

  • 硫黄島育ちのイチのカラッとした芯の強さと、遊女という切ない仕事のギャップが素敵。
    遊廓の話といえば江戸時代ですが、明治という設定も斬新。
    福沢諭吉は、嫌いになりました。

  • よくある花魁モノとは全然違う。
    作者はこの時代この場所におったんか?ってくらい細かい描写が廓の地獄をよりリアルにする。
    でも主人公の性格のせいか、地獄の描写が暗くない。カラッとした不幸、滔々たる不遇。
    絶対だった物の崩壊と、女達の闘い。学問の必要性。

  • 明治の熊本の遊郭を舞台にした作品。
    「吉原炎上」やら、荷風その他の男性作家の作品と大きく違う。
    硫黄島から、両親に売り飛ばされた娘、イチ。
    その境遇は苛酷だけれど、「かわいそうな女性」と、ヘンに美化されない。
    その体の上に起こる様々な状況、生々しい身体感覚も、意外とドライに描かれる。
    だからこそ、心を動かされる。
    イチの一本気な性格によるところもあるのかもしれない。

    イチの人柄は、彼女が女紅場で師匠の鐵子さんに出す日記によく表れている。
    皮肉なことに、彼女は遊郭に売られて、始めて文字を覚えた。
    それ以来、書くことに憑かれたようになる。
    鐵子さんも没落士族の娘で、かつて遊郭に売られた身。
    イチたちを案じつつも、見守るしかないこの人も、教養のある人ながら、娼妓であったことで社会的に蔑まれてきた。
    野生児のようなイチと、鐵子さんがつながる。
    このことによって、物語が終盤、大きく動いていく。
    読んでいて、わくわくするところだ。

    イチの売られた娼館、東雲楼は、熊本きっての名店。
    楼主も、それほど阿漕な人ではなく、比較的娼妓を大事に扱う。
    娼妓同士の諍いも少ない。
    えげつないプロレタリア文学は、これでもか、といわんばかりに、その悲惨さを強調するところだが、この作品ではそうではない。
    だからこそ、最後に娼妓たちがストライキをして出ていくところが胸を打つ。
    暴力に余儀なくされて逃げるのでなく、自らの考えで出ていくことを選び取っているように感じられる。
    夜通しの「遊女の大行進」を、応援したくなってくる。

  • ★2014年度読売文学賞

    配置場所:2F文庫書架
    請求記号:913.6||Mu 59
    資料ID:C0037287

  • 女性だから書ける、女の世界。シビアで甘ったるさがない。でも主人公の生命力と言葉で最後まで引っ張られる。20代で読んでいたら自分の女性性の捉え方が変わったのかもなあ。感覚や描写は男性が読むと生々しいかも。

  • 遊女”校”なのか、”考”なのか、”抗”なのか…父親がさらに借金を重ねにやってきた、という下りの部分が重いが、振袖新造になっても田舎言葉で日記を記す主人公の強さのおかげで悲惨さはない。最後は女性のエンパワーメントになっていて解放感すらあり。
    それほど遠い昔の話ではないが、今となっては遊郭の暮らしは異世界モノのよう。一見、豪勢な暮らしをしているように見える花魁も、遊郭の場所を借りた自営業で何かと借金が減らない仕組みになっている。一人の人間を花魁というキャラとして崇めたり、搾取したりする罪深さよ。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田喜代子(むらた きよこ)
1945年福岡県生まれ。1987年「鍋の中」で芥川賞、1990年『白い山』で女流文学賞、1997年『蟹女』で紫式部文学賞、1998年「望潮」で川端康成文学賞、1999年『龍秘御天歌』で芸術選奨文部大臣賞、2010年『故郷のわが家』で野間文芸賞、2014年『ゆうじょこう』で読売文学賞、2019年『飛族』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。2007年紫綬褒章、2016年旭日小綬章受章。

村田喜代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
辻村 深月
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆうじょこう (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×