七つの死者の囁き (新潮文庫)

  • 新潮社
3.22
  • (19)
  • (58)
  • (147)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 620
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101204352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやあおもしろかった。つーか通尾の短編「流れ星のつくり方」!!
    ベタな流れなのだが文章のうまさというのはいかんともしがたく、
    ラストのセリフでしばしボーゼンとしてしまった。
    陳腐な言い方をすれば「感動した」。
    鈍感というのは、ときに罪なのだ。
    ほかも全部おもしろかったけど、なぜレズ率が多いのか。

  • こう並べて読むと、著者によって文章からにじみ出る世界観は
    どれも違うものだなァと思う。
    料理に例えるなら
    有栖川有栖は確実にハズレがないってわかって食べる料理。
    ハズレがないけど、時に新鮮味もない。でも不満は抱かない。
    道尾秀介は大福。中に何が入ってるかドキドキしながら食べる感じ。
    それが意外に食べてみるとフツーだったりするけど。
    石田衣良はキラキラ軽い。
    星新一を目指したのだろうけど、どうも薄っぺらくて好かない。
    その中で恒川光太郎は本当に自分の世界観を持ってるなと思う。
    著者名なくても、あの人が書いたってわかる。
    内容はそんなよくもなくもないんだけど、
    土俗的な感じ、重たいねっとりした感じが文章に良く表れていた。
    それでいてなんか読後がクリアなのは、著者の人間性によるものではないか。
    知らないけど。

  • 有栖川 有栖,道尾 秀介を読んでみたくて、購入。期待どおり、道尾 秀介のは面白かった。ただ思いのほか、死者とかというよりも、恋愛のもつれのような印象であった。


  • <blockquote><p><strong>死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢―。少女の幽霊は窓辺に立ち、死んだ恋人からのメールが届く。自殺した女の呪詛が響き、亡くなった男は秘密を打ち明け、死霊の化身が地底から出現する。怖恐と憂愁を纏った七つの死者たちの物語。文庫オリジナル。</strong></p></blockquote>
    <blockquote><p>  「幻の娘」  有栖川有栖
      「流れ星のつくり方」  道尾秀介
      「話し石」  石田衣良
      「熱帯夜」  鈴木光司
      「嘘をついた」  吉来駿作
      「最後から二番目の恋」  小路幸也
      「夕闇地蔵」  恒川光太郎</p></blockquote>
    ミステリあり、怪異あり、幻想あり、とテイストはさまざまだが、どれもが死者の囁きである。
    聞いて見なければ到底わからなかっただろう真実が垣間見えたりもする。ミステリで毎度死者の囁きが聞こえたら興醒めだろうが、ときにはこんな趣向も面白い。

  • 有栖川有栖氏目当てで購入。
    どの作品も非常に面白かった。こういう不思議なお話は大好き。
    「流れ星のつくり方」が私は一番好きかもしれない。

  • 幽霊が絡むミステリー。7つの話でそれぞれ作家は別。
    怖い話ではないので、ビビリな俺でも読める。むしろ泣ける。

  • 2009.4

  • 7人の作家による「死者」との交感を描くアンソロジーちょっとヒヤリとしたり、少し心温まったりと楽しく読んだ7つの短編だった。小路作品、有栖川作品がやっぱり面白かった。

  • 「――お父さんとお母さんが殺された家で,何やってたと思う?自分の部屋で机に向かって,何やってたと思う?」
     ついさっきまで,ひたすら淡々としていたその声に,今は熱が込められているのがわかった。そしてその熱を,なんとか本人が抑えようとしていることも。少年の声を聞きながら,凛はひたすら視界の中で星を動かした。いま振り向いてしまうのが,少年に対してとても申し訳ないことのような気がした。
    「ラジオを聴いていたんだ」
     少年の声は震えていた。
    「ずっと,ラジオを聴いてた。リビングでお父さんが死んでいるなんて知らないで。キッチンでお母さんが死んでいるなんて知らないで。どこに行っちゃったんだろう――二人とも,どこに行っちゃったんだろうって,考えながら」
     必死の声音だった。必死にならなければ,抑えつけているすべての感情が爆発し,どこまでも流れていってしまうと知っている声音だった。凛の眼に,知らず涙が滲んだ。
    (「流れ星の作り方」道尾秀介 本文p.92)

  • 2009/2/28
    短編集。そりゃそうか。
    幽霊話は好きなはずだけど私の好きなタイプのじゃなかった。
    やっぱり一番好きなのは有栖川有栖。

全94件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする