三省堂国語辞典のひみつ: 辞書を編む現場から (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.07
  • (13)
  • (24)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101206769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 辞書の副読本、面白かった。

  •  ~のひみつというタイトルはどうかなと思いましたが、いやあ、辞書やばいです。面白いですね。

     最近は電子辞書もあるし、ほとんど調べ物はインターネットで済ませていましたが、これからは辞書を使いたいです。しかも三国こと三省堂国語辞典を(笑)。

     言葉の意味とか、正しい使い方とか、インターネットでもいろいろ書かれていて、ついそれを信用してしまうわけですが、何が正しいととらえるかは、実に奥が深いということが分かりました。そして、三国では、言葉の使われ方の変化をとらえ、できるだけ最新の知見を紹介しようとする姿勢に惚れました。

     この本を読むと、きっとあなたも、三国の愛読者になること間違いなしです(^^)。

  • 辞書好き。でも三国持ってない。

著者プロフィール

飯間浩明(いいま ひろあき)
1967年、香川県出身の日本語学者、辞書編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得。代表作に『辞書を編む』があり、その他著作も国語辞典や日本語にまつわるものが多い。

飯間浩明の作品

ツイートする