七つの死者の囁き (新潮文庫)

  • 新潮社
3.22
  • (19)
  • (58)
  • (147)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 620
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101204352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  タイトルほど怖くはない内容。ホラーかと思って読むとファンタジーだった。どの作品もそれぞれに味が違っていて、どきりとする瞬間を持っている。小路幸也さんの作品が最後の最後で、そういうことならどういうこと?!になっていて、読後の想像力をかきたてる。

  • 怖い物語を期待していたのだけれど、ピンとくるものは少なかったけれど、どことなく不気味な雰囲気がつきまとう『流れ星のつくり方』(道尾英介)と神経質な女性と行き違いを描いた『熱帯夜』(鈴木光司)は印象に残った。

  • 「幻の娘」 有栖川有栖著
    同氏の「幽霊刑事」に登場した早川刑事が主人公。例の能力を如何なく発揮していますね!思わぬところで再会出来て嬉しかったです。

    「流れ星のつくりかた」 道尾秀介著
    「背の眼」シリーズ(勝手に名付けてみた。)の番外編?凛ちゃんが主人公です。悲しいけれど、胸に残る物語です。私も流れ星をつくってみよう。

    「話し石」 石田衣良著
    実は初読みの石田作品。とても短い物語なのに、すっかり魅了されました。電車で読んでいたのに、涙腺が緩んで仕方ありませんでした。

    「熱帯夜」 鈴木光司著
    うーん…やっぱり鈴木作品はあまり好みじゃないです。あのねっとりとした恐怖感がどうにも苦手で…。

    「嘘をついた」 吉来駿作著
    私は臨死体験などを信じる方なので、なかなか楽しめました。それにしても、あのオッサンが妙に良い味を出していますね。

    「最後から二番目の恋」 小路幸也著
    小路氏らしい、心が温まる作品です。色々な恋の形があるけれど、こんな恋もあるんだな…。もしバクが現れたら、私はどうするだろう。

    「夕闇地蔵」 恒川光太郎著
    ここでも恒川ワールドは健在です。あの不可思議で心地良い世界観。地蔵助が見ている世界を私も見てみたいなぁ。

  • 「死者」をテーマにしたアンソロジー。有栖川さんのはあの作品の後日談に当たるし、道尾さんのはシリーズキャラだし。この一冊から個々のシリーズにもつながって読んでいくと楽しそうだなあ。
    お気に入りは吉来駿作「嘘をついた」。ホラーとしてもミステリとしても楽しめました。ホラーな雰囲気はたっぷりだけれど、実は伏線もあったんだよなあ。全然気づきませんでしたよ。

  • 好きな作家の好きなホラー作品が多かった
    小路幸也、吉来駿作の作品が、死者の冷たさの中に
    ほんの少しの温もりを感じられて特に良かった。

  • こちらに書きました。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2009-02-10

  • 全体的に面白かった。
    有栖川を初めて読んだ。
    今回の石田はまぁマシだった。

  • 12月5日 読了

  • 有栖川有栖「幻の娘」、道尾秀介「流れ星の作り方」、石田衣良「話し石」、鈴木光司「熱帯夜」、吉来駿作「嘘をついた」、小路幸也「最後から二番目の恋」、恒川光太郎「夕闇地蔵」。

  • 道尾秀介さんサイコー!

全94件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする