敗者の生きざま―時代小説選手権 (新潮文庫)

制作 : 新潮社 
  • 新潮社
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (603ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101208183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 敗者の定義は様々だよなと思う。長い人生負けないことなど無いのではないか「負けたときにこそ人生の深みが分かる」のではないか?と思わせる一冊。

    複数の著者の「敗者」をテーマにしたアンソロジー。
    火坂雅志
    童門冬二
    北方耕三
    宮部みゆき
    等の著者が集う短編集。

    玉石あり、面白くないなと思うものは飛ばして読む。我師、小沢章友先生の名前があり、この本に出会うが、先生の短編はよくわからず、飛ばし読み。

    「幻の軍師」は秀吉の下にこのような人物がいたのかと興味深く読む。

  •  全25編の短編集。いろんな著者が、いろんな時代の小説を書いているのは姉妹編の「「勝者の死にざま」といっしょ(勝者の・・・の方が後発)。中身から言えば、こっちの方がいいと思う。何がいいかというと、バラエティに富んでいること。

     とにかくいろんな書き手が思い思いのテーマで自由に書いている気がするのがとにかく楽しい。「死」をテーマにしているからだけではなく、とにかく作品の「濃さ」が勝者・・・とは違う感じがする。順序から言うと、先に敗者を読んでから勝者を読むことになるだろうが、順序は逆の方がインパクトがあって良いと思う。別に死人ばかりを扱っているわけではなく、勝者に分類しても良いような作品もあるが、作風が「現代風の時代劇」であるものも多く、読んでいて楽しめる、また繰り返し読もうという気にさせる小説群である。

     個人的には「桃の花」「死なせてあげる」「お墓の下まで」「櫓音」「獲物」「破門」「城主の変貌」などがそれぞれいろんな意味で面白かったと思う。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする