花伽藍 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.48
  • (25)
  • (47)
  • (97)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 295
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101205335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中山さんらしいお話だな、と。 全編とおして。

    女性って強いですね。
    どの話の登場人物も生き方がまっすぐで魅力的でした。
    中山さんの書く人物はそういう人が多いように感じます。

    最後のお話が印象的です。
    同性愛を扱ったお話は結構ありますが、その老後を書いたお話は珍しいな、と。
    リアリティを感じますね。

    性別問わず、あんなふうに好きな人と安らかに最期を迎えられるのが幸せなんでしょうね。

  • 「花伽藍」を始めとする5編からなる短編集。
    作者の短編を読むのはこれが初めてだった。(そして作者にとっても初めての短編集らしい。)
    正直言って、失礼ながら、こんな多彩な短編を書ける人だとは思っていなかった。
    今までの長編では、レズビアンの恋愛というモチーフを、言ってみれば正面からまともに書いていたが、この短編集ではそれを横から後ろから下から、時にはちょっと遠くから描いている、そんな感じだ。
    もし、中山可穂を読んでみたい、という人がいたら、これを一冊目にすすめてみたい。

  • 私の憧れる強さ、生き方が、此処にはある気がした。淡々として優しく、それでいて張り詰めた哀しさと、空気。

  • 女たちの恋の話。燃え上がるようなロマンスも、その先に続く日常も、そして別れも余すことなく描いている。どの作品も言葉運びが美しく、だからこそラストの余韻がどこまでも続いた。

  • 女性同士の恋愛を描いた5つの短編。可穂さんらしく、女性同士の恋愛のヒリヒリするような、物狂おしく、時にヒンヤリとした感情を巧みに描いていてぐっと引き付けられる。
    ただ、短編だからか、出会って一目でひかれあって、深い関係になり、別れて・・・という流れが単調で、ヒリヒリする前に話が終わった感があって残念。
    ただ、「花伽藍」のラストの桜の描写はさすがだし、最後に集録の「燦雨」は老女のビアンカップルを描いて目新しく、なかなか感じるところがあった。母がビアンで、自分が子供だったら、この状況は辛いだろうな~と思ったが、本人たちは幸せだったのだろうね。

  • 異性間の恋愛ならば時を経て結婚し子供を産み育てる
    という多くの人が自然と行っている一連の流れが、
    同性間の恋愛には存在しない。
    法的に夫婦として認められないという事は、同性間の
    カップルよりも関係を保つのは安易な事ではないだろう

    この小説の中の女性達は皆同性愛者であり、其々に
    別れが訪れる。けれど皆自分の足でしっかりと立ち
    其々の道を歩んでいる。
    絵に描いたような幸せを迎えないが決して不幸だと言えない。
    「燦愛」は年を老いたパートナーを献身的に介護し
    慈しむストーリーは新鮮だった。
    若く、美しい女性が恋をする中で現実を見た様な
    お伽話の様で最高な幸せの境地に辿り着いた2人。

  • 「燦雨」を読んで欲しい。短編集で、全て多かれ少なかれ女性同士の恋愛を描いた物で、勿論感情描写もそれに沿っているのですが、「燦雨」はそれを含みつつそれを超えて、老老介護の有り様、一つの到達点を書いていると思う。どうしようもなく心が震えた。他の短編も凄く凝縮されていて良いです。

  • 【本の内容】
    ひと夏の狂おしく濃密な恋を描く「鶴」。

    失恋したばかりの女性が経験する一夜の出来事「七夕」。

    別れた亭主が転がり込んだことからはじまる再生の物語「花伽藍」。

    別れの余韻が静かに漂う「偽アマント」。

    未来への祈りにも似た「燦雨」。

    結婚というルールを超えて結ばれた無垢で生々しい愛の歓びと痛み、そして愛にあぶりだされた孤独を、鮮烈に彩り豊かに描いた珠玉の短編集。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    恋愛は辛い、切ない。人間は死ぬまで孤独だということを、徹底的に知らしめます。

    一人でいるときより、二人でいる方が一人を感じるって不思議だなと常々思うわけです。

    その疑問に、この物語は答えてくれます。

    本書は女性同士の恋愛を様々な形で描く短編集。

    登場する女性たちはみんな孤独で、相手がいようがいまいが、最期まで一人で生きていくことを、当たり前のように受け入れています。

    結婚しようが子供を作ろうが、人はいつでもひとりぽっち。

    女性しか愛せない彼女たちは、結婚や出産というフィルターが無いぶん、その当然の事実を直視することができるのではないかと思うのです。

    結婚しない、子供を作らないではなく、結婚できない、好きな人の子供が産めないという選択の余地のない立場にいて、それでも自分の心のままに生きるとはどういうことなのか。

    負け犬女子必読の書です。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • うーん、当方の感性の衰えってやつ???
    全体的にのっぺりしていて真に迫ってくるものが全く感じられなかった。
    例えば同性愛についてだが、現在の社会の認識具合からどうしたって戦闘的な態度になるのは致し方ないけれども、妙に「社会の構図」に拘っている気がする。
    同性愛という人間関係を常識として認めさせるだけで良いならここどまりで良いが、作家と名乗るからにはその先にある超越した人間性の探求にまで踏み込んでほしいと思うのは、当方のセンスの無さが成せる技?それとも無いものねだり?

  • 確かにこの世は異性愛を中心に成り立っている。
    鶴が好き。

全52件中 1 - 10件を表示

花伽藍 (新潮文庫)のその他の作品

花伽藍 単行本 花伽藍 中山可穂
花伽藍 (角川文庫) Kindle版 花伽藍 (角川文庫) 中山可穂
花伽藍 (角川文庫) 文庫 花伽藍 (角川文庫) 中山可穂

中山可穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
中山 可穂
中山 可穂
中山 可穂
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする